人気ブログランキング |

うーん、困ったな。

>反論しちゃったのは、私がもともと、「言葉狩り」がキライなことと関係あるかもしれんです(笑)
っていうのは、別に、姫サマを「「言葉狩り」と決めつけた」わけじゃないのですけど。

姫サマが
>創作に対するおかしな縛りと対決したいという意識がある。
>自由を尊ぶ人。創作の世界の広がりを望む人。
と書いていらっしゃるのを見て、ちょっと笑いました。
私ゃ、そんな大層な「創作者」じゃありません。


言葉の自由、ネットの自由、のほうが、近いかもしれないですね。

(私が某所で、他人の行動に縛りをかけてくる某氏とケンカしまくっていたことを、ここに来る方の一部はよく御存知(爆))
(もっとも某氏の場合は、他人の行動縛るより、ご自分の言動矛盾がはなはd(ry))
(今回のコレは、すくなくとも私の側では「ケンカ」とは思ってません。「まっとうな議論」です^^)

コホン。話題がそれましたが。

>自分の作品を盗作されたくない人は、是非、学ぶことに【パクリ】という言葉を使って欲しくない。
と、お書きになったときに、「“小説に関して”学ぶこと」という限定さえ付けていらっしゃらないことに気づいていらっしゃいます?

「言葉狩り」と“決め付けた”んじゃありません。「言葉狩りのようなもの?」と“疑った”から、ここまで議論をして、
>パクリをつかっちゃあかん! ってことではありません。
>【パクリ】という言葉愛用者への言葉狩りではありません。
という御発言を聞いて、いま、安心しているわけです。

正直、
「私は盗作を嫌うオンライン作家の一人として、「パクリ」という誤解の余地のある言葉を使わないようにしている。できれば他の人にも使ってほしくないくらいだけど、他人の言葉の使い方までは縛れないですね」
と書いてあれば、何の誤解もなかった。


あと、もう一つ。
手厳しいかもしれないけれど、私にとってとても大切なことなので、はっきり、書きます。

私は、WEBの言葉が、リアルの言葉に、劣るものだとは思っていません。
「リアルだから通じるけど、WEBでは誤解される」
「口語だから使えるけど、WEBでは使えない」
それは私にとって、肯定したくないことなんです。

WEBの言葉は、顔の表情も、声の表情もわからない。
けれど、その分、推敲ができ、文脈を整えることができる。

WEBという、コミュニケーション手段を信じる。──そのうえで、オンライン作家という趣味を、大事にしていくつもりなのですよ^^


えーとー。
一つ質問。
誤解があったまま(そしらぬ顔で)いたのと、こうして多少手間と時間がかかっても、それなりにお互いの考えが見えるのと、どっちがお好みですか? 以後参考にします。あんまり悩ませてはいかんと思った……(けっこうまじめに反省)