人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

批判の話で、批評の話を思い出した

 O氏関連、ひろ氏のお庭をお借りして、ずっと積み残しになっていた「批判を批判すること」への批判──「批判には、人の間違いを指摘し修正する明確なメリットがある。自分自身を“無誤謬*”と信じるのでもない限り、一切の批判を禁止するのは危険でさえある」「どんなに遠まわしに、優しく丁寧に言っても(言う側が「アドバイス」と主張しても)、受ける側からみれば批判である。その意味ではO氏も他ブログへ出向いての“批判”を行っていらっしゃる。自分で批判を行いながら、他人が自分を批判することを禁止するのは、整合性を欠く」──のやりとりをさせていただいてまして。

*無誤謬:聖書無誤謬説とか法王無誤謬説とか。つまり神がかり。

 その中で、
WEBに公開する以上、「世間の常識」「ネットの常識」からみて、変なこと書いたり、したりしたら、批判は受ける“可能性がある”でしょう。それが違法でなくても。たとえば「無断リンク禁止」でも、ごく普通の(笑)チェーンテキストでも、あるいは素材サイトからの直リンクとかでも。(批判がイヤならちらしの裏にでも…、と、これぢゃ某大型掲示板の言い回しですが)
と書きました。書いたわけではありますが。

 色んなブログを見てまわって、時には思うことがあるのですよ。
「ここをそのネタでそこまで叩かなくてもいいんでないかい?」
って。

 それを思わせるものは何だろう?、とか、ちょっと考えてみた。

 一つは、「それって常識*じゃなくて、価値観の押し付け**じゃん?」ってのがある。上で「常識」って書いたけど、「まだ常識になっていない」(あるいは永遠にならない)価値観を信奉するあまり、違う価値観を持ってる人間にそれをごりごり押し付ける人っていうのがいる。押し付けている側はすでに信じ込んぢゃっているわけで、その人にとっては「常識」だったり「善悪」だったりするわけだ。
 そうすると読んでる側は批判されている側ではなくて、批判している側に「?」を持つ。そうすると大抵、誰かが「こんなコメント気にするな」とか書くわけ。

*常識:「法律に違反しちゃいかん」「それリアルに危険が及ぶよ」を含む。
**「ネット上の言論において価値観の「押し付け」というのは無理」だとワタシも思ってるってことです^^

 もう一つは、(某所に書いたけど)ブログ主のオーラねww。うちみたいに「(価値観レベルでも)批判反論OK、議論WELCOME、かかってらっさい(妖笑)」っていう心臓に剛毛が生えているブログ主もあれば、数ページ読んだだけで、「ああ、この方は優しいけども、打たれ弱そうだなぁ」って思う方のブログってのもある。

 ときどき思い出すのは、WEB小説での「辛口批評」論争。
 WEB小説の書き手にも、もっと上手くなりたいから辛口の批評が欲しい!という人と、趣味でやってるんだし、私、打たれ弱いんで辛口批評はカンベンしてよ、って人がいるわけっす。
 辛口の批評が欲しい人は、うっかりと辛口感想を書きがちで。それに、打たれ弱い作者がショックを受けて、作品を書けなくなってしまったり、サイトを閉めてしまったり。批評をした側は、「この作者さんは、ちょっとこうすれば、もっといい作品になるのに!」と信じるからこそ、手間暇かけて、批評を書き送っていたわけで……。
 そういう悲劇がそれなりに実在した末に。「辛口の感想が欲しいか欲しくないか、(感想が書かれる前に)宣言してしまえ」という呼びかけが始まったンす。(ex.感想耐性主張バナー/彪峰氏)

 こういうのって、ブログでもありえないのかなー?とは、ちょっと思います。
 「批判を受けない」のは、けっこう難しいと思うの。批判したがる人は、「批判しないで!」って書いてもやっぱり書き込んでくるし。批判してる自覚のない人も、たまにいるから。
 でも、「批判コメントにはレスをしない」、これだけで、ずいぶん楽にならないですかね? たとえば「炎上」って、たいてい、批判がきて、反論するから、ますます燃えちゃうんだよね?? あちこちのブログを見ていると、「全てのコメントにレスをしない」と宣言しているところもあるんだけれども、「コメントもらったらレスをするのが礼儀」と信じていらっしゃるブログ主さんも結構あるわけで。批判コメントが「来てから」、批判コメントだけレスをしない、って宣言すると何かとカドが立つから、「あー、自分にとって批判コメントにレスするのって大変だなぁ」と悟った時点で、たとえば……、
 管理人が自ブログにアクセスする際にいただいたコメントにすべて目を通しておりますが、批判コメントには原則としてレスをしない方針です。同じ方からの批判コメントが同内容/類似内容で繰り返される場合は、削除することがあります。

 また、当方から、「他サイト」「他ブログ」「自ブログでコメントくださった方」を批判することはないつもりです。
とかって宣言してしまって。ブログのTOPの見やすいところからリンク貼っておく。どうでっしゃろ?? 

 あ、ちなみに、うちのブログは、ワタシへの批判は別にいいんだけども。お客さま同士は乱闘禁止です^^、
 
[memo]倫理研で「批判を批判」ってあったっけ。もう一度さがしてみる^^>自分

   ■

 ちょっと話題が「批判」からそれますが。感想耐性バナーのネタを出したのでついで。

 「甘いのも辛いのもヒッくるめて、リアクションは全く不要」というWEB小説書きを、私は知りません。リアクションが欲しいからこそ、サイトやブログを作る手間をかけて(盗作のリスクを冒してでもw)、自分が書いた原稿をWEBに載せるンす。「褒め称えよ、この俺を」の人も、「仲良くしようよ」の人もいる。「ドコが悪いんだよ、言ってくれよ!」っていう強烈な向上心の持ち主もいる。どれもこれも、自分の作品がWEBのどこにあり、どこにリアクションがあるかが限定されているから、自分の作品へのリアクションを知ることができる。それが転載でも盗作でも広いWEBのどっかへ彷徨っていっちゃって、自分のもとにリアクションが戻らないとしたら、リアクションを求めてWEBに載せている者たちはWEBに作品を出すモチベーションを失ってしまうのです。

 私は素人レベルのクリエーターが強烈な著作者意識を持つなんて、くだらないことだと思っているのです。著作権保護の対象はプロだけでいいし、権利意識を持つのも彼らだけで十分だ、(中略)他人の著作物の自由な利用が可能になれば、新たな作品を作る方法は大幅に広がります。より自由で、潤沢な材料が揃った環境が用意されれれば、今では考えられないような素晴らしい成果物がどんどん生み出されるに違いない。

徳保隆夫氏・備忘録

 素人だからこそ、著作権でしか守ってもらえないんじゃないか?、と思います。金になるプロなら、民法的な損害賠償のアプローチでもなんとかなりそうな気がする……。
 WEBに作品を出すモチベーションがなくなれば、アレンジすべき「材料」なんざ枯渇していくのでは? 素朴な疑問です。

《eXcite》、ヘルプ改訂!!

掲示板回答でFAQを引用しようと、ひさびさに開いてみて、びっくり。

全面改訂されてる!!

URLも、http://blog.excite.co.jp/bloghelp/に変更。旧URLhttp://www.excite.co.jp/exblog/faq/にアクセスしようとすると、自動転送がかかっている模様です。

…いつからっ!(・m・)
……つぅか。
………こんな朗報、委員会で通知してくだされればいいのにっ。
(自分の研究不足を人のせいにするな>as-o2)

まだ全部は読みきれてないですが、以前に比べて、管理画面との関連がつけやすくなった感じがあります。(「ブログを管理する」)
ちょっとsugarさん作の《FC2》サポートブログを連そ(ry、、、、いやいやいやw

エキサイトブログなので、ログインしていれば、検索窓も使用できます。

懸案の<embed>も禁止タグとして明記されました。(メモ帳/投稿

関連スタッフの皆様、ありがとうございました!

おまけ:「ブログの玉手箱(vlsasaki2氏)」さん、「パソコンでお絵描き2」(haruuo2氏)さんに同文のログインコメントを入れた。
《eXcite》ヘルプが改訂され、embedが明確に禁止タグとなりました。ご対応を期待いたします。http://bloghelp.exblog.jp/4656460

haruuo2氏にはごくまっとうなレスをいただいている。
vlsasaki2氏のほうは、あれ?入らなかったのかなぁ? もう一度、この記事をトラバしてみますw。
(3/4,1:00追記)vlsasaki2氏のところは、削除となっておりますw 今回はコメもトラバも入ったの確認してあったので、確実。

写真といふものII

ここ数日、なんかぼんやりと、写真と言うものについて考えていたのは、こことも《Y!》とも関係なく、むしろ《FC2》のdaniel氏の、2/19~2/28で11本というハイペースでアップされた、画像処理スクリプトシリーズのせいかもしらず、よくわからない^^

そんな下地があったところに、首領殿の記事や、ひろ氏ブログコメント欄での話があって、もう一度だけ、「私の写真への感覚が、平均をはずれていたということですかね?」と問いかけてみたくなったのである。


前記事コメ欄を拝読して、やはり少しばかり、……まさに「感情の多数決(c)jemini氏」において、ハズレているかなぁ、と自覚した、というのが、現在の実感である。

ひとつには、私の「言葉フェチ」という旧来の病がある。「言葉記事」の価値が、たぶん他の人よりも高いために、相対的に写真の地位は低い。これはもう、びょーきだから仕方ない。

もう一つは。逆説的に響くかもしれないが、「父が写真好きだった」ことと関係がありそうな気がする。

私が幼い頃、家の北側の一番暗い部屋が、父が写真を現像する暗室であった。
父はたくさん写真をとり、本人が気に入った写真だけをアルバムに貼った。余った写真が、無造作に重ねられて、家のなかにあちこち放置されていた。
父の写真は、子供や家族を真正面から記念写真的に撮ったものが多く。構図的にはどれも似たよう見えて。私はそれをほとんど「好ましい」と思ったことがない。
ブログに親しむようになって、ある公開BlogPeopleを(ひっそりとw)拝見するようになった。
そこにいくつか、写真ブログが含まれていた。
それで驚いたのだ、世の中には写真の上手い人(しかもアマチュア)がなんてたくさんいるんだろう、と。
いまさら……、自分の父が実は写真が下手だったのじゃないか、と、気づいた(爆笑)

つまり、あれだ。
私は、下手の横好き的な写真好きの父の子供として、美しくもない写真が溢れかえり余りきっている家庭のなかで育ったために。写真を貴重とか大切とか感じる神経が、発達しそびれちゃったんじゃないか、と思い至ったわけである。

言葉というもの、ブログというもの、写真というもの。

どうもまだ、考えねばならんことが、いろいろとあるね。
タグ:

写真といふもの

《Yahoo!》ブログの転載機能仕様変更により、残務処理モードに入っている阿檀です。

某所、写真転載関連で、ひとつだけ、残った疑問があるのです。

私は、
1.本人が自ブログに「当ブログの記事は転載可」と書き、
2.本人が「転載可」に設定した記事
であれば、転載は可能なのだろうと思った。

あえて付け加えるなら、これで未加工写真であれば、
「本人がいいと言ったとしても、(カワイソウだから)、WEBの怖さをご存知の方としては、転載しないでおいてはどうでしょう」
と言うたかもしれませんが、目にモザイクがかかっていたし、OKだと思ったわけです。
つまり、「個人情報」としての問題をクリアすればOKである、と。

写真であることそのものにはあまりこだわらなかった。
ところが、他の方からは、「写真だからダメ」という反応がけっこうあった……、ように思う。

牛男氏、トンコ氏あたりの反応は、
「不快だということ」
はよく判ったのですが、
「なぜ、そんなにも不快なのか」
ということが「実感として」いまひとつ判らなかったんす。

jemini氏は、わからんちんな阿檀に、いっしょけんめ説明をしようとしてださいました。
写真というモノは「自分の姿の投影」であって、見る人にも強いインパクトを与えます。いくら自らが過去に掲載した写真であっても、人様に勝手に使われるのは抵抗があると考えるのが当然ですし、法的、規約的に問題が無くとも配慮すべきものだと思います。


それって、、