人気ブログランキング |

それが呪文であるらしい

 妻の姿が掻き消えた館には、闇の魔の匂いが満ちていた。
「奥方様は……」
 私と妻に長年仕えてきた、爺の皺顔が涙で濡れている。
「戦時だぞ。領主たるもの、己の妻にかけられた術を解くより、優先せねばならぬことがある」
「はい、1日も早く勝利を得られて」 爺が這いつくばるように平伏する。













「display:none;のご解除を」

……あまりの夢に、びっくらこいて目が醒めちまいました。

通じない方、ごめん。
あまりにバカバカしくて解説する元気もないよ。。。