人気ブログランキング |

音楽に金払う事

たまったま、読んだのだけれど。面白かった。
2のまとめR(2ちゃんねるまとめサイト)
「陽水『もう誰も音楽にお金なんか払わないよ』 ユーミン『音楽に金払う事自体間違ってたのかも』」

 トップの引用部分も面白いが、賛同レスも批判も的を得たものが多い。



 外国の事情までは知らないのだけれど。少なくとも日本では、音楽を「聞くもの」から「普通の人が歌って、他人に「聞いて」といえるもの」に取り戻してくれたのは、初音ミクだったんじゃないかと思っている。ボーカロイドの著作権法的にいう「黙示の許諾」をデフォにしたフリーダムぶりが「音楽」の「楽しさ」を呼び戻し、その繁栄がJASRACに危機感を抱かせ、Youtubeやニコニコ動画での総括契約(実質、ユーザーの「歌う権利」自由化)に結びついたのではあるまいか。

 シングルカット曲はともかく、かつてアルバム曲はアルバムを買わなければ手に入らなかった。確かに「音楽に金を払って」いた。でも今は、アルバム買わなくてもかなり聞ける。それでもCDショップのレジに金を払うのは、
「歌詞カード見ながら聞きたいんだよね」
とか、
「写真集ついてるし」
とか、
「PVがセットになってる、やっぱりYoutubeとは画質が違うから」
とか。
 金を払う対象が「音楽」ではなくなった。
 この状態が「最善」かどうか、正直、自信はない。専業ミュージシャンがどうやって「食べて」いくラインが、以前より厳しくなったことも事実だろう。
 それでも。

 上記の台詞を読んで思ったんだよ。
 陽水もユーミンも、やっぱり音楽が好きだったんだな、って。
「金をもらえないとしても、音楽を愛する者たちは、やっぱり奏で続けるだろう」
 その確信がなければ、冒頭の台詞は出て来るはずがないのだ。
タグ: