写真といふものII

ここ数日、なんかぼんやりと、写真と言うものについて考えていたのは、こことも《Y!》とも関係なく、むしろ《FC2》のdaniel氏の、2/19~2/28で11本というハイペースでアップされた、画像処理スクリプトシリーズのせいかもしらず、よくわからない^^

そんな下地があったところに、首領殿の記事や、ひろ氏ブログコメント欄での話があって、もう一度だけ、「私の写真への感覚が、平均をはずれていたということですかね?」と問いかけてみたくなったのである。


前記事コメ欄を拝読して、やはり少しばかり、……まさに「感情の多数決(c)jemini氏」において、ハズレているかなぁ、と自覚した、というのが、現在の実感である。

ひとつには、私の「言葉フェチ」という旧来の病がある。「言葉記事」の価値が、たぶん他の人よりも高いために、相対的に写真の地位は低い。これはもう、びょーきだから仕方ない。

もう一つは。逆説的に響くかもしれないが、「父が写真好きだった」ことと関係がありそうな気がする。

私が幼い頃、家の北側の一番暗い部屋が、父が写真を現像する暗室であった。
父はたくさん写真をとり、本人が気に入った写真だけをアルバムに貼った。余った写真が、無造作に重ねられて、家のなかにあちこち放置されていた。
父の写真は、子供や家族を真正面から記念写真的に撮ったものが多く。構図的にはどれも似たよう見えて。私はそれをほとんど「好ましい」と思ったことがない。
ブログに親しむようになって、ある公開BlogPeopleを(ひっそりとw)拝見するようになった。
そこにいくつか、写真ブログが含まれていた。
それで驚いたのだ、世の中には写真の上手い人(しかもアマチュア)がなんてたくさんいるんだろう、と。
いまさら……、自分の父が実は写真が下手だったのじゃないか、と、気づいた(爆笑)

つまり、あれだ。
私は、下手の横好き的な写真好きの父の子供として、美しくもない写真が溢れかえり余りきっている家庭のなかで育ったために。写真を貴重とか大切とか感じる神経が、発達しそびれちゃったんじゃないか、と思い至ったわけである。

言葉というもの、ブログというもの、写真というもの。

どうもまだ、考えねばならんことが、いろいろとあるね。
[PR]
by as-o2 | 2007-03-03 03:13 | 日記のようなもの。 | Comments(7)
Commented by わたりとり at 2007-03-03 12:01 x
私は滅多に写真を撮らないし撮らせないので、写真1枚1枚に感じる価値が重いかもしれません。写真は記念に、思い出として撮るもの、という感覚(この感覚もちょっと極端なのかな^^;)
あと、ふと思いついたのですが・・・私は「人」の写真の取り扱いには敏感だが、ペットの写真とかはなんとも思わないです。モノとしてしか見てないから。仮に転載するとしたら、なんの気なしにコレクション感覚で転載すると思う。で、ペットを家族のように感じるかたから「うちの○○ちゃんの写真を黙って持っていくなんて嫌がらせだ!」とか言われたら「はぁ???」となるだろうなと。・・・こういう感覚の差って、理屈では埋められないものだよなと思います。(基本は、オリジナルの持ち主の感性に配慮するべきことがらだとは思いますが)
Commented by トンコ at 2007-03-03 13:15 x
なるほど。。。写真に対する感覚っていうのは、考えてみると奥深いものですね。自分はどうなんだろう。。。
↑わたりとりさんの「ペットの写真」を逆に考えると、ちょっと肌寒くなるようなこともありますね。。。
Commented by as-o2 at 2007-03-03 16:02
いらっしゃいませ>わたりとりさん、トンコさん
今回は距離感があるんで、あえて取り上げなかったんだけど、WEB素材サイトさんで、「写真系」と「イラスト系」の差についても、一度、調べてみたいんすよね。写真系は加工を許すところが多いけども、イラストは加工に厳しいところが多い気がするし、1枚を仕上げる時間を考えると当たり前かな、とも思うんだけど、なんかの切り口で統計的にデータとって比較してみたい^^
Commented by ある。 at 2007-03-04 22:33 x
初めまして♪

ぷふさんとっから飛んできました。
似顔絵、褒めてもぅてありがと~ございます!!
めっちゃ嬉しいです。

写真て、ほんま難しいですよね。
あたしは、もっぱら子どもの写真しか撮れへんのですケド
上手に景色とか撮ってはる人、ソンケーします^^;
Commented by as-o2 at 2007-03-04 23:42
あるさん、いらっしゃいまし^^サイトも見せていただきました、絵が上手い方って、ほんと尊敬します^^
Commented by jemini-web at 2007-03-04 23:44
主旨から外れてたらすみませんが、お父様の弁護。

麻生さんが好ましく思わなかったのは、「日の丸構図」と言われるタイプの撮し方ですね。
写真の指南書には大抵「日の丸構図は避けよう」と書かれてて、確かに平面的になり易い面白みの少ない構図ではあります。
(逆の例
→ http://komin1.cool.ne.jp/hinomaru/hinomaru.htm )

でも、「記録写真」としてだったらその方が良いのかも。
ロシア語翻訳の米原万里さんの本で、戦争だったか災害の体験だったかを語る人の話で「感情を込めて訴えられるより、感情を抑えて淡々と事実を述べられる方が、訳している側は感情移入してしまって声がつまる」という話がありました。
「記念写真」もそれと同じで、写真そのものが主張する「上手な」写真より、「何処に誰と行って何を見た」が淡々と見える日の丸の方が、「そう言えばあの時あんな事があったねぇ」と、思い出を見てる側が引き出す形になって良いのかもしれません。

そういう意味で「お父さんは下手じゃない!記念写真のプロなんだ!」と断言しましょう。
(↑、自分自身のブログに日の丸構図が多い事の自己弁護とか、そういう...白状します。自己弁護です。)
Commented by as-o2 at 2007-03-05 00:55
jeminiさんいらっさい。
>日の丸構図が多い事の自己弁護
えーっw、jeminiさんの写真は美しいですよ??
父の写真は、、、撮るもの(当の子供とか)に問題があったのでせうか?