私信の公開について調べていたんだけど。

2008/8/30注記:Yahoo知恵袋のほうに、adankadan名義で補記をします。

3/11追記
うちの記事ではよくあることですが、「記事よりコメントのほうが面白いエントリ」となっております。
※鍵コメ(非公開コメント)の無断公開は、メールの無断公開と同等か?
-著作権 -プライバシー権 -言説の責任性



マダムじゅじゅのリクエストで、私信の公開について調べていたんすけどね。
例えば鍵コメで誰かにすごくイヤなことを書かれて、それを記事上でコピペ公開したとしますね、「ケンカ上等!」てな勢いで。そうすると鍵コメ晒しをした人が何らかの罪に問われちゃったりするんでしょうか?


 鍵コメはたぶん、メールの無断公開と一緒だろうと思ったの。
 メールの無断公開は、手紙の無断公開と一緒だろうと思ったの。
 で、手紙は著作物だから、無断公開しちゃだめだろう、であっさり片つくだろうと思ったの。
著作権法第二条  一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
 手紙なんて感情のかたまりじゃないですか。

ところがところが。ちょい調べたらヘンな判例がある。(私信無断掲載事件(2)(平成8年4月26日  高松高裁 平成5年(ネ)第402号 損害賠償請求控訴、同付帯控訴事件(原審・高松地裁平成5年(ワ)第311号))判例文はあいかわらずわかりにくいけど、このまとめがわかりやすい。
「著作物というためにはその表現自体に何らかの著作者の独自の個性が現われていなくてはならないと解すべき」として手紙の著作物性を否定


ロボットが書いたような手紙だったんだろうか?と思ってもみたんだけども
本部納入金の性質について誤った前提の下に議論がなされており、被控訴人も誤った前提の下に一時的に不満を有し、(中略)公開されないことを前提として右の一時的な不満を記載して差し出した
っつう「不満をつづった手紙」だったらしい。つまり「感情」はあったンでないかと思う、にもかかわらず、「創作性」がなかったという判断。なんじゃそりゃ。

 でもね、結局、「プライバシーの権利の侵害に基づく慰謝料」は認められているので、著作権法上の著作物には当たらなくても、プライバシー侵害には当たるらしいです>手紙の無断公開。だから鍵コメもたぶんそうだと思う。

 なんかどーも納得がいかなくて、もうちょっと違う見解とかないもんかね、と、漁っていたんだけど。なかなか見つかりません。もうだいぶ時間が経ってしまったし、とりあえず記事にしておきます。ほんと遅くなってしまって、ごめんなさい。
[PR]
by as-o2 | 2008-03-06 21:04 | 著作権 | Comments(18)
Commented by じゅじゅ at 2008-03-07 02:06 x
・・・・・・( ̄∀ ̄*) あたしったら、とんでもなく厄介な問題を聞いてしまったんですね、ごめんなさいです

えぇと、そうですよね、鍵コメの無断公開はメールの無断公開と同じ類の行為ですよね、うんうん、わかる、わかるぞ
で、プライバシーの侵害になる、と__〆(..)メモメモ
プライバシーと言うか、鍵コメを書いた人と受け取った人、それ以外の第三者グループに対する鍵コメ作者のanominityの権利の侵害、ってことですかねぇ、たぶん

それにしても厄介ですね( ̄∇ ̄;)気をつけなきゃ、鍵コメの扱い
あ、でも、そしたら「誰が書いたか」を明らかにしないんであれば鍵コメを公表しても大丈夫なんですかねぇ
つまり、プライバシーが問題になるんであれば、作者を明確にしなければプライバシーの侵害も起きないわけで・・・?
作者だけでなく著作としてのコメントにも「プライバシー」が適用されるんだったら話は別ですけど・・・と思いますけど・・・
うへへ、普段使わない頭無理無理使ったから熱出そうです(* ̄∇ ̄*)

お忙しいところ、ほんとにありがとうございましたm( __ __ )m
Commented by as-o2 at 2008-03-07 12:38
じゅじゅさん、ごめんなさい、「やっと書きました」とご挨拶にいく予定だったのですが、昨夜はイロイロ忙しく、巡回しそびれてしまいました(汗
>作者を明確にしなければプライバシーの侵害も起きないわけで・・・?
おおっ、するどい。高松の裁判所に聞いてみたい!「著作権がなくて、プライバシーにかかわるとしたら、名前さえ出さなければいいんですねっ!」って。
「感情」はあるけど「創作性」がないって、なんかイヤな判断じゃないです? 「芸術かどうか!」みたいに響きますよね? 法律のことは詳しいかもしれないけど、それを裁判所が判断する能力があるんだろうか、とか思いません? あんたらどんだけ偉いんじゃ!みたいな。<狐は裁判長をいぢめてみたいらしいというのは絶対に秘密。
Commented by 児島の仙人 at 2008-03-07 23:22 x
「不満をつづった手紙」というのは、「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」ではないような気がする。。

そもそも著作権法なんてのは、著作物で商売する人々の利益を守るための法律だから(暴論)、お金にならない私信やコメントを著作権法が保護してくれると考えるだけ無駄だと思う。

ただ、鍵コメの場合は、常連読者ならそれが誰によって書かれたのかわかってしまう可能性が高いという理由から、引用や公開はお勧めしない。
Commented by straymind at 2008-03-08 13:28 x
ども。エントリの議論をもとに考えますと。
公開されているブログ上の議論・対話・表現手段という点での「鍵コメ」としてみれば、私信性はあるが、メールとまったく同じと考えると、いろいろ不具合が出てきそうです。著作権の話は措いて。

貰った内容如何によりプライバシーの問題が起こりうるというのなら、そのようなあやふやな状況を招き入れないためにも、鍵コメ機能は使わない・使わせないに越したことはない、と思います。
鍵コメの内容に応答できないということは、貰った側からすれば受動的な「検閲」と見ることもできそう(だってそれに答えられないんだもの)。
その内容に反論・反応することも能わないのであれば、それは自由権の一つである表現の自由を、鍵コメを貰ったことにより規制されると考えることもできそう。

ブログサービスに付属する鍵コメは、そのプライバシー性を考えるに、ブログの機能からすれば他人の表現をコントロールする要素があるという観点から、ブログでそれを使用するのは基本的によろしくないんじゃないかと私は思っております。
(その利便性も認めつつも…)
Commented by straymind at 2008-03-08 13:42 x
下記ブログを参考。(字数が足りないため連投しました)
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/5f8f7b1e32918fab318e01481bffeb40
Commented by as-o2 at 2008-03-08 19:02
仙人さんの議論にはそのうち別途まとめてレスします、「イラクサ」で(にこっ)

stryamindさん
>鍵コメの内容に応答できないということは、貰った側からすれば受動的な「検閲」と見ることもできそう(だってそれに答えられないんだもの)。
なるほど。
こたえられる鍵コメ(たとえばメアドを書き添えた鍵コメ)とこたえられない鍵コメ(極端にいえば「とおりすがり」名義の批判鍵コメ)は分けて考えるべきかもしれないとは思いましたが。阿檀めは頭が悪いので一般論が苦手です。心臓に毛の生えたどこかの狐に鍵コメで苦言をくださる方と、へこみやすい優しい方に鍵コメ批判をすることが同じか?と考えると、もうそれだけで頭がごちゃごちゃになってしまいます。
Commented by straymind at 2008-03-09 09:01 x
>分けて考えるべきかもしれない
実際には事前に分けられないのがむずかしいところでしょうね。とまれ、鍵コメは始めから「内容は伝えたいが公開しないで欲しい」という意思表示ですから、そこでなんらかの情報の非対称性が出てきてしまいます。実体験から言って、送っても貰ってもその意味で相手も縛るのはつらいなぁと思ってました。
もちろん、発言者、受け手および他の閲覧者における、鍵コメの投下される文脈、内容、相互の信頼、姿勢や耐性(!)にもよりますね。その点で、二者(三者)間に一定の信頼関係が成り立っている場合は問題ないと思いますが、一般化するとやはり問題になるのかなと。漠然とした話でごめんなさい。
Commented by as-o2 at 2008-03-09 19:26
straymindさん
事前には分けることができなくても、コトあったときに宣言を出すことはできますよね、鍵コメだけではなく。
今後は、うちでは、……はやめてくださいと。
それが「WEBの趨勢」なのか「趨勢に逆らったお願い」なのかは見極める必要がありますが、多少「うち独自のルール」であっても、意外になんとかなるもんのような気が。
うちの「お客様同士の乱闘禁止」は「管理人のワガママ系ローカルルール」の最たるもんだと思いますけども、「客同士に戦わせないとはなんたるこっちゃ!」とは言われたことがない。思ってる方はあるかもしれないですけどねぃ。
Commented by straymind at 2008-03-10 08:24 x
>「うち独自のルール」であっても、意外になんとかなる
見極めという判断が妥当であれば無問題でしょうね。多くのブログ主はそういう立ち位置に沿ってローカルルールを作ることを肯定していると思います。一方、鍵コメを「嫌い(私も以前はそうだったですが)」と感じる立場もあるわけですが、それは上記ローカルルールのなかで一応(WEB上の様々な見解の存在を認めるという立場においては)了解できる範囲であるとも思います。
一番最初に戻って、鍵コメは手紙・メールと同等か?という点においては、私なんかは同等であるとする見解に少しだけ違和感を感じるので、それゆえ、グレーゾーンの機能だとも思います。そういう立場も含めてに各自が「趨勢と良識に基づいた現場の(ミクロな)判断」のもと、個別ルール化した扱いをする、というのは、良いことだと思います。
Commented by as-o2 at 2008-03-10 12:21
straymindさん、すみません、これを今さら書くと「ちゃぶ台返し」なのかもしれないのですが、私はお客さま方にメアドを明かしていただけることにはあまりこだわりがないので、メールフォームってものを多用するんですね、あちこちで。ここだと右メニューからいったん
http://homepage3.nifty.com/gaia/
へ進んでいただいて、「メールフォームも、ございます」から繋がってます。
http://hp.kutikomi.net/post/so/?postid=mdq-ex
メールと秘コメの区別がついてないのは、自分がメアド必須じゃないメールフォームを使っているせいかもな、という気もしてきました。
Commented by straymind at 2008-03-10 18:38 x
長々とごめんなさい。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~a-tubaki/page6.htm
ここにあるように、電子メールの著作性・プライバシー性(〜権としてもよい)をもとにその無断公開が原則として違法性を持つとする考えもあります。主に高松高裁との創作性の解釈の違いですね。
投稿者が原則非公開を要請する鍵コメと、通常のメール(メアド不要のサービスも含め)の違いはなにか?という話になってきてますが、私も正直なところ「具体的な違いはよく分からない」という感覚です。メールと同様に考えず勝手に公開すると、相当の法的対処が待っている可能性は高いですね。このあたりがすごくあやふや。
ただ、そうすると捨てハン鍵コメントに著作性・プライバシー性があるか?とかいろいろ疑問が出てきます。誰の著作権ですかという。
鍵コメは電子メールと同じとしてしまえ、という考え方もありかもしれませんが、それにしては、(今まで書いてきたように)受け手にいろいろ制約があるなぁと思います。
Commented by as-o2 at 2008-03-10 20:09
straimindさん
>捨てハン鍵コメントに著作性・プライバシー性があるか
>受け手にいろいろ制約があるなぁと
そうですね

捨てハン鍵コメはいったい何を伏せときたいんですかね?<実はあまりもらったことがない

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html
へたに14条とか読んでみたら、ますます頭がこんがらかってきました。
Commented by straymind at 2008-03-11 08:52 x
そろそろ引き上げます。(^^;
著作権関係権利に関しては、その判断は状況次第だが、じつは判断は難しい。
http://okwave.jp/qa2326285.html
プライバシーに関しては、たぶん(引用も含め)その公開自体が、相手より当初から私秘性を要請されているから、人格権侵害の可能性大。
こう考えると、内容に依らず想定してみた可能性としての「捨てハン鍵コメ」も、それに準ずる。ということになりますかね。
まぁ、こういうややこしさを回避しつつ鍵コメを活用するのが、各人の責任において求められるわけですねぇ。その点で、阿檀さんの見解(メールと鍵コメは同等)はよく分かります。

私の立場は、法的にはメール同様の性質を帯びる可能性があるが、言説の公共(public)における責任性(responsibility)においてその非対称性に関してメールと同等ではないので、今後の司法判断において、メールと同様であると単純に解釈されない可能性もある。という言葉遊び(?)で結論づけたいと思います。
いろいろな示唆を戴き、ありがとうございました。
Commented by as-o2 at 2008-03-11 18:45
straymindさん
こちらこそいろいろありがとうございました。《eXcite》の「クセ」でコメントは検索にかかりにくい気がちょっとするので、記事のほうに付記をしました。
Commented at 2008-08-14 01:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2008-08-15 10:29
鍵さま、私信の無断公開はプライバシーの侵害にあたるそうです。ご納得いただけましたか?
Commented by きむろみ at 2008-08-30 03:14 x
大切な記事の冒頭に別サイトでの件で補記をしていただいたことに深く感謝いたします。
記事もそうですがこちらのコメント欄はとても読みごたえがあります。
Commented by as-o2 at 2008-08-30 04:04
きむろみさん、いらっしゃいませ。コメント欄が充実してるのは、お客様がたのおかげです^^