鍵コメのこと

最近ちょっと関心をもっている(にしては記事になるのが遅いw)、鍵コメ関係のもろもろ。

はてなのほうで記事にしました。

鍵コメのこと(6/13)
・記憶に残っている、鍵コメ関連記事のリンク集。
・個人的に、どういうときに鍵コメを使うかも少し。
鍵コメのこと・ふたたび(6/29)
・ブログ各システムの鍵コメ機能の比較。
・先日、ご協力をいただいた記事は、こちらで使わせていただきました。
[PR]
by as-o2 | 2008-06-30 01:12 | ブログそれぞれ | Comments(14)
Commented by jemini-web at 2008-07-03 00:40
うーん、「パスワード閲覧制」にはオイラは批判的だけど、「鍵コメ」は別に構わないと思うなあ。
「パスワード閲覧制」の方は不慣れな管理者が閲覧者を選り分ける事で発生するリスクが高いけど、鍵コメはその点閲覧者にとって明確で平等なルールですから。
「疎外感」で言えば、東京近辺にお住まいの方達がローカルな話題で盛り上がってるのを見る我ら地方人の方が、よっぽどかと (^ ^;
Commented by as-o2 at 2008-07-04 02:57
jeminiさん
>「パスワード閲覧制」にはオイラは批判的だけど、
んー、パスワード閲覧制も「ブログの(中身の)種別」によってはかまわないと思うのですけど。
いまstraymindさんの記事を読んできたところです。
ttp://d.hatena.ne.jp/straymind/20080702/p1

「荒れた」あとであわててパスワードをつけるとトラブルのもとですが、「見る人が限られているとわかっている」ブログが最初からパスワード制にしてあるのはぜんぜんかまわないと思うんですけど。典型的には、「クラスの父母しか見ない、学級通信ブログ」とか「文化祭実行委員会ブログ」とか。
そりゃSNSでやれよ、ということなのかもしれませんが、SNSってちょっと前に調べたときにはなぜかデザインの選択の余地がほとんどなくて、つまんなかったんですよね。ブログは「オープンなもの」もあるわけなので、オープンなブログのデザインやカスタマイズを参考に、クローズブログを組み立てればいいので、楽なんです。
私も、家族写真ブログを《NINJA》で持ってます^^
Commented by jemini-web at 2008-07-12 19:05
おもいっきり遅ればせながら...

あそーさんの仰ってる事って管理者的立場で見れば、正しい。
でも、実際そういう風に使って貰えるかな?というと、おいらはちょっと信用していないんです。
オイラの頭ん中にあるのはいわゆる「学校裏サイト」とか、そういうモノなんですよね。
元々そういうサイトも、悪意をもって作られたものじゃないのが殆どなのに、それがちょっとしたきっかけで不満のはけ口の場となり、更にエスカレートしてしまう。
オープンなサイトであれば偶然にでも大人の意見を持つ人が注意もできる可能性があるけど、閉鎖的なサイトでは歯止めがきかない。

(すみません、連コメになりますが下に続けます)
Commented by jemini-web at 2008-07-13 21:30
特にネットに慣れてない人は「仲の良いB子ちゃんには教えるけど、それ程ではないC子ちゃんには教えない」といった曖昧な基準でパスワードを教えがちで、でもそれってB子ちゃんはC子ちゃんに「ちょっとパスワード忘れちゃってー」って聞けば解ってしまってトラブルになる事がある。
その時管理人A子はソーシャルハッキングを仕掛けたC子ちゃんや、簡単にパスワードを教えたB子ちゃんを責めるだろうけど、その種をまいた自分自身は悪くないのか?ってそんな風にオイラは考えてしまう。
壊れてしまった人間関係ってなかなか元に戻せないモノですしね。

そんなこんなを考えると、どうにも賛成できないんです。はい。

(ごめんなさい、↑の人間関係むちゃくちゃになってたので書き直しました。)
Commented by as-o2 at 2008-07-13 23:36
これ書いたら、温厚なjeminiさんもさすがにムっとなさるんじゃないかと思いつつ。

「使いようによってはコミュニケーションを深めるけど、使い方を間違えたら人をひどく傷つける。だったら、その道具自体は存在しないほうがいいよね」
 っていうことなのだとしたら、ですよ。まず最初に、「言葉」を禁止せんとならんのじゃないかとか思ってみるSF者^^、……SF者はグロテスクな極論でできています<嘘です。阿狐めだけだと思われる。

 まじめなはなし、若年者の「かげぐち」や「いじめ」は、コワイです。容赦がありませんから。
 でもそれは「かげぐち」がコワイのであって、「鍵サイト」であろうが「学校帰りのコーヒーショップ」であろうが、大差ないように思うのですが^^
Commented by jemini-web at 2008-07-14 01:30
> だったら、その道具自体は存在しないほうがいいよね
んー、ちょっとニュアンスが違うかも。
本当に怖い事の一つは「かげぐち」そのものではなく、「ネット文化」というのがかなりアナーキーな部分を容認したまま突っ走っている事なんです。
ネットリテラシーをはぐくむとか、そういう事以前にその影響をモロに受けている子供は意外と沢山いる。そんな大人はさらに沢山いる。
それに、「顔が見えない事に怯え、見知らぬ相手のする事に危機感を抱く」人は多いけど、「表情が見えないゆえに見知らぬ相手を傷つける」事を心配する人は前者に比べると多くないんですよね。

うーん、...最近着地点の見えないコメをする事が多いな。

ちゃんと「管理」できる人がパスワード制を導入するのを、おいらは否定しない。けど、実際にそれを導入できるだけの全体的な下地はまだ整ってないように思う。

何というか...銃だって、アメリカ憲法をちゃんと理解して-故無き圧政に屈しない為の手段として所持されているのならば、おいらは否定しない。
でも、本来と違う姿-もっぱらダウンタウンで強盗に使われるよう予想できるのならば、否定する。
まあ、そんな感じで。
Commented by at 2008-07-15 07:08 x
流れもなんも関係なくアナーキーの一文から小脳あたりがひょいと思ったんですけど
もしも2chがなかったら、もうちょっとネット上の治安とかものの考え方てのは良いほうにいってるような気もします。
Commented by as-o2 at 2008-07-16 12:31
jeminiさん
「言い換え遊び」になっちゃうと申し訳ないんですけども、
>「パスワード閲覧制」にはオイラは批判的だけど
っていうのは、
(《FC2》や《NINJA》や《Autopage》は)「パスワードつきブログなんていうサービスは提供しないほうがよかった」
という意味ではなくて、
「ブログにパスワード設定するときには、それが人間関係に及ぼす副作用まで考えてほしい/安易に使うのは反対」
ということですかね?、それならかなり判る気がします。《JUGEM》みたいに「パスワードつけるなら月315円払え」っていうのは、けっこういいセンのフィルターなのかもしれないです。

ただ、(林さんも指摘していらっしゃる、2ちゃんねるを含めた)「ネットのアナーキーな部分」は、「オープンなら怖くないのか」というとそんなこともなくて、名無しでなければいい、あるいは実名にすれば解決するというものでもないような気がしています。一人一人には言論の自由があって、正当な範囲の批判というものもあると思うのだけれど、それがネットを通じて「量」になったときに批判された側にはちとしんどかったりもするわけで。(以前書いたもの→ttp://aso2.exblog.jp/4809034)
Commented by jemini-web at 2008-07-16 22:45
> 「ブログにパスワード設定するときには、それが~
うん、大体YESです。

ここでちょっとあそーさんを混乱させてみると、「家族ブログ」、「実行委員会ブログ」もSeesaa にあるようなグループ投稿の、「グループメンバのみ閲覧可」ってシステムならオイラはOKだと思ってるんですね。
でもコレって実はパスワード制と違いは大きくない。
何が違うかって言うと、ユーザー(特に初心者さん)への心理的な効果と、サービス提供側のスタンスをを評価して、の話になるけど長くなるので細かいハナシは省略。

「オープンなら怖くないのか」はまたちょっと軸の違うところでオイラは考えてますね。おいらも「名前を出せ」と言ってきた人にハンドル名のまま正論責めをした事があるし。
ただ、10代ぐらいの若い頃に自分達だけの溜り場の感覚で考えを凝り固めて、社会とのズレを認識できないまま大人になって心のバランスを崩す人がいる。
社会から隔離された学校-部活システムの弊害だとおいらは思ってるけど、そんな若い人たちに大人も居る広い世界を感じて貰える機会がネットだと思う。
だから、そんな広い場所で殻を作って閉じこもらないで欲しいな、というそんな感覚。
Commented by jemini-web at 2008-07-16 22:59
追記
あ、↑尾崎豊批判になってしまった(笑)
Commented by as-o2 at 2008-07-18 12:39
しくしくしく、《Seesaa》がわかりません(ttp://aso2.exblog.jp/7242794/)。ついでにいうと尾崎豊もあまりわからない^^;、シングル曲は「聴いたことがある」程度、1枚ももっていないです。

>ただ、10代ぐらいの若い頃に自分達だけの溜り場の感覚で考えを凝り固めて、
 あぁ、なるほど。jeminiさんの懸念はそのあたりにあるんですね。
 たしかに、「パスブログだけに引きこもる」のは私も抵抗があるなあ。自分が「ブログを1ダースもってるブログ流浪民」なもので、つい、「(広いネットのなかで)1つの場所でしか活動しなくなってしまう人」のことが、頭から抜け落ちがちかもしれません。

 個人的は、こんなふざけた↓記事を書いていたりしまして、

■ディープ=リンク嫌いさんのための、ダブルアカウントの勧め
ttp://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-178.html
■パスワードを自動配信~ダブルアカウントの勧めII
ttp://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-183.html
Commented by as-o2 at 2008-07-18 12:40
(はいりきらなかったので続き)
……パスつきブログはあくまで「セカンドブログ」的に持つのがいいのじゃないかな、と思っています。パスつきブログとパスなしブログをもっていると、「どちらに載せるか」を自分で決めるときに、「公開するメリットとデメリット」を考える機会も多くなりそうですし。
 そういえば、最近、《FC2》には、1つのブログのなかの一部の記事だけパスワードをつけるという機能がつきました。「ブロ友」(《FC2》のユーザー限定の機能)のみに見せる+パスワードを知っている人だけに見せる機能なのですが、「ブロ友」を募集しないこともできるので、私自信は、実質「一部の記事だけパスワード」機能として使っています。jeminiさんがおっしゃっていた《Seesaa》の機能も、これに似ているのですかね?
Commented at 2008-08-03 19:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2008-08-07 19:37
カギコメいただいているのを今、気づきました。
当ブログのコメントルールをご確認ください。
ttp://aso2.exblog.jp/4518603/
>記事に関係ある内容、あるいは、管理人(麻生/阿檀)への連絡、と思われるコメント以外は削除します。
以降、この手のコメントをいただいた場合は、晒します。