フォントらぶII

 言葉フェチなのはもう仕方ないこととして。私には「フォントフェチ」というもう一つの持病がある。




どれくらいびょーきかというと、かなりの書体数を擁するフォントセットを3つ持っている。FONTWIRE 3400 for WindowsDynaFont TrueType600 + 欧文3000 Vista対応版富士通fontcityである。そりゃ、このうちの1セット持っているなら、そうおかしくはない。年賀状を作るにせよ、クリスマスカードをつくるにせよ、フォントセットが1つあればなにかと便利。しかし3セットは持ちすぎではなかろうか。かなり重複があるので、手持ちフォント数はこの書体数のプラスにはならないが。かけた金額は、きっかりプラスである。

 それぞれのセットに、フォントの見本帳が付録でついている。
 ちょっと暇があるときに、ぱらぱらっとめくったりすると、もういけない。「このフォントのAの字はどんなだろう?」 CD-ROMをPCに放り込み、いそいそと「The quick brown fox jumps over lazy dog.」 なんぞを眺めている。さらに時間があったら、昨夜のようなことになる。

 話は違うが、数年前に「(windows版が)ない」と記事にした最愛のフォント「タイポス」は、Windows版が出てしまったようだ。出てしまったようだが、さすがに高い。出たのに気付いてから、何度も何度も迷いつつ、いまのところまだ買っていない。紙同人作らなくなったんだから、漢字フォント買ったって出番ないのよ。ないのだけどね。ないのだからね。買ったってしょうがないのだけど。それでも何度も迷っている。こまったものである。

当ブログのアマゾンリンクについて
[PR]
by as-o2 | 2009-07-09 19:33 | 日記のようなもの。 | Comments(2)
Commented by きむろみ at 2011-02-09 01:43 x
この記事、初読のときも笑わせていただいたのですが(失礼!)、読み返すとまた笑っちゃいます。どんだけフォントフェチなんですか。

ふう、と思い出したのですが。昨年小説お書きになったときに、印刷する文字のフォントでお悩みになったという話は……まだ伺っていませんね。素人でわからないもんですが、出品作品と言ったものは指定フォントとかありますの? 
ちょっと変な妄想してくすくす笑ってます<笑いすぎ
Commented by as-o2 at 2011-02-10 00:35
ミ^。^彡っ。oO(うひひひ、やはり笑われてた!)
小説の印刷フォントを記事にしなかったのは、文庫版ってことで印刷字が小さくて、細い明朝を使わざるをえず、「楽しく選ぶ」ってほど選択の余地がなかったからですぞ! ちなみに使ったのはAR明朝体L。横書き用の書体らしく、縦に組むとカタカナのソの中心線にズレがあって悲しかった!