人気ブログランキング |

小説を書くソフト:K2Editor

 最近つけるようになった『《eXcite》ネームカード』で、このブログの来客者の、検索用語を見ることができる。
 そのなかに「小説を書くソフト」というのがあった。



(うちにはそんな記事は(これまで)なかった。検索サイトが勝手に「小説」「書く」「ソフト」に切り分けたためにひっかかったと思われる)

 小説はソフトで書くんじゃねぇ! おのれの頭で書くんじゃ!

 という逆ギレ頑固職人系のレトリックを弄ぶのも、楽しそうではあるんだが。ここは大人しく、最近愛用しているエディターの紹介なぞ書いておこうかと。
 実はけっこう長い間、〈MS-WINDOWS〉標準装備、〈メモ帳〉で小説を書いていた。そんなに困る点もなかったし。HTML化するときは、カビの生えかけた※〈Frontpage2000〉(M$製)にさっくり移して<br>だけつけ、それをまた〈メモ帳〉に戻してCSS等を整備することが多い。……というくらい〈メモ帳〉を頻用していた。
 唯一気になるのが、「行間が狭い」こと。
(※NN4.0くらいを考慮して作ってある)

 で、行間を調整できるエディターというだけの理由で、〈K2Editor〉をダウンロードした。本来このエディターは、かなり高機能のものらしく、行間だけを理由にするのは作者に申し訳ないような気もする。

 ところが、多岐に渡る深い階層をもつメニューの、どこで行間を調整するのかわからずw、しばらくEUCコード対応専用のエディターになっていた。
 なんかちょいヒマなときに、いじくりまわしてみて。
(メニュー)その他→ファイルタイプ別の設定→共通→表示→行間
に設定を発見、以後愛用に至る。
 というこの記事は、ブログ主の設定変更備忘を兼ねておりますw。

 うん。結論はね、私にとって(←限定)、小説を書くソフトは「いらいらさせる雑念要素がない(マイナスがない)」ことが肝心で、あまり何かの「プラス」は求めてないみたいです。

……でも某絵師殿コラボは絵を表示させたまま〈Frontpage〉で書くこともある^^←絵は「プラスの雑念」の塊www

Microsoft Office 2007 Standard
FrontPageもいい加減新しいの入手すべきか?>自分