《DoBlog》休止と、《Ameba》の赤字

 《Doblog》というブログサービスが、サービスを休止するようだ。
 《AOL》の休止に続いて、という感じをもってしまうのは、私個人が「ブログって大丈夫なの?」という「疑い」をもってしまっているせいか、それとも本当にブログサービスは曲がり角に来ているのか。
 ブログファンのアクティブユーザー比較で1位のはずの《Ameba》でさえ、赤字だという。



 ブログは、一時期より重く(表示が遅く)なっているという実感がある。高機能高機能をめざした「機能肥大」のせいもあるだろうが、「エクサフラッド」といわれた傾向は(リンク先から1年半たった今も)方向転換はしていないのだろうし、ユーザーの欲求を満たすためには、ハードウェアをよりよいものに更新するなどの施策が必要なんじゃないかと思う。要するに金がかかる。
 その一方で、検索サイトでの評価切り下げも、止まっていないように見え、しかも世界的な不況。いままでと同じ広告を出していては、これまでと同じ収入の確保は難しいだろう。
 出る方は出るのに、入る分は減る。そんな状況なんじゃないか?と想像するから、「ブログって大丈夫なの?」という台詞が出てくる。 《JUGEM》、《Yahoo》、《FC2》と続く広告が増えたという報も、どうも、一繋がりに考えてしまうのだ。
 どうなんでしょw、どなたかご存知ですかね?

 
[PR]