私的使用の範囲、ということ

鍵コメで、ご質問をうけました。

WEBにある画像の「右クリックで保存」と、無断転載について。



 結論からいえば、「右クリックで保存」はしょうがないです。でも無断転載は法律的にはダメです。
 
 日本の著作権上では、「私的使用の範囲」ってのがあります。
(私的使用のための複製)
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。 (後略/強調引用者)
 ↑これが三十条。
(翻訳、翻案等による利用)
第四十三条 次の各号に掲げる規定により著作物を利用することができる場合には、当該各号に掲げる方法により、当該著作物を当該各号に掲げる規定に従つて利用することができる。
一 第三十条第一項、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十四条第一項又は第三十五条 翻訳、編曲、変形又は翻案
(後略/強調引用者)
 つまり、第三十条第一項=私的使用の範囲であれば、 翻訳、編曲、変形又は翻案 もできるってことですね。ここに、著作権法上、インターネットに載せることを意味する「公衆送信」は含まれていません。

 たとえば、ディズニーの画像は著作権保護が厳しいことで有名ですが、ネットから右クリックで保存して、自分が使うノートにぺたっと貼っても、OK。でもそれをカメラで撮ってネットに載せると、てきめん、著作権侵害になります。


 右クリック保存については、著作権法上で語らなくても、ネットに接続するだけで、ローカルキャッシュにはファイルが残りますよね。ユーザーがどんだけ意識しているかどうかは別として、データがローカルにあるということは、DLして持ってるのと同じですから。

 でも、そのファイルを、ブログに載せたら、著作権侵害。

……というのが法律の話。

 感情としては、普通はどうなのでしょう?
 私個人は、自分の書いたモンが、誰かのローカルにそっと保存されていても全然平気、というか、むしろ歓迎です。DL用のまとめファイルを自サイトにわざわざ置いてるくらいですし。
 WEB小説の場合、「DLしたテキストファイルをi-podなどで持ち運んで読むためのソフトウェア」なんてものがわざわざ売られている世界ですから、しばらくいると、慣れますw。
 そのかわり、無断転載には非常に厳しいです。さらに作者詐称(盗作)なんぞやったのがバレた日には、サイトは閉じて当たり前、くらいの世界です。

 これで、……答えになっていますか?>鍵さま

20:00ちょっと推敲
[PR]
by as-o2 | 2008-10-07 12:36 | 著作権 | Comments(0)