『超人バルク』


ISBN : B000A0D8ZY
 『超人バルク』、という言葉を思いついて、ちょっと「♪」と思ったんだけども。2秒後に、自分以外の誰にも通じないだろうってことに気づいて、凹んだ。


 そもそも、元ネタの『超人ハルク』自体が、アメコミ系ヒーローのなかでは、マイナーっぽい。

 まして、バルク剤(bulking agent)なんて某業界用語は、他の方には通じ……ないですよね?


 錠剤をつくるときに、有効成分はンmgだったりμgだったりする。これを1粒の錠剤にしたら、1錠が小さすぎて扱いにくい。
 だから、バルク剤(bulking agent)を入れて、カサを多くする。
 薬効がなくて、格好がつく(成型できる)成分を選びます。


 ブログ界の『超人バルク』は、超人的。とにかく、超人的。読み込みの深さはともかく、たくさん読む。でもって、たくさん書く。
 その努力の「量」たるや巨大(bulky)


 ブログ界には「文化圏」があると言われていて。たとえば、"無断リンク禁止"文化圏 vs "リンクは自由"文化圏とか、"言及トラックバック"文化圏 vs "関連仲間トラックバック"文化圏、なんかが、有名。

 そんな並びで、"連コメOK"文化圏 vs "連コメ(or長コメ)NG"文化圏、っていうのもあるんじゃないかと思う。
 私はもともと "連コメNG"文化圏にいた。多人数の閲覧客にまとめレスをするブログ主だけが連コメを使う、というのが、私の周辺の慣習。自分のブログ以外のコメント文字数制限があるブログでどうしても文字数をはみだしたら、「連コメすみません」と入れる。
 《eXcite》のコメント文字数制限は、半角1024。他ブログでのコメントで、これを越えたら、TBに切り替えるのが、私のもともとのスタイル。
 最近、違う文化圏(《Y!ブログ》とか)へ出入りするようになって、ちょっと、崩れてきた。

 『超人バルク』は、もちろん"連コメOK"。場は、自分のブログだったり、相手のブログだったりするが、相手のブログが"連コメNG"文化圏にあっても、自分のスタイルを貫く。「粘着」と認定されても、こだわらない。たくさん書く。というより、たくさんにしないといられない、ように見える。

 同じ記事に、何度も、似たような内容のコメをつける。たとえば、Aという意見を出す。誰かに、Bと反論される、それに対してまた「ほとんどA」な内容で反論にする。ブログ主が、Bが読み取れなかったのかな、と、うっかりB'くらいで再反論しようものなら、また、「ほとんどA」な書き込みがある。これを無限ループという。

 あとは、相手の言葉を鸚鵡返しにする。コピペ+マイナーチェンジで、自分のレスとして使う。鸚鵡返しの部分が多いから、コメントの量は膨れ上がる。
 言葉のバルク剤(bulking agent)


 私は、言葉にこだわりすぎるのかもしれない。ある種のフェティシズム。病膏肓、ときどき「本当にオリジナルな言葉なんてない」ということを忘れそうになる。真の意味で「オリジナル」というのは「いまだかつてない」ということだろう。誰も聞いたことのない言葉は、通じない。

 けれど。私は、想いを言葉のカタチで外界へと出すとき、言葉が少しでも通じやすいように、並べる順番を考えながら、文章を組み立てる。最初に書いた文章を読み返し、推敲する。直接の言葉は正しいか。行間に漂った苛立ちや喜びを、丁寧に取り除くか、あえて残すか。リズムは、溌剌をめざすか。それとも、柔らかく流れさせたいか。
 そうやって練り上げた言葉をコメント欄のバルク剤(bulking agent)に使われるのがどれほど不快か、たぶん『超人バルク』には想像もつかないのだろう。


 『超人バルク』にとって、ブログの記事は、ブログを維持するレンガみたいだ。
 これまた、画像やなにやのバルク剤(bulking agent)でたっぷり増量してある。けれど、ほぼ毎日だす。 日々レンガを積まなければ城が揺らぐという想いに、とり憑かれたように。
 レンガが足りないと思ったら、他人が丹誠こめて彫り上げた彫刻に、ちまちまとした改変のバルク剤(bulking agent)でメ潰しして、積む。パクリとか、パロディとか、2次創作とか言われたって、『超人バルク』にとっては、たかがレンガなのだ。

 好意コメントは、レンガをささえるセメント。客が多いから、コメントも多い。相手の名前をちゃんといれて、1つ1つ応える。たくさんあっても、応える。

 でもって、反論コメントは、弾幕に近いのではないかと思う。自分の意見と、違う意見が書かれる。そうすると「批判」だと思う。意見への反対ではなく、自分の人格への攻撃のように思う。いじめっ子が、ひ弱な子供に投げる石礫のように思う。
 石礫に、弾幕で応える。反論する自分の言葉が数行しかないと、たぶん、
「弾幕薄いよっ、なにやってんの!」
って思うのだ(<作品、違)。自分自身から絞りだした言葉の上に、バルク剤(bulking agent)をぶちこみ、撒き散らす。


 私は根本的に、議論が好きだ。自分がいま興味をもっていることに対して、他の方から違う意見がくる。自分のベースと異なる、他者の意見を、理解するまでにちょっとトキメク。次に、自分の仮説が、他人の反論に耐える質をもっているかどうか。他人の反論に耐えるまで、磨き上げることができるかどうか。その段階で、もう1回くらい、トキメいたりする。「いい議論」をしたいと望む。

 『超人バルク』は、たくさん書いて、たくさん議論に参加するから、議論好きなのかと思われがちなのだけれど。『超人バルク』にとって大事なのは、いい議論をすることなんかじゃない。
場をバルク剤(bulking agent)まみれにしても、逃げず、降りず、最後までその場に留まること。
 自身が負けを認めなければ、それが、彼にとっては勝利なのだろう。

 
“言葉を愛する”者、自らの文章を練り、他者の作品を敬する者と、彼は、ベースが違いすぎる、距離感が遠すぎる。その距離にかけようとする橋さえ、彼には石の礫の群れにしか見えない。そう感じてしまう私は……、怠惰なのでしょうか?

昼休みに書いて、もうちょっと練る予定でしたが、、、4行足して緊急アップ(滝汗)

 ■ ■ ■

 ここんとこ、ディックだったりヴォネガットだったりレムだったりララァだったりするわけですが。今日は、ハルク。
 こんなワタシですみません。
[PR]
by as-o2 | 2007-01-19 15:50 | 日記のようなもの。 | Comments(26)
Commented by as-o2 at 2007-01-19 16:17
悪フザケだね。ヒドイ文章だ。でも悪フザケに逃げるくらいに、絶望は深いんすよ。
この傷口に正面からツメをたてても、膿はだせない。
治りが遅くなるだけじゃないかって、そう思ってしまってます。
Commented by 滝川クリスタル at 2007-01-19 19:05 x
超人ハルクはその力とは裏腹に普通の人間に戻りたい願望もあるかもですね。そして怒りで「バルク」が全身に充当してしまうとしばらくは周りが見えなくなってしまう、しかしそれを制するのにこちらも「バルク」るのはとえも危険な事でもと。

それでも長い目で見ていくと「言論の試されるべき振動」において、
バルクで水増しされた一見立派そうな建物は、しかるべき構造計算
も設計士の助言もないので崩れてしまうものだと思います。

クラシック音楽のように正当な結果が出るのはもっと先かもしれませんが、その間にもたくさんの議論が星雲のように自分を回っています。
Commented by as-o2 at 2007-01-19 19:42
滝川さん、いらっしゃいませ。
>怒りで「バルク」が全身に充当してしまうとしばらくは周りが見えなくなってしまう
怒りだけなら、まだよいのですが。
もっと根本的なところで、距離がある気がしてきてしまいました。

>こちらも「バルク」るのは危険
はい。耳が痛いです。彡´。`ミ

>たくさんの議論が星雲のように
そうですね。多くの方と議論ができたことには、ほんとうに感謝しています。
Commented by ghostbass at 2007-01-19 20:29 x
ブライトさんはいつも乗員優先でした。
なんかコンスコンぽいかなーって気がしました。
Commented by as-o2 at 2007-01-19 20:50
コンスコンまではさすがに顔がわかりませんでした。ぐぐりました。
http://gundamnetworkoperation2.hp.infoseek.co.jp/chara_zeon/conscon.shtml
ネットってすごい^^;それとも、こんなキャラ(失礼)までネットにのるガンダムがすごいのか。
Commented by Z at 2007-01-20 00:50 x
 えー、コンスコンは有名人ですよぉ。あっという間に自軍のリックドムを全滅させられてしまったエピソードは初代からの視聴者ならご存知の方の方が多いと思うのですが(アムロが凄すぎたためで、コンスコンが無能だったからではないというのが最近の定説です)。
Commented by ghostbass at 2007-01-20 01:24 x
話をそらしてしまい申し訳ないです。いや、ブライトさんに喩えるとブライトさんに失礼、と思いまして。他、強がりなのか何なのか「圧倒的じゃないか」とおっしゃったあの方みたいかも、と思ったのですがどう考えてもあの方の尻尾にも及びません。あぁまたずれてくるorz次はもうちょっと練ってきます。
Commented by as-o2 at 2007-01-20 01:37
>えー、コンスコンは有名人ですよぉ。
当時ならわかったかもしれませんが。さすがに今は顔でないっす。
>ブライトさんに失礼
すみません、弾幕ってことばを、あれで覚えたもので^^;
Commented by ひろ at 2007-01-20 10:26 x
A' なコメントになりますが、
「最後の瞬間に立っている方が勝ち」と素朴に信じておいでなのでしょう。

>「弾幕薄いよっ、なにやってんの!」

「戦いは数だよ兄貴!」ってのもありましたな(違)
Commented by as-o2 at 2007-01-20 15:37
ひろさん、ごめんなさい、「戦いは数だよ兄貴!」がわからんっす。
Commented by ひろ at 2007-01-20 16:14 x
「圧倒的じゃないか」の人の弟さんです。
「やらせはせん、やらせはせんぞぉ!」が有名です(^_^;)
Commented by as-o2 at 2007-01-20 17:37
再放送も含めれば全話見たはずとはいえ。皆さんほどディープじゃなかったのね>自分。(ちょっと悔しいのはなじぇw)
Commented by G.R. at 2007-01-20 19:44 x
 私のところでかなり長く話したとき、いつでも止められるのに延々とコメントが繰り返されました。こちらは片手間で返事をする程度の内容でしたが。その後O様を擁護するようなエントリをあげてから、ぴたりとコメントがとまりました。あれはなんだったのだろうと。嵌められたと思ったのか、納得して帰っていったのか、呆れて中止したのか。(二番目だけはないなと思ってるんですがねw いまだに図りかねてるww)
 阿檀さんが仰るような距離感は確かにある。言葉の空疎さという感じ。それにいらだつことも多いし、ひょっとしたら絶望感にもなるのか。
私は無力感を大いに感じました。自分が求めるものによってそれが違ってくるのかも。
Commented by G.R. at 2007-01-20 19:45 x
ああ! ぜんぜん違う流れに放り込んだみたいだ!
Commented by Z at 2007-01-20 23:51 x
「意外と、兄上も甘いようで・・」ってのもありましたな(「圧倒的じゃないか」の人の妹さんです)。

toG.R.さん
 かれこれ数ヶ月程度この問題を眺めてますが、コメント攻勢がやむタイミングが唐突なので、かえってよく分からなくなりますね。かと思うとまったく別のところでまた同じようなやり取りが始まっていることも・・・「影武者」「成りすまし」説が流布される所以ではないか、と最近感じるようになりました。
Commented by ひろ at 2007-01-20 23:53 x
G.R. さん、軌道修正ありがとうございます(笑)

 「同意する」と書いてくれた人のところにわざわざ喧嘩を売りにいくのは、さすがにエネルギーの無駄遣い、ということなのでしょう。

 議論が転載機能とその著作権上の問題周辺に集中しているうちは、「そもそも Yahoo! が禁止していない」という大義名分の下、いつものように「バルク剤」を大量注入すればいくらでも話をうやむやにできるという勝算があるのでしょう。実際にそうなっていますし。

 ところが、話が「そもそもこの御仁にはそんな議論をする資格自体がないのだ」という方向に話が行くと、バルク剤注入だけでは済まないので、バタバタするのだと思います。
Commented by as-o2 at 2007-01-21 01:53
GRさん、意外と照れるタイプ、というのはどうですか。私も擁護コメントにはレスをいただいたことが…あ!いや!この記事は特定の方のことではないですよ!!! こういうタイプの方っているよね!という話です!!!!

Zさん、「この手の」パワーパーソンには、よくあることですね!>複数説

ひろさん
>「同意する」と書いて
「擁護する」と書いた方のところで…、ミ゚。゚彡ハッ
えーと。「議論する資格」は相互関係ですね。
あまりに「土台」が違うので、相手からはこちらが「議論する資格がない」と思われているケースもあると思います。
Commented by ひろ at 2007-01-21 02:36 x
 「擁護」では不十分なのでしょう。「同意」じゃないと。

 「議論する資格」については、私と G.R. さんは、件の人物のブラックリスト、じゃなかった、ブックマークにも載せてもらっていないので、多分そうなのでしょう。
 阿檀さんは載ってますね。よかったです(?)
Commented by G.R. at 2007-01-21 10:03 x
Zさん:コメント攻勢のタイミングなどは、議論主導権の問題かもです。一人ゲリラ状態は相手を混乱させると思う。まさに「敵は複数いる!」って思わせる(意図的じゃないと思うけど、受け手は混乱するよね)。

ひろさん:勝算の点はたしかにそのとおりだと思う。いっぽう、相手の同意を引き出すのが目的ならば、同じ土俵に立たれるのはかえって不利。だからバルク戦術以外の方法をとるのかも。(立場論とか資格論とか)

阿檀さん:同意したと言ったから照れたのか。そうかな。(^^; 思いもしなかったが、シャイな人っているよねぇ。だいたい見てきたところ、議論というより大義名分が大事と思っているのかな。
はっ!(0_0) もしかしてY!のアドヴォケーターを目指してる?
Commented by as-o2 at 2007-01-21 19:00
特定の方のことではないって書いてるのに、どなたも気にもしてくださんない。彡´。`ミ

《eXcite》にも、『超人バルク』タイプの方が、お一人。。。だからレムのひたすらに不可解なイメージは最初からなくて、「ああ、あの方と似てる」っていうパターン認識から入ってるし、いまのところそうはずれてもいないのです。

各ブログに思いいれている方って、客観的にいうと「いや、そこまで言ったら、"中の人"たちも苦笑するですよ」と思うような論旨でつっぱしることが、あります。かくいう私もたぶん《eXcite》に関してはそういう目で見られているかもしれないです。
Commented at 2007-01-21 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by G.R. at 2007-01-22 00:27 x
阿檀さん:レムとハルクの相違についてですが、レムの比喩のきっかけになったエントリ、あれは私の心からの同意であり、同時に、心からの反対意見でもあった。そういうことです。エントリ宛ての人にはわかってるんじゃないかな。
 ってことで、これにて。

Commented by ghostbass at 2007-01-22 00:33 x
話をずらしてしまってすみませんでした。

最近感じたのは「結論の決まっている人には何を言っても無駄かも」って事です。結論からさかのぼって結論の正当性を検証しようとしても「結論が○○だからそれに反する条件は却下」なんじゃないか、と。あるいはその結論に対して都合のいい条件を並べる、など。だから「結論に反する条件」を述べると「結論は○○です」としてそこからループが発生するのではないか、と思います。
Commented by as-o2 at 2007-01-22 01:33
鍵さま:誤字指摘感謝です^^

GRさん:はい。GRさんにとってはレムでも、私にとっては違うな、ということだったのかもしれません<書いた動機

ghostbassさん:そういう意味の「無駄」と私の「距離感」はすこし違うのだと思います。
Commented by 滝川クリスタル at 2007-01-22 16:35 x
こんにちは。恐らくは「こちら側」と「あちら側」の境界線において行きは橋があり、帰りは泳いで渡るくらいの差もあるかもしれません。

村に1軒しかない個人経営のスーパーにいかないと「悪い」という人もいれば、割り切って通販を利用する人もいたりです。
Commented by as-o2 at 2007-01-22 18:40
滝川さん、いらっしゃいませ。
>行きは橋があり、帰りは泳いで渡る
の実感がよくわかりませんでした^^; 私の場合、まだ川が渡れていないのではないでしょうか?