人気ブログランキング |

これは、たとえ話。

 これは、たとえ話なので。何の話をしているか判っても、「あれだろ!」とかいうのは、野暮というもの。

 さて。私が、短編小説をウェブで発表して、そのページに「夢は、誰かに長編化してもらうこと!」と書いておいた。そこに、よい人を紹介してくれる方があって、長編化していただけることになった。ところが、私のサイトには「夢は、誰かに長編化してもらうこと!」と書いたままになっていて。別の方が長編化してウェブに載せ、「書きました」と知らせてくれた。それがすごく気にいって「ありがとう、すごいです!」と返事をした。
 そしたら、他の長編化を紹介してくれている人が、「勝手に長編化して、ネットにアップしたやつがいる」と、書いてくれた人にネジこんだ。その人は、ウェブの作品を削除してしまった。

 と、しよう。





 誰が、悪いか。

 また著作権法かよ、と、このブログの読者には呆れられると思うけども。著作権法の63条に「許諾権」というのがあって、「著作権者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができる」。
 作り手はみな同じではない。「自作を勝手に長編化されたくない」という人もいれば、自作の発展形を見たい人もいる。作者が、自作を、好きにできること。それが著作権法の「法の精神」だと思っている。

 「夢は、誰かに長編化してもらうこと!」とネットに書いてあれば、許諾はあるとみなされて当然だし、そこで他の人が長編化を進めているなんて、わかったらエスパーなわけですよ。

 そうすると。この件に関しては、「ウェブで長編化した人」に、非はないのではあるまいか。

 一番悪いのは、「夢は、誰かに長編化してもらうこと!」と書いたままにしておいた私だろう。
 この「たとえ話」の前提のなかで、長編の作者にネジこんだ「紹介者」も、「ウェブで長編化した人」のファンの非難は、囂々と浴びて仕方ないんじゃないですかい?

 だが。これは、たとえ話なので。

 とあるケースでは、「ウェブで長編化した人」も「紹介者」も、「短編の作者」をかばう気配がみちみちていたりして、「ウェブで長編化した人」のファンである私は、「たとえ話」なんてぇ迂遠な手段で、ここで、ぼやいてみるわけである。

 まぁ、ファン感情なんて、そんなもんだよ。