<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ほぼ日Pが大嫌い ~ よりぬきほぼ日Pさん

※本記事内で「P」は敬称です。

ほぼ日Pが大嫌い

 ボーカロイドの作り手さんのなかで、ずいぶん長く追っかけて来たのが「ほぼ日P」。
 P名は、一時期毎日のように曲が上がったことから由来するらしい。私が聞くようになった頃はもう毎日ではなかったけれど、それでもかなりのハイペースで新作がアップされていた。
「あなたの人生仕分けます」「ゾンビライフ」「恋なんか知らない(恋愛感染症#1)」など いくつかの曲に篭ったシニカルなSF魂が好きだったのだが、日常生活から生まれた「家族パズル」も大好きだった。
 ただ、ネット上の投稿に想を得たものや、社会事象をシニカルに描いたもののほうが、再生数が伸びる傾向がある。皮肉が過ぎて、一部リスナーからは皮肉が皮肉として通じない“難曲(?)”もあり、一部の人からは本気で嫌われているようだ。(それを題材にした「ほぼ日Pが大嫌い」という曲まであるw)。題材は原発関係からフジテレビ韓流にまで及び、
「そのうち刺されるんじゃ?」
 と思うほどにコメントが荒れる動画もある。
 私は曲数を聞いているから、たぶん、何が皮肉かくらいの区別はついていると思うのだが、「0歳児は家庭で育てましょう」のように、皮肉と解りつつも、聞いていて疲れる曲も増えてきていた。

月食

 そんななか、2011年12月11日「月食」からパタリと新作がとぎれた。
http://www5.atwiki.jp/hmiku/?page=%E6%9C%88%E9%A3%9F%2F%E3%81%BB%E3%81%BC%E6%97%A5P
>今夜の皆既月食を 娘に見せてやりたくて
>先生には無理を言って こんなところまで来ました
>残される娘のための 思い出になるものだったら
>他の物でもよかった とにかく時間がなかった
 ほぼ日Pは、「創作」や「泣かせ」の曲もけっこうある。──代表的なところでは、「銀色の樹」あたり。
 ツイッターも見ていて、12/4の「ハーフ完走」も見ていたから、病気の父親が娘を思う歌詞がノンフィクションだとは思わなかったが、引退かもしれない、とは思った。
 リアルの危害をも危惧するほどの荒れ方と、300曲を越す発表曲数。
「そろそろ、もういいってこと、かもしれないな」
 ほぼ日Pには、娘さんに歌わせた歌もあり、家族がある。
「お戻りにならなくても、仕方ないな」
 そう思った。しばらくして見直すと、「月食」には、「遺作」というタグが上がっていた。今現在、健康に問題がないとしても、これが最後の作品になるのなら、「遺作」の語はあながち的はずれというわけでもない、そう、思った。

 ところが、である。
[PR]

節電決算2012

 去年の震災以後気づいたときには、前年同月の電力消費量が印刷されるようになっていました。
 これはそのうちまとめてみたい、と思ったのが遅くて、去年の夏だったのと。そう思ったわりにダイレクトメールにまぎれて捨ててしまった分があるらしく、全部は揃っていないのですが。

グラフ化してみました。
[PR]