サウンドハウスの「不正アクセスに伴うお客様情報流出に関するお詫びとお知らせ」

FC2ブログの歩き方ブログ
↓TBつながり
ムックの日記
↓言及
株式会社サウンドハウスの「不正アクセスに伴うお客様情報流出に関するお詫びとお知らせ」



…という経路で、知りました。

 今年春、4月の文書です。この手の「お詫び文書」、というと、紙ペラ1枚とかのことが多い、という偏見があったのですが。この文書22ページあります。

 中身としては、ムックの日記さんが書かれている
企業にしても、個人にしても、被害者が、
『どのようにして被害にあったのか』を提示し、情報を共有することが、
セキュリティを強化する上でとても重要なことだと思うのですが、、、

なかなか、赤裸々に事実が語られることがない中で、
この文章は、多くの人に開かれた、大変、有意義なテキストだと感じます。

ということに尽きるのですが。3月21日から4月16日に至る経緯が、時間単位で書かれています。
 クレジットカード会社がまず気づき、「サウンドハウス」に連絡が入ります。数時間の差で、別のクレジット会社からの通報も飛び込んできます。その日には調査専門企業との打ち合わせが始まります。顧客への通知をするかどうか。通知文書の作成を始めながら、調査会社の助言で通知を延期するあたり、迷いが行間から伝わってくるように思います。
 淡々と書かれているにもかかわらず、迫力があります。そこに携わる方々の混乱や動揺を思うと、胸が痛くなりそうです。
[PR]
by as-o2 | 2008-11-29 23:10 | ひとサマのブログ | Comments(0)