人気ブログランキング |

小学生の思い出

 小学生のころ。近所に、「太陽テント」という会社のビルがあった。小学生の記憶なので、大きさの感覚はズレがあるかもしれないが、4階か5階だてくらいのビルで、前面にはまったく窓がなく、全面に人工の岩が貼ってあり、ところどころに、ぽつりぽつりと穴が開いていた。




 その近所に公園があって。公園のなかの土手には、よく似た穴が開いていて、そこからちろちろと水が湧き、公園の真ん中を横ぎって流れる、小川の水源になっていた。
 ビルに開いた穴は、見た目、それによく似ていた。しかし、「それ」は土手ではない。「ビル」である。ビルの内側から水が湧くのは変だ。ということが判る程度には、私は「理科」を理解していた。

 ところがあるとき。その穴に「くい」をさしてロープを通し、そのロープづたいに人が上っているのを見た。いまとなっては全く自信がないが、当時の私の目からみると「おじさん」である。ビルの下には人が立っていて、上がってゆく人を見上げている。
 わかったぞ。と、私は思った。あれはビルの点検をしているのに違いない。下にいる人は、点検が無事に終わるように見守っているのだろう。それにしてもご苦労な話だ。屋上から出て下がってくれば楽なのに、上がっていくということは、屋上に出口がないのだろう。
 まだ立ち上がって数ヶ月のビルに点検が必要だということは、ビルに貼り付けた岩のようなものが落ちてくるのかもしれない。私は怖くなって、話しかけてみた。
「てんけんなんですかー!」
 下にいる方の人が、突然の小学生の声に、びっくりしながら答えてくれた。
「いや……。あれは山登りの練習だよ」
 ……と当時は言われたンである。この世には、山の頂上にたどりつくためではなく、「クライミング」そのものをスポーツとして楽しむ人がいることを知ったのは、はるかに後、なんと「オンサイト」っていうマンガ(2005年)を読んだときなのだからしょうがない。
オンサイト! 1 (1) (モーニングKC)
尾瀬 あきら / / 講談社
ISBN : 406372462X
スコア選択:
 当時のワタクシは考えた。きっと太陽テントという会社は、テントを作っているのだ。山登りに行く人が増えると、キャンプ用のテントが売れるようになるから、山登りに行く人を応援するために、「山登りの練習ができるビル」を建てたのだろう。

 という文章を書くために、検索をかけました。
 太陽テントという会社が作っているのは、どうも山へいくテントではないようで。でもって、なぜか、擬岩のメーカーでした(汗。どうも結論は、阿狐が、仔のころから妄想力があったというお話になる模様。

 ちなみに、このビルはすでにないようです。