人気ブログランキング |

<   2020年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『アジシオ』は使うけど、『味の素』は要らないな……と思った話

 これは、私が、自分の舌に合う『味の素』量を求めて試行錯誤した話です。

『味の素』は毒じゃない。

 一番最初に、お断りしておくけれど。『味の素』は、毒ではない。

 成分*は、グルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸。
 グルタミン酸はアミノ酸。昆布の旨味成分と同じ、トマトなどにも含まれる。サトウキビから発酵法で作られる。
 イノシン酸はカツオ節・煮干などに含まれ、グアニル酸は椎茸に含まれる、核酸。ともに、タピオカ・とうもろこしのでんぷんから発酵法で作られる。
 3成分とも、今は、原料は石油ではない。
「『味の素』は身体に毒だから食べない」と主張する方もいらっしゃるようだが、もし本当に本気なら、昆布もトマトもかつお節も煮干しも椎茸も、お食べになるのをやめるべきだ。同じものが入っているのだから。

 私は、『味の素』の味が好きな人に、「『味の素』使うな!」というのは、辛い物が好きな人にタバスコを禁止するくらいに、余計なお世話だと思っている。
 一方で、味が嫌いで使わない人に「食わず嫌い」と決めつけるのも偏見だと思う。

 ここに記すのは、「私が、自分の舌に合う『味の素』量を求めて試行錯誤した話」。
 お読みいただいて、「じぶんもやってみようか」と思ってくださる方が一人でもいらっしゃれば、望外の喜びである。


きっかけはリュウジ氏
タグ: