re:だしまき

 もう、何日か前のことなのだけれど。ある方の記事を経由して、 「発言小町・お砂糖入りの「卵焼き」にビックリ!!」その再トピックを読んだ。



 感想……
 よそのうちにもあるんだなぁ<えw

 阿狐めは、父が兵庫出身である。母は東京である。毎日、あれを食べるにつけ、これを食べるにつけ、似たよーな文化対立?があり、砂糖つぼの取り合いがあった(笑。うちだけでなくて安心した、というのはちょっと悪ぶりすぎだが、まぁ、私個人にとっては珍しくもない。

 で。にわかにだしまきが食べたくなった。父方の祖母の出汁巻きは、父が母にリクエストしても、ついに「同じ味」にならなかった代物で。母は、あまり作りたがらなかった。
「どうやって作るんだ?」
 ……ここで笑ってはいけない。だしまきは、出汁をケチるとふんわりほんわりしてくれないし、出汁を入れすぎると形にするのが大変に難しい。これは母の愚痴に何度も出てきた話だった。
 検索厨らしく、ネット検索してみた。そしたら、最初に出たのが、これ!



a0024690_0211810.jpg これ見てますます食べたくなったのだけれど。……卵2個に出汁100ccは、固まる気がしない。orz
 ということで、あちこち検索して、卵3個に50ccで妥協したのが写真の代物。「巻き簾」がなかったので、アルミホイルで包んだのは秘密。


a0024690_0212895.jpg あと、動画のように菜箸で転がしたりはしていません。実は、大きなへらつきの卵焼き器をもっていまして。ワタシの不器用さでは、菜箸は無理です^^;

[PR]
by as-o2 | 2009-07-21 00:29 | 日記のようなもの。 | Comments(3)
Commented at 2009-07-21 00:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きる at 2009-08-02 02:23 x
おおお!やっとコメントフレームが出現してくれた…(苦笑、まずはこっちです、単純に嬉しい。)携帯の何かがいけなかったんだな、うんきっとそうだ。

卵焼き!!だーい好物です、ええ、大阪在住ですからもちろん砂糖入りで育ちました。
(貧乏でしたから、だし抜きでしたけれどそれでも十分w)
何にもかけないで食べるのが一番おいしくって、ちょっと焦げた部分がさらにおいしいという。

あと、たまごごはんもいいですねえ、
たまご大好きというよりも、それで幼少期は育ったようなもんでして。(ご飯と卵焼きがあれば何杯でもいける口。)

『今日のは砂糖ないから醤油入れてんねん、ごめんな』と母が謝るほど、家では市民権を得ていました。
Commented by as-o2 at 2009-08-05 19:59
きるさん、いらっしゃいまし。コメントはー、すみません、何度か設定変更しているので、、コメ禁止のときにいらしていただいちゃったのかも。
>それで幼少期は育ったようなもん
ほうほう。。じつは、子供のころ卵苦手だったんです、わたし。
とくに生卵のシロミのとこが。焼いたのも、ちょっとでも生のとこが残っているとイヤで。半熟おいしいのにねえ。なんだったろうあれは。