ネットワーカーの遺言

ある日連絡がつかず掲示板に何も書かれない日、そんな日が何日か続き、何週間か続き、何ヶ月が続いたら、そうしたら、僕が死んだものと思って下さい。
皆さんに連絡できなくなったとき、書き込みが無くなった時、そのとき、僕はもうすでに死んでいるのです。

その時が来たら、この遺書を読んでいる方、お願いです。
時々でいいから、僕のことを思い出してください。
そこに僕がいたことを、思い出してください。
どんな言葉の断片でもいい、
どんな一縷の記憶でもいい、
時々、思い出してやってください。
心の物置、そこに埃まみれになって
置いていただければ、嬉しいのです。
時々、ふっと埃を払ってやってみてください。
そして、僕が生きていたことを、
どうか、思い出してやってください。

P(2003/10/13)
 この文章は、あるオンラインRPGで使っていた私の掲示板に書かれていたもの。1月下旬にふと思いたって古いログから掘り出したまま、非公開にしてあった。
 書いたのは、Pというイニシャルのハンドルを使う詩人だった。自分の作品ではない、他で見た文章を一部だけ変えて使った、と、書き添えられていた。
 RPGの掲示板だから、みな、それぞれに役がら(Roll)演じて(Play)いた。私は、“原作”を気にしながら、聞かずに終ってしまった。
 Pとのエニシはとっくに切れて、彼のサイトも今はない。いくつか単語を拾って、Google検索はかけてみたが、当たらない。詩のサイトも持っていたPのことだから、言葉レベルで、自分の感性にあわせて改変してあったのかもしれない。

……どなたか。この文章がどこにあったものか、ご存知の方はいらっしゃいませんか?

 ◇

「掲示板に何も書かれない日」か。今なら「ブログに」と書く方がしっくり来る人が多いだろう。

~ひさしぶりに『死への記録』を再読して


[PR]
by as-o2 | 2007-04-09 12:22 | 日記のようなもの。 | Comments(4)
Commented by ももんが at 2007-04-09 14:51 x
昨年逝きそびれ騒ぎをやりまして^^;身辺整理をしなくてはいけないと考えたとき、いちばんにWEB上のブログや日記の削除、紙の古い日記の処分が思い浮かびました。生きた証を残しておきたいと考える人と意見が分かれるかも知れませんね。
今となっては笑い話ですけれども。。。
Commented by as-o2 at 2007-04-09 18:01
ももんがさん、コンミ^。^彡です。。。。どころではなくっ!
もう大丈夫なのですか??

私はNIFTY上にサイトを作っているので、カードを解約されると、サイトが削除されてしまうと思われます。家族向けの遺言状に、サイトをしばらくでも維持してくれと書いたらきっと笑うんだろうな、と思いつつ。私らしい笑いでそれもいいかな、なんて考えることもあり。。。。

近々必要になる予定はないのですが>遺言状、注意力と性格に問題があるため、車につっこんだり、車でつっこまれたり、しかねないのでw
Commented at 2007-04-09 18:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2007-04-10 01:08
鍵さま。どうも。。。。了解です。