<   2006年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

『夜』の思い出

 ン十年前の話になると思うのだが。
『男たちの夜かな』という週イチのラジオ番組があった。スポンサーが降りてしまい、DJである広川太一郎氏が自費で放送枠を買っているという、妙な番組だった。

 そこに、「自殺します」という葉書が投稿された。番組で読み上げられた葉書の内容は忘れたが、内容からか、文体からか、中学生か高校生という印象を記憶している。
 広川氏は、放送時間をかなり割いて、「とにかく死ぬな、俺も○ちゃんも君のことを心配している」という呼びかけをした。(○:番組アシスタント、名前忘れました)

 翌週。
 「死ぬ気はなかった。いたずらでした。心配かけて、すみません」
という詫びの趣旨の葉書が来た、と、広川氏から報告があった。

 そのときの広川氏の話の内容は、昔の話なのでうろ覚えだし、もしかしたら記憶違いもあるかもしれないけれど。
「いたずらかもしれない、という可能性は考えていた」
「でも、“自殺します、という葉書をイタズラで投書する”という精神状態と、“自殺する”精神状態は、けっして遠くない」
「だから、まず、“君のことを心配している”、と、伝えることを、最優先にすることにした」
「イタズラにひっかかりやがって、とバカにされるとしても、そんなことは俺はかまわない」
そんなことを言ったあとで。
「むろん、こんなのは偽善だ。でも、偽善であっても善は善。悪より、はるかにマシなものなんだ」
と、付け加えた。

 善のいかがわしさに、自覚的であること。偽善の恥を知ること。両方を引き受けて、怯(ひる)まないこと。
 私は当時一人のコドモとして、一人の大人の所行に、そんなものを感じとった。

 結局。2回分の放送について、いつものコーナーは中止になり、他の話題の投稿ハガキの読み上げなどはその次以降の週にもちこされた。広川氏は、放送内容の変更に関して、「他の投稿者と協力してくれたスタッフへの謝罪と感謝」で話題をしめくくった。

 当時の広川氏が、偽善の汚名は我が身に引きうける覚悟をもつ一方で、名誉の部分はスタッフと共有しようとした、……とまで今書いてしまうのは、長い時を経た美化もあるかもしれないが。

 ただ、これまで何度か、「偽善であっても善は善」という言葉が、私の背中を押してくれる局面があったのは、私自身にとって、主観的事実というヤツなのだ。……もちろん、行為の方法を練ることや、“安易”に陥らないことの必要性は、別の課題として存在するのだけれど。

 □ □ □

 この記事は、実は11/16に8割がた書いて、非公開にしてあった。

 なぜ書いたか。なぜ非公開にしたか。なぜ、いまこの記事にトラバするか。ご想像にお任せする。
 速攻でレスをいただく種類のものでもない。ただの読み物であって、「悪」の一語の関連仲間文化圏的TBであると解釈いただいても、それもまたよし。それを理由にTBをお切りになるとしても、いっさい不服は申し上げない。
[PR]

re:阿檀さんっていったい誰なんですか?

阿檀さんっていったい誰なんですか?」……うわぁ。。#2373にレスって、URL入れ忘れてるっ>自分

くっぱさん、こっちを御覧になるかなぁ。
さすがにこの上、ekkenさんのコメ欄で自己紹介を始める根性はないですwww

もし御覧になったら、こんにちは~^^
自己紹介が遅れました、阿檀とか麻生(阿檀)とかAdankadanとか言う者です。
(「阿檀さんはGoogle検索で上から3つ目か4つ目にヒットするブログなどを見てもらえば判りますよ」の件はたぶん、Googleで「阿檀」を検索いただいたという話と思われます)

初心者ヘルプボランティアしとりますって話は、なぜか、児島の仙人さんとこあたりに。

『Yahoo転載機能』参戦関連は、ここの該当タグに。(いつのまにやら、ちょっとリキ入りすぎww)
マジメに書いてるのは、
ヤフブロの常識は、日本の非常識
「転載可能」が奪うもの
コンプライアンスの時代にあって~敵は本丸《Y!B》にあり♪
てんさい よりも もっといい…サブサイトはいかが?(《Y!ブロガー》宛)
くらいかと。

著作権がらみってことで別に挙げるとしたら、『《FC2》共有テンプレートにおける著作権』とか。

あとはWEBで小説書いてますww


#2340へ飛び込んだことについては、rhapsodyenbleu氏をはじめ、O氏と同じ《Y!ブログ》の中にいて、今までイキサツのある方たちからさえ、『追い詰めすぎだ』という声があるの知ってしまった(他ブログ流入参戦組に関して、もっと辛辣なコメントがある場所もあるのだが、辛辣すぎてリンクが貼れません^^;)、ということに、尽き、、、たのですが。16日(土曜)夜にhttp://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/42994336.htmlのコメント欄に“参戦”してしまったことで、'何をかいわんや'でして^^;
 :
 :
 :
とか、自己紹介するより、「aso2.exblog.jp の新着ブックマーク」のほうがトオリがよいです??
[PR]

エキサイトへのメール

問い合わせメールを投函しました。

More
[PR]

《eXcite》、新スキンが出た。プラス《eXcite》の長所について

1カラムですよ!!


これは、大きな写真を載せたい方は嬉しいんじゃないのかなぁ?

ページ上端付近に、ページ下端MENUへの「#」リンクがあるともっとよかったケドwww

 ◇

エキブロ向上委員会とか見てると、良くいえば「シンプル&表示速度の《eXcite》」、悪くいえば「低機能の《eXcite》」、みたいな、表現が目につくことがある。

私はそうは思わない。

たしかに、《eXcite》には、弱点はある。
  • Javascriptが使えない。ブログペットなどのオモチャは置けない。
  • 絵文字の自動入力とか存在しません。
  • Tableなど記事中で使えないタグについて、窮屈と感じる方も。
  • 携帯の広告がイマイチw⇒[2007/4/16追記:変更になった模様]

でも、、、

《eXcite》ブログの長所

  • 表示が速い。
  • UTF-8コード。韓国語や簡体中国語使う方には便利(2007/4/30テストにより追加)
  • ログインコメント(「なりすまし」予防策)の存在。
  • アダルトブログ禁止 & Javascript禁止(悪質なイタズラスクリプトが貼りにくい)→安心して使える。
  • レイアウトを崩しやすいHTMLタグは入力できないよう予防策が講じられている。初心者向き。
  • 携帯画面のメニューが、(FC2等に比較して)充実している。
    (FC2も携帯にプラグインがつくようになりました)
  • 公式スキンの特徴
    • 全体に落ち着いた(中身の映える)デザインが多い。
    • 文字の大きさなど読みやすいものが多い。


ここまでは実は、掲示板をはじめ、あちこちに書いたコトのまとめ

もう1項、画像について書いておきたい。
他社ブログには、こんな機能がないところも多い。たとえば、《FC2》だと、大きな画像を記事中にはっていて、カラムの細いテンプレートに後から変更したら、全部手作業で変えるか、CSSで強引に記事中imgの大きさを変えないとカラム落ち(レイアウト崩れ)が起こる。

《eXcite》なら、(独自タグで画像を入れている場合には)スキンを変更してもレイアウトが崩れたりはしない。

DOGALOGのサービスが始まったときに、《eXcite》サーバー自体が落ちたこともあって、「ンな機能いらん」とコメント欄は非難轟々だった。私も正直、あれはいらん。でもそれは、私の個人的指向が「文字書き」だからであって。

《eXcite》の「中の人」たちにとっては、「画像の《eXcite》」なのかもしれんな、と、あのときに、思ったwww


とりゃーえず。新スキンに歓迎の意を。
(メモ:またDIV系スキンで、、、BLOCKQUOTEの修飾がない orz
→2007/2/22追記:BLOCKQUOTEの修飾、いつのまにか付けていただいています^^
[PR]

地下に潜ろうと思いましたが[壁]......ミ^。^彡

阿檀的には、地下に潜って、がっつり共同戦線を張ろうぜ!とか思ってたりしたわけですが。
「お互いを縛りあうのはやめよう」という非常に誠実なメッセージをある方からいただきまして。そうだなぁ、と思いました^^

というわけで、地下プロジェクトは、ナシになりました。てへ。

それなり難題に取り組んでいるので。それぞれのメンバーが、矢継ぎ早に記事をアップするより、自分自身の「思索の地下」に潜ることはあると思います。そんな感じで^^
[PR]

女狐を嗤(わら)え

ひとさまのブログのコメント欄で、記事と無関係なことを言うたことへの、自己レスでございます。↓これ

OYAJIさん
今、申し上げたいことは、1つです。
そろそろ、この論争に終止符をお打ちになりませんか?
>イジメ問題記事を書こうとする私の時間を奪い、
なさりたいことが見えていらっしゃるなら、それにお戻りになるのがいいのではないでしょうか。

ekkenさん
このことを持ち出すのに、この場所をお借りするのは、褒められたことではないのは判っているのですが。このタイミングで書きたかったので、あえて書かせていただきました。お許しください。

(コメント欄自己引用)


著作権とガイドラインの解釈については、異見がないわけではないのですが、転載の危険を感じたら自分で記事を書こう、ということを改めて取り上げていただいたことには感謝を。ekkenさんのコメ欄でも書いたとおり、とりあえず、議論戦を一段落させる方向になればいいなと思っております。

(こちらは、記事内容と絡んだコメントなので、お詫びはせんです)


「なにそれ。一人でいい子になるか。あの著作権やガイドラインの解釈に賛成もしていないくせに、ここで沈黙する気?」
「O氏と同じ《Y!ブログ》の中にいて、今までイキサツのある方たちから、『追い詰めすぎだ』って声があるの知ったら、追撃には加われない」
「そもそもさ、『あなた自身がYahooブログを作成して~』、『Yahoo!に言って下さい』ってO氏の口ぐせでしょうが。真にうけてブログつくって、Yahooに言うメールの準備している。そういうの、思う壷、って言わないか」
「マジメに戦うときに相手の土俵に上がるのは、私の流儀」
「それも程度問題だよ。『悪とみなさないように優しく相手に理解と納得が出来るように伝えれば良い』ってのを、阿檀(あんた)的には『世界中に発信されている公開Web上 』に晒さないっていう解釈したんだよね? で、何度か秘コメを使ってる……。それって“WEBの共有知”を重んじる方からしたらどう見えるかしらね?」
「そんなこと言ったら、電子メールも出せないでしょう……」
「そういうのはね、『オヤサシイコッテ』と返されるんだよ……言っとくけど、皮肉よ? 案外、O氏と自分が似てるからじゃないの? O氏は1200ボーの時代から阿檀(あんた)は2400ボーの時代からパソコン通信始めて、インターネットに移行してる。たぶん似たような年齢層でしょ。あちらさまも、独身かな、子供もいない。教師でもない。だけどわりと子供好き」
「歳が近くて子供好きだけで、共通項にくくるのは乱暴」
「まだ続きがある。W3Cとかにこだわらない。初心者が『これをやりたい』って言ったら、W3Cで非推奨だからってNGだしたりせずに、とりあえず答えるタイプ」
「そっちは否定しない。でも、私は、反対する方があるものに関しては、それを伝えてるよ……、iframeでも、動く文字でも、音楽でも」
「両論併記って、初心者を混乱させない? たぶんO氏にはそういわれるよ?」
「質問を出してくるのは、中学生くらいから。話せば判るケースが多いのは、私の経験値だよ」
「ここまで見ると、O氏を『モニターの向こうにいる人』として人間扱いしてます、って言い訳たらたらなんだけど。阿檀(あなた)、O氏の記事をスクラッピングしたブログ見て、異も唱えずにしれっとコメいれてたでしょ。どっかで、事件全体をケーススタディとして見てる、個々の記事だって研究サンプルとして見てない?」
「……それは認める。私はもともと実験屋だから。どうしてもその視点からは自由になれない」
「O氏は実験動物(ラット)ってこと? 人間扱いしてないって言わない?」
「それをいうなら、私だってその実験動物の1匹。O氏の記事とその影響を統計値的に考察しようという視点で見ているときには、自分の記事もその1つにカウントしてる」

私は、私の内に私を嗤う者を飼う。こいつは下手をすると被害妄想に育つ。そのことに気をつけつつも、嗤う者と会話しながら自分の記事を読み返し、それが終るまでネットには放たない。


信念,プライド,頑固…そういう言葉で形容されることは、あの方も本望でしょうね。……けれども本来、、自分の考えを現す物を書く事と、他人の視点でそれを見なおして誤解の余地がないよう磨き上げることは、矛盾しないのですよ。後者をあまりなさらない方に見えることは、あります。[敵陣の一員より・笑](阿檀) 2006/12/7(木) 午後 5:46

(コメント欄自己引用)

1週間前に書いたこの短文が、どうも私の“結論”だったようだ。

 □

今回の“参戦”で、久しぶりに、今まで訪れたことのないブログを大量に読み、関連知識を仕入れ、存知上げなかった方と出会った。私の個人収支はどうみても黒字だ。であれば、──感謝を表明する以外に何ができるだろう。

P.S.
読み漁った“周辺”記事(今年7月だからこの事件には直接関係ない)にツンデレ族って単語があって(判る人には判りそうなので、リンクはあえて貼らない)、……すみません、“腹のそこから”笑いました。


おまけ:
女狐(正確には「女狐僧正」)は、阿檀が某オンラインゲーム内でいただいた「二つ名」ですw

rhapsodyenbleu氏にならい、この記事に関してはコメント不可としております。ご理解を。
[PR]

ウィニー裁判:元東大助手の金子被告に有罪判決

本丸狙い部隊に順風(←おおげさ)、ウィニー裁判の判決が出ました。
■ウィニー事件判決骨子
 著作権侵害のまん延を積極的に企図していないが、認識、容認し、開発・提供した。
 応用可能で有意義な技術だが、著作権侵害を有形的、精神的に容易にした。
 やりとりされるファイルのかなりの部分が著作権の対象。著作権を侵害して広く利用されている。
 ウィニーは著作権侵害の実行行為に不可欠。不特定多数に提供した行為は、ほう助罪を構成。

毎日新聞 2006年12月13日 10時16分



判例全文入手はまだみたいです。
入手できる場所:判例検索システム(現在は平成18年12月12日のデータが最新)


いままで、転載機能について、「包丁の例え話」が何度か持ち出されてきました。
裁判所は、ウィニーについて、ファイルローグ判例と同じように、「危ない包丁を、危ないと認識しながら提供したら、提供した者も幇助罪が成立する」と言ったことになります。


こういうときは社会的注目アンド会社的関心wが集まります。
《Y!ブログ》の担当者だって、「そろそろうちも、改訂しどきかなぁ」と思ってるかもよw
「こんな投書もきたし」って、上司のとこへ判子貰いにいくきっかけになったら最高じゃないすか。
GO♪GO♪
[PR]

アバターは、呼ぶしかない…… ~《Y!ブログ》はナゼ重いII

私は「はてブ」をほとんど使ってないので、「はてブ」コメントにレスをするのにどうしていいかわからんとです。
コメントに記事でレスするのは、もしかしたら、はてな慣習のなかでは、「非常に大人気ない」とされる行動なのかもしれないですが、そうだったら、すみません。

アバターを、呼んでいる! ~《Y!ブログ》はナゼ重い 』に
>同一サービスだし、(URI上)1箇所のリソース参照するのは普通じゃね?
とのコメントいただきました

そうですよね!

どう考えたって、アバターを保存したときに、1回、顔アイコンを作って、保存して、それを呼び出しているンですよね。
ページ呼び出すときに、毎回、全身アバターから顔だけ切りとる作業なんて、してるわきゃない。
何を考えていたんだ、ワタシ。すっげー恥ずかしい。めんぼくねーm(_'_)m

でも。。。
素材屋さんでアイコンが数百貼ってあるページって、かなり速い回線でも、それなり表示時間がかかります。。。で、《Y!ブログ》の場合、それがtable構造のコメント欄の中に貼りこまれているわけで。やっぱり、コメントが多いと重いブログがますます重く……というのは、事実じゃないかと思います。

 ◇

あー、、あと、ついでなんですけど。
《Y!ブログ》は、テンプレートHTMLもCSSも一切、ユーザーには変更できません。
だから、、、Javascriptオフだと表示が乱れるよ、とせっかくご指摘をいただいても、初心者であろうとなかろうと、どうすることもできません。該当の皆様には、ご承知おきいただきたく。
[PR]

そろそろ地下へ潜りませんか[壁]゚。゚彡

同志諸氏へ。
「表」で他のブロガー諸氏に見ていただきながら活動する他に、《Y!ブログ》へ出すメールの下打ち合わせなど、事務的な部分を詰める場所があったほうがいいかなーなんて思います。
(情報を1ケ所に集めたほうがたぶん見やすい)

当方で、比較的大容量のツリー掲示板が用意できます。
(これ↓と同型)
http://hpcgi3.nifty.com/gaia/tree1/main.cgi

雰囲気盛り上げるのに、パスワードなんかつけちゃうのもいいかな、と思いますww
(どこぞの小説に影響されたなんてことは、絶対に秘密w)

返マツ。

メンツがかたまり始めたので、公募は中止です。今後は当方から参画依頼に訪問します。
[PR]

アバターを、呼んでいる! ~《Y!ブログ》はナゼ重い

えと。これは。《Y!ブログ》を長く使っている方には、とっくのとおに知られていることなのだと思いますが。個人的にあまりにもびっくりしたので。

青背景のアバターでコメント=当然青背景のアバターで表示
 ↓
アバターの背景色をピンクに変更
 ↓
コメントしたページを見る
 ↓
アバターの背景は、ピンクに変わっている。

つまり。コメントの左についている「アバターの顔」はそのページの情報として保存されてないんだ。ページをリロードするたびに、コメントした人のアバターの情報を読みに行くんだ。で。1つのページに、何十人、何百人というコメントがついたら。何十人何百人分の情報を、読み込んでいるわけだ。

そりゃ、重くもなる……ンじゃないですか??

今さらコレに驚いているのは、遅いですね、たぶん。orz

…転載機能関係じゃないけど、タグ新設するのもシャクなので、このまま。
[PR]