スパムが多いですなぁ

 掲示板がわり(コメント受付想定)のトップ固定記事、なぜかここばかりエ口スパムがつきます。
 ためしに、トラックバック不可にしてみました。さて、これでおさまるか。それとも上から2番目の記事につくようになるだけなのか。




1月22日から、《eXcite》ブログも、コメント承認機能が追加されました。ブログ主の批判ウェルカム!という心臓に毛の生えた阿狐的には、お客様同士*の会話の機会(「狐も困るねえ」「そうなんですよ」)を減らしたくないのでw、この機能はできるかぎりオンにせずにいきたいと思っておりますが、選択の余地が増えるのは良いこと。ブログにそれほど時間を割かない/割けないブログ主さんのなかには、この機能がついてほっとした方もあるんじゃないかと思います。

 うちのサイトに関していえば、掲示板のほうも、現在、対策は全滅状態です。
 「http」の語を拒否することで、長らく持ちこたえていた「Child Tree」、ゲームサイトにおいてある方は「女」ほか心あたりの数語を拒否語にして様子を見ていますが、小説サイトのほうはそういう語を軒並み拒否語に設定するわけにもいかない。感想いただいたときに「彼女は……」と書いてあったら拒否しちゃうんじゃ、申し訳がないし。
 画像認証をオンにしている「WebForum」までがボロボロの状況で、うちみたいなマイナーサイトに、投稿キー手打ちでスパムいれているのだとしたら、コストパフォーマンスが引き合わないと思うんですが、どうなんですかね。それとも、画像認識ツールで読めるんでしょうか。(可読性高すぎかしら、WebForumの画像は)
 使用頻度は高くないんですけどね。スパムに負けて引っ込めるのも、ちょっと悔しいし。たまーに「あってよかった!」と思うこともあるものですから。拒否IP増やしていくしかないのかな?

*あくまでお客様同士で。誰かとそのドッペルゲンガーという組み合わせは、まったく歓迎してないので、あしからず。
[PR]
by as-o2 | 2009-01-26 18:35 | 日記のようなもの。 | Comments(2)
Commented by jemini-web at 2009-01-26 22:58
> 選択の余地が増えるのは良いこと
一方で、ユーザの管理権限が大きくなって、クローズ化することで、絶対数は少ないでしょうけどより人間的な、というかベタベタとした問題も出てくるんでしょうね。

グレーゾーンなコメントへの対応などは、「これを消したら周囲の人はどう思うかな?」というような躊躇が入る衆人監視が働かない状況だと、「ここは自分のブログなのっ!」って感じで防衛本能が過剰に働きがちですし、他にも承認制にしていると言う事は「私はナイーブです」って主張しているようなモノで、いやがらせコメントが発生した時に自分だけで解決しようとして、周囲が何も手を差し出せない状況になる、ってのもありそうです。

まあ、小中学生が頻繁に訪れるようなブログだとちゃんとした大人がスパム・発言共にコントロールする必要があったりするので、あっちを立てればこっちが立たず、ではあるんですけどね。
Commented by as-o2 at 2009-01-27 02:33
jeminiさん
ああ、なるほど。ある意味では、批判コメントを人目につかないうちに闇に葬ってしまう、という使い方もあるわけですね。ただそうなると、「どうして消した!」という(未承認)コメントがまた入ったりして、それを消すためには読んで判断しなければならないわけで、それがストレスになっちゃったりして、けっこう大変だったりして。
うーん、まぁ、そンなストレスも含めての「選択の余地」であってほしいのですが、消して「ゴルァ!」といわれてみるまで思い至らない人もいるかもしれないですねえ。
いまね、ちょっとね、別ブログでね。自ブログへのコメントはやたら消すのに、うちには罵詈雑言を吐いてくるのがいてね。お返事を書きながら、頭をよぎってしまいました。