1枚の写真の話をしよう。

 1枚の写真の話をしよう。

 その写真は、1件のショットバーの、閉店の夜に撮られたものだという。
 バー、という言葉に何処かブラウンの色調が似合うのは、バーボンのあの琥珀の色あいからの連想だろうか。その写真も、どこか全体にブラウンの暖色を帯びていた。カクテルに使われるものでもあるのか、彩々に並んだ酒瓶が、良い背景画となっている。
 真ん中に撮影されているのは、男性と女性だ。
「ほら、そこ、寄って寄って」
「はい、チーズ!」
 そんな掛け声が聞こえてきそうな。かといって、馴れ馴れしく肩を抱くでもなく、ボディタッチがあるわけでもなく。
 ブログに掲載されていたその写真には、ネットで公開するのに差支えがない程度に目元にモザイクがかかり、けれど、口元は、笑った表情がよくわかるよう残されている。女性のほうははしゃぎぎみの笑顔で、男性のほうは髭のある口元にかすかな微笑を浮かべて、1つの店の終わりの夜を惜しむ、二人の人物の写真だった。

 私がその写真を見たのは、児島の仙人氏の転載記事である。最初にこの記事を見たときには、現在、大きな文字の画像が出ている場所に嵌め込まれていた。

 ■

 私はそれまで、OYAJI氏の人となりが掴めないことに、多少の焦りを感じていた。

 私は、ペンネームやハンドルを決めるときには、ある程度、自分らしさが出るようにする。サイトやブログを作るときも、閲覧者に自分らしさが少しでも伝わることに留意する。たとえば、ここの歴代デザインも、NAZCA+02さんのEggStationさんの針金細工、そして現在の阿檀(植物)の写真を写真を撮った方に了解いただいて加工したもの、と、変遷してきているが、すくなくとも、「可愛らしい手弱女」であるという誤解だけは避けるようにしてきたつもりである。(私がそれをやったら、詐欺罪に該当する???・滝汗)

 ところが、OYAJI氏のブログに関して。

 ハンドルと、グレイ系の色で作られたTopicPickerの横バナーだけなら、非常によくわかる。横バナーに付された男性の横顔の絵と、アバターの顔部分は、よく似ている。
 しかし……、ピンク系のキティのテンプレートと、熊耳のアバター衣装に至って、私は混乱していた。それはハンドルや横バナーの“男性的”なイメージとは、全く相反するものだ。

「あの方のセルフイメージが掴めないんです」

 私が漏らしたのを、仙人氏は、ご存知だった。
 正直にいえば、私はピンクのテンプレートと熊耳にひっぱられすぎて、“OYAJI”というハンドルの陰にいるのが女性である可能性までも想定の範囲に含めていた。ネットでは色々なことがある。女性であるが故にネットストーカーまがいの被害にあって、男性ハンドルを使いだした例も、同性のネット友達ができて一部の相手だけにカミングアウトしたために色々な面で中途半端になった例も、見てきていた。

 だから、写真を見たとき……、なんと言ったらいいだろうか。最初に来たのは、「安堵」だった。写真は、(この絵をどなたがお描きになったのか知らないが)横バナーの似顔絵にもよく似ていたし、元記事のコメントにもあったとおりアバターにもよく似ていた。ああ、ネットの向こう側に、ほんとうにこの方がいるのだ。本当に男性で、これくらいの年格好で、カメラを向けられたときにこういう微笑い方をする方だ、と。

 「転載元」は(よくあるという表示漏れバグもなくて)きちんと表示されていたので、コメント欄は見ていた。仙人氏が転載希望を書き込みしていらっしゃらないことは確認していた。酒に酔った話を選んできて転載するのは、転載機能擁護派であるOYAJI氏に対して、いささかブラックジョークだとは思ったが。せいぜい、その程度だった。

 ■

 けれど翌日。写真は、まったく別の画像に差し替えられていた。(差し替え後しかご存知ないかたもあるようだ

 それも衝撃的だったが、もう一つ私が焦ったのは、転載をした仙人氏に、第三者の非難が集中していたことだ。

 私は“大きな”問題を感じなかった。他の方は、問題視なさった。そのズレはどこで生じたのか。

 一つは、転載機能に関する解釈であろう。

 私は著作権のプロではないが、それでもそれなりに勉強をした者として、「転載可指定は転載許諾」という解釈にそれなりの自信をもっていた。
 たしかに、コメント欄で、OYAJI氏が違う意見をお持ちであることは知っていたが。

著作権者は「複製する権利を専有」と同時に「許諾を取り消す権利」も同時に持っている

2006-12-03 01:35

……そんな権利を認めたら「小説家が小説を出版社に売る」というごく当たり前の経済活動さえオカシクなる、ということは、ご説明をし、それなりにご理解をいただいたつもりでいた。
 なんの“添え書き”もなく、「転載可能」で記事をアップした場合、「勝手に利用された」=著作権違反とは「言えない」ともご説明していた。

 もう一つは、上記の記事につけられた、OYAJI氏のコメントを読んでいたことだ。

私自身は明確な“添え書き”を全ての記事の中に行なっております。許諾条件をハッキリと明示して、それを守ってもらうように要請しています。ただ、おそらくそれすら読んでいないユーザーは多く存在するでしょうけどもそういう相手に対して「黙示の許諾」をしているだけです。

2006-12-03 21:22



 ちなみに。転載された記事には、「(c)OYAJI」という著作権表示があり、ブログトップ(http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch)にリンクされている。TOPには「転載は転載元がマナーです」という表示があり、さらに『超簡単!!記事の転載方法♪』という記事へリンクし、こう書かれている。

「普通の意見提案の記事などは、自己責任でルールを守った上でなら転載可です。解説記事であっても、転載機能をよく理解した上で記事の掲載責任を充分に負える人は構いません。」


 その後、OYAJI氏は、ガイドラインを引用していらっしゃる。

「もし、ご自分の知的財産権が侵害されているブログを発見した場合は、まずブログ開設者と連絡をとって、削除していただくように依頼しましょう。ブログ開設者は、もしもそのような連絡を受けた場合には、当事者間で誠実に話し合って、適切な対処を行ってください」



「明確な“添え書き”を全ての記事の中に行なって」いらっしゃるのではなかったのか。「普通の記事は転載可」が方針ではないのか。百歩譲って、OYAJI氏の著作権解釈を認めたとしても。ガイドラインには「まず、削除依頼」とあるのではないのか。

 しかし。OYAJI氏が"まず"なさったのは、仙人氏への削除依頼ではなく、禁じ手ともいえる画像の差し替えだった。

 ■

 ところで。最近になって、OYAJI氏ブログのコメント欄を読み返していて、面白いものを発見した。

[児島の仙人氏] よ~~く考えて判断します♪「私個人の解釈」では、転載機能を有効にしてある記事を私のブログに「転載」することは、著作権法にもガイドラインにも「何ら抵触することがない」と判断いたしますので、私の「自己責任」のもとで、記事を「転載」させていただきます。あなたの「個人の解釈」は、到底一般に受け入れられるものではないでしょう。2006/12/14(木) 午前 9:34

[OYAJI氏] sen_nin_kiyamaさん : はい、よ~~く考えて判断して下さいね。Yahooブログの解釈はYahooブログが利用規約とガイドラインに基づいて判断するものですから、その点をご理解くださいね。2006/12/14(木) 午前 10:46

[児島の仙人氏] はい、利用規約とガイドラインに基づいて判断しましたが、何ら問題ないと思います。 2006/12/14(木) 午前 11:13


 実際の転載(12/24)が行われる、10日ほど前の宣戦布告???

 ■

 あ、ついでですみません>OYAJIさん

『もう一度、転載について(8)』(上記コメントの元記事)の著作権解釈。あれ、無理だと思います。著作権とガイドラインの解釈については、異見がないわけではないというのはお伝えしてあった(2006/12/14(木) 午前 11:47)のですが、あのときはまだ「戦線を拡大しないで」というRhap氏の依頼に応えてそれ以上の言及を避けていました。だいぶ、関連記事の新規アップも減ってきたし、そろそろよいでしょう。

次に、一次・二次を問わず、許可を取ってない場合の公開での転載は、転載元ブログ記事のタイトルとハイパーリンクが右下に付く事になってますが、厳密に言えば、その時点で「同一性保持権」が侵害された記事が公開される事になります。
転載元表示が不具合で消失する場合もありますし、二次以降の転載は別のブログタイトルになります。

『もう一度、転載について(8)』



トンコ氏FD氏も、著作人格権のなかで、氏名表示権を問題とし、同一性保持権についてはとくに言及がないが、これには理由がある。

(氏名表示権)
第十九条  著作者は、その著作物の原作品に、又はその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名を表示しないこととする権利を有する。その著作物を原著作物とする二次的著作物の公衆への提供又は提示に際しての原著作物の著作者名の表示についても、同様とする。
2  著作物を利用する者は、その著作者の別段の意思表示がない限り、その著作物につきすでに著作者が表示しているところに従つて著作者名を表示することができる。
3  著作者名の表示は、著作物の利用の目的及び態様に照らし著作者が創作者であることを主張する利益を害するおそれがないと認められるときは、公正な慣行に反しない限り、省略することができる。
4   (省略)

(同一性保持権)
第二十条  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。
2  (省略)

著作権法(強調と省略は引用者による)

 氏名表示権には、「その意に反して」に該当する部分がない。これにより、「本人が了解しているから他人名義で発表」が許されない。たとえば、著作者の名義になる有名作家と、金をもらって書くゴーストライターが両方とも了解していても許されない。
 しかし、同一性保持権は、本人が「変更」を了解したら、変更していいのである。
 「転載可能」のラジオボタンを選んだままで記事を掲載することが「転載許諾」を意味する、という解釈においては、「転載元」の表示がかわることも、「了解」したものと見做される。OYAJI氏の著作権解釈は、この解釈(「転載可能=許諾」)を崩すには至っていないと思う。

 なお、自ブログに(C)表示や作成元表示を入れていらっしゃる記事に関しては、、トンコ氏FD氏がおっしゃる「2次転載以降、「氏名表示権」による著作権違反」という解釈も、かかってこない。

 ■

 児島の仙人氏ブログの転載記事に話は戻るが。

 転載を望まない記事なら、転載不可に設定すべきだったのだ。OYAJI氏は何をもって「仙人氏に非がある」とのみ主張をなさるのか。OYAJI氏に賛意を示した方々は、どこまで周辺状況をご承知だったのか。
 もし、仙人氏に非があるとしたら、「転載可能は転載許諾」という解釈を自ブログで書いた文責、写真の記事を見てなんのコメントもしなかった看過に対する責任が、私にもある。まして、転載の対象としてこの記事を選ばれたことと、私の失言が関係あるとしたら、その責の5割までは負いきれないが、3割は私が負うべきだろう。

 ■

 この記事は、写真差し替えの直後に書きかけたまま、いくつかの懸案事項を優先し、しばらく非公開指定にしてあった。それが完了してもまだ解決していないようであれば続きを書こうと思っていたが、今日、《Y!》の自ブログのコメント欄でいまだ言及があったため、記事として完成してアップした次第である。

 ■

《eXcite》のトラバ機能、最近、送られないケースが多いんですが。
とりあえず、制限の3本。
http://blogs.yahoo.co.jp/sen_nin_kiyama/trackback/21753/43285110
http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/trackback/1336549/42938410
http://blogs.yahoo.co.jp/kanakana_ceo/trackback/118812/1330763
[PR]
by as-o2 | 2007-01-07 21:39 | ひとサマのブログ | Comments(78)
Commented by OYAJI at 2007-01-07 12:48 x
同一性保持権の解釈については「判例」が無い限り不毛な議論に陥りそうな予感がしますが、
>「転載可能」のラジオボタンを選んだままで記事を掲載することが
>「転載許諾」を意味する、という解釈においては、
・・・この解釈そのものに異論があります。
「許諾」というのは「許して承諾する」という意味だと思っています。
つまり「相手を認識している必要がある」と思います。
それと、仙人氏は「転載元表示(リンク)の付加」という同一性保持権を犯す事を
承知していながら「公開転載掲載」を行なったという確信犯とも言えます。
同一性保持権は「本人が変更を了解したら変更してもいい」のですよね?
では「本人が変更を了解しなければ変更してはいけない」のですよね?
私は「了解」しなかったんですよ。

>何をもって「仙人氏に非がある」とのみ主張をなさるのか。
の点については答えは簡単です。
『人の嫌がることはしてはいけません』という倫理観をもってです。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 12:56 x
「画像差し替え」が「禁じ手」かどうかについては
その内容如何によると思います。
mon7_jpさんという「Yahooカテゴリー登録ブログ」の管理人さんが
2005年の最初の時期において、この手法を使って記事が転載された場合に
「転載禁止」という画像が現れるという手法を記事で紹介されていました。
(その方法の具体的解説は無かったのでやり方は私は存じません)
私はあの「善意の転載記事」においても、必要な変更事項を画像のすり替え
で行いましたが、それを「禁じ手」と評する方はあまり居なかったように思えます。
しかし、明らかに違法な「無修正猥褻画像」などに変更したのであれば
それは立派な「禁じ手」ですよね?私はあのショットバー記事の画像変更は
何らガイドライン違反でも無いし、「正当な抗議」であり、
「自己防衛の一環」だと思っております。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 15:06
【《Y!ブログ》の転載機能は、「転載元」が「転載者」を確認してから転載を認める形式にはなっていません。「ただし書き」をしないのであれば、その形式がもたらす内容を承知の上で使うべきですし、そうでないなら「ただし書き」をすべきです】
ここまでは以前に書きました(http://aso2.exblog.jp/4776344/)。あれだけコメントをくださったのですから読んでいただいているのですよね?
 今回は
【OYAJIさんが自ブログに書いていらしたのは「普通の意見提案の記事などは、自己責任でルールを守った上でなら転載可」であって、「転載の前に断ってください」ではありません。】
というポイントを追記したわけですが、読んでいただいたのでしょうか。それについてはレスをいただいておりませんが。ご都合の悪いことはスルーですか?
Commented by as-o2 at 2007-01-07 15:08
>>何をもって「仙人氏に非がある」と"のみ"主張をなさるのか
>人の嫌がることはしてはいけません
転載不可になさっていなかった設定ミスの非、あるいはこの記事は無断転載しないでほしいという付記がなかった非は、お感じになりませんか。

「削除してほしい」とも言う前に画像を差し替えられたことも、問題なしですか。

>「善意の転載記事」においても、必要な変更事項を画像のすり替え
で行いましたが、それを「禁じ手」と評する方はあまり居なかったように思えます。
「禁じ手」と言う言葉ではないですが、トンコさんが問題視する記事を書いていらっしゃいますよね。

で、差し替え画像の内容ですが、「私はこの記事を無断で嫌がらせ目的のために転載しました。元々このこの記事にはOYAJI氏の写真が投稿されていました。それを無断で転載したのです」と書いてあるように読めるのですが。画像をお作りになったのはOYAJIさんで、転載したのは仙人さんでしょう。画像の文章内容は、事実と異なっておりますね。これが「"正当"な抗議」とは、私にとても思えません。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:11 x
monさんの実験記事です
http://blogs.yahoo.co.jp/mon_7_jp/folder/237561.html
「画像差し替え」が「禁じ手」とあなたが主張するのは自由ですが
Yahooブログガイドラインで禁止されているわけではありません。
私は仙人氏の行なった行為は「禁止行為」とされている
「嫌がらせ行為」だと(本人の立場として)受け取りました。
その理由については、転載された記事のコメント欄に書いております。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 15:17 x
水掛け論になるので、これ以上相手するつもりはありませんが、あれが「正当な抗議」かどうかは、賢明な読者が判断してくれるでしょう。

ただ、少なくともあの赤文字の「私」という表現は、「無修正猥褻画像」にも相当する、悪質な「成りすまし」行為だと判断せざるを得ません。「自己防衛」をお考えなら、逆効果でしょうね。
もっとも、そんなこと、すでに誰も問題にしていないんですけどね。

ま、人間「かまってもらえるうちが花」ですから、せいぜい今のうちに楽しんでくださいね~♪ 狼少年のように、誰にも相手にされなくなったら、終わりですよ。

某所では『元々「アンチOYAJI」しか目的がない』なんて言われるし。。
私は、そんな「つまらないこと」に拘っているほど、暇ではないんですよ。(笑)
Commented by as-o2 at 2007-01-07 15:18
トンコ氏ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/25247472.html)コメント欄に、
「私がYahoo側に改善要望していた中の一つに「転載記事の元記事が修正された場合の、転載先への反映」についてなのですが、良い意味で使われると重大な変更があった場合でも転載先に反映する・・・と思ってたのですが、反対に悪意で修正反映が使われると大変な事になる。とこの記事の趣旨と全く同じ危惧を感じたのです。
2006/12/18(月) 午前 0:16」
というコメントがあり……、OYAJIさんの発言ということになっているのですが。

ところでYahooのガイドラインでは「なりすまし」はOKなのですか? いやがらせにも有害な内容にも該当しないのでしょうか。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 15:18
仙人さん、かぶりました、すみません^^;
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:20 x
間違い無く言えることは
仙人氏が私に知らせることなくあの記事を転載しなければ
私は画像を差し替える必要も全くなく
抗議する必要も全く無かったという事実です。
彼が「私に知らせずにコソッと」転載しなければ
そんな必要は全くなかったし、しなかったという事ですよ。
彼の「非」は、明らかに在ります。
第1点目に「非常に不快な思いを複数の人間にさせた事」
第2点目に「緊張関係にある今さら知られたくないはてブユーザーの
数多くの目に止まらせる悪影響が出た」
第3点目に「人の感情を逆撫でする行為であった」
第4点目に「あの記事でなくとも彼の主張する私の人柄を示す記事は
最近の記事でも他にもたくさんあるのにそれを選ばなかった」
・・・まだ理由は必要ですか?
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:26 x
ガイドライン説明のページにも「なりすまし」は禁止行為とされています。
私がいつ仙人氏に「なりすまし」て、彼のYahooIDを騙り
彼のブログアドレスを騙って悪行を行なったと言うのでしょうか?
最初に「有害な嫌がらせ行為である転載」をしたのは
仙人氏であることをお忘れなく。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:39 x
「ただし書き」の「ある・なし」に関わらず、
「嫌がらせ行為」をする事はYahooブログガイドラインの禁止行為にあたります。
マイルール以前の問題ですよ。
では、逆に聞きますがローカルルールを設定していない
ブロガーさんの顔写真付きのごくプライベートな記事が過去に
(公開・ファン専用記事に限らず)アップされていたとして、
それを「本人が充分に嫌がるだろう事」を予期出来たにも関わらずに
こっそりと転載して世界中にあらためて公開し、その作成者の
アンチ派の目にも留まる事が存分に予測される場所に晒す行為を
阿檀さんは容認するというのですか?良い行為だと言うのですか?
私はそんな摩擦が生じるような行為は「悪行」だと思いますし
してはならない事だと思っていますし、許されない事だと思います。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 15:41 x
OYAJIさん:では、一点だけ確認させてください。あの赤文字の「私」とは、具体的に誰のことを指すのでしょうか?
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:45 x
トンコ氏のブログに書いたコメントについては
「悪意で修正反映」というのは、たとえば無修正猥褻画像などの
犯罪行為や、悪質業者による「禁止行為」である宣伝行為のために
修正反映される事を意図したコメントですので、今回の抗議目的の変更や
あの自殺予告者記事の新情報追記や、その他の必要性のある目的のための
修正反映行為とは「別モノ」の発言意図である事も書いておきます。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 15:47 x
児島の仙人さんへ。
そんな事を確認要求する以前に、あの転載記事で
私があなたに対して書いた疑問に誠実に答えるのが
人として先に行なうべきことではありませんか?
私の疑問や質問に全てちゃんと誠実に答えていただけるなら
あなたのその質問には答えますよ。

Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 16:05 x
あなたがどう受け取られたかはわかりませんが、私は「誠実」にお答えしたつもりですが?

ま、そうやって、相手の発言資格を剥奪することで批判を封じようとする姿勢は、今に始まったことじゃありませんし、そもそもその姿勢に対する嫌悪感が、そもそもの出発点だったのですから。
参考URL:
http://cacnet.blog2.fc2.com/blog-entry-1018.html#comment4526

別に答えはいいです。それが「答え」だとわかりましたから。
Commented by blackghost at 2007-01-07 16:13 x
まともな抗議がしたいのだったら写真すり替えではなく撤去した上でその旨通知すればよろしい。
「緊張関係にある今さら知られたくないはてブユーザーの
数多くの目に止まらせる悪影響が出た」
こういっているが件の記事がブックマークされたのはあんたが写真をすり替えたからだよ
Commented by OYAJI at 2007-01-07 16:27 x
児島の仙人さんへ。
私がいつどこであなたの発言資格を剥奪しましたか?
「今に始った」どころか、全く始ってはいませんよ。
「その姿勢に対する嫌悪感」って、「どの姿勢に対する嫌悪感」でしょうか?
私は「嫌がらせ行為・不快感を感じる悪行」に対して当事者として抗議する姿勢
に対して「嫌悪感」は抱きませんよ。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 16:31 x
blackghostさんへ。
なぜああいった行為を起こされた被害者側が
写真を撤去しなければならないのでしょうか?
加害者側の責任は全く無いとお考えですか?
あの転載が無ければブックマークされる事すら無かった
という事が理解出来ませんか?
Commented by as-o2 at 2007-01-07 16:38
仙人さんがなさったことは「普通の記事は転載可」と書いてあるブログからの、転載可設定の記事の転載。あの記事をお選びになったのは、たしかにブラックジョークもありましょうし、私の失言も一因かもしれません。どちらにせよ、違法性があるとは思いません。

OYAJIさんは、削除を申し入れる前に、「私はこの記事を無断で嫌がらせ目的のために」で始まる虚偽の内容の画像を作成し掲載なさった。

今回の私の記事の意図はそれをWEB上に書き残しておくことだけです。お一人に「だけ」非があるとは思いませんが、どちらの非が大きいかはお考えくださいまし>OYAJIさん

とにかく、転載記事につけたハンパなコメントの、説明責任を果たせたつもりでおります。

blackghostさん、いらっしゃいませ。……『009』ですか?
Commented by blackghost at 2007-01-07 16:41 x

挨拶を忘れておりました。失礼しました。

「黒い」ghostです。よろしくです。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 16:55 x
最初に仙人氏が行なった転載記事に反感を示した者として発言させていただきます。
ヤフーの「転載機能」を技術的に解釈すれば、あの転載は「可」だと思います。周辺情報も知っていました。その上で、仙人氏の転載については、承認できないものを感じましたし、今でも感じています。
OYAJI氏の人柄を理解するのであれば、転載しなくても、リンクすればいいだけです。阿檀さんはそのことに思い浮かばなかったでしょうか。この記事の最初の部分を読んだときの違和感は、阿檀さんはそのことに目を瞑って自分を正当化されているように見えることにあります。ネットに長く関わっている人の意見を読んでいると、技術論に終始している気がしてなりません。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 17:01 x
誤解なきように申し上げておきますが、僕はOYAJI氏に賛意を示したわけではありません。阿檀さんは、どちらかの陣営に振り分けてしまうクセがありますよ(笑)。トンコさんの記事で「画像すり替え」の危険性を知り、OYAJI氏もそのことに気づいたゆえのコメントがあった後での、すり替え行為を見た後では、もう何も言うことも議論をする気もありません。僕がトンコさんのところのコメントで「事例」という表現を使ったのは、そういう意味です。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 17:18 x
阿檀さんが「違法性」と書かれた事が
著作権法に基づく「違法性」であるならば
「判例」が無いので判断は出来ませんが、
少なくともYahooブログガイドラインの各禁止項目や
説明ページの解釈を見る限りにおいては
限りなく「ルール違反行為」に近いものだとの認識です。
また、私が一番問題視している点は法的解釈やルール解釈以前の問題で
感情的な倫理観に対する問題です。
で、「虚偽の内容の画像」についてですが、
厳密に言えば「虚偽などでは全くなく、意味不明の画像と文章」
となっているだけであり、私自身が「仙人氏」を名乗ったわけでもなく
パスワードクラックをして彼になりすまして投稿したわけでもなく
画像のアドレス自体も私のブログに投稿されたものである事は
誰にでも容易に判断可能なことですよ。
そして事実として言えることは、彼があのような転載をしなければ
私が被害を被ることは無かったし、無念にもあの写真を削除して
画像を変更してしまうような悲しい事態にはならなかったし、
見られたくない人達にも見られることは無かったという「事実」です。
Commented by 名鏡 恵 at 2007-01-07 18:00 x
横から失礼します。

キラから犯罪者を隠すと一般人が殺されるとき、悪いのはキラではなく犯罪者を隠すマスコミだ、という考え方ですね。

ある程度の良識を持った方から見ると、
> 私自身が「仙人氏」を名乗ったわけでもなく
> パスワードクラックをして彼になりすまして投稿したわけでもなく
この態度だけで『ああ、OYAJI ってこんな奴なんだ』と思わせるに十分ではないかと思います。
私の中では『OYAJI問題』は『OYAJIは(良い悪いではなく)バカだ』で結論づいてるのですけど 、『良い悪い』をあえて考えたとして、『悪い』と判断するに十分かもしれません。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 18:03
blackghostさん、失礼しました、ハズしたようです^^;

牛男さん
いらっしゃいませ。今回の記事を作成したのは、(あの場で仙人さんへの反発を示された)牛男さんたちに私が何を感じ、何を考えていたかを知っていただきたかったからなので。見ていただけて嬉しいです。

>目を瞑って自分を正当化されているように見えることにあります
この記事で自分を正当化できるとは思っていません。でも、仙人さんだけが責を取られるのが不当だと思っていることも、伝わっておりませんか? 

私にも責があると考えていますし、OYAJI氏も、“ミスなし/非なし”とはとてもいえない。(認めてはいただけないようですが)

>リンクすればいいだけです。
たしかにあの写真の存在を教えてくださるだけなら、リンクでもよかったでしょうが。
あの転載は、転載機能の使用に賛成するかどうかという論争の文脈のなかで、OYAJI氏に「転載機能の危なさを知っている方にさえ、こんな設定漏れはありうるでしょう」とお示しになったアイロニーだと思っています。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:05 x
名鏡 恵さんへ
つまり、あなたの考え方は
仙人氏がワザと『ああ、OYAJI ってこんな奴なんだ』と思わせるために
あの記事を意図的に転載したというお考えなのですね?
私はそのような彼の行為は「ある程度の良識を持った方」から見ると、
(仙人氏が)『悪い』と判断するに十分だと思いますよ。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 18:10
OYAJIさん
パスワードクラックだけがなりすましではないですよ。Yahooの転載機能についてよく知らない人があの記事をみて、OYAJIさんがあの画像を書いたのだとすぐわかるでしょうか。
要するに、「感情を害されたから、相手の感情を害することでシカエシがしたかった」ということしかおっしゃってないように見えます。はてブユーザーに(すでに自ブログで公開済みの、目元にモザイク加工した)ご自分の写真を見られるより、あんな無茶な文章画像を見られたほうが、良い結果を生んだと、いまもお考えですか?
(名鏡さんがおっしゃているのは、この記事コメ欄でのOYAJIさんのレス内容のことだと思いますよ)

名鏡さん、いらっしゃいませ。ブロガーとしての名鏡さんのことは尊敬しておりますので、こんなレスは返したくないのですが、メニューカラムの「トリセツ」をご確認ください。うちはお客様どおしの「けたくりあい」はご遠慮いただいておりますw
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:10 x
つまり、阿檀さんの考えは「こんな設定漏れもあるんだぞ!」と
論争の最中に「本人が嫌がることを充分に予測可能でありながら」
写真付きの古い記事を転載するという行為を「正当化」させたいわけですか?
そうであるなら、私は立派な「嫌がらせ行為」=「ガイドライン違反」だと思いますよ。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 18:14
OYAJIさん、
ご本人がどの程度いやがるかなんて、事前に予想がつくと思います?? ……これで《FC2》なら「エスパーじゃあるまいし」といういつものアレがでるところですが(ぼそり)
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:16 x
転載先の記事にはしっかりと転載元表示はされていますし
あの画像の文章と記事をきちんと読めば
Yahooの転載機能についてよく知らない人が見ても
あの記事が「普通に投稿された記事では無い」ことは
容易にすぐに判ると思いますよ。
私は「はてブユーザー」に見せるためにあの記事を
あの当時に書いて投稿したわけではありません。
あの文章画像を見られてしまった「結果」については
「そんな人の感情を害するような転載はいけない」と
この件を知った人に思ってもらえれば良い結果となると思います。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:20 x
そんな予想すらつかない人であるならば
転載機能など利用するべきじゃないと思います。
自分のブログの「閲覧者」も理解出来ずに、
影響力すらも認識せずに他人の記事を安易に
本人にも知らせずに転載するような人は
はっきりいってYahooブログに居て欲しくは無いですね。
今時、小中学生ですら自ブログの訪問者を意識した
記事掲載をしますよ。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 18:26 x
アイロニーのつもりだということはわかっていました。だから、「アイロニーにもパロディにもウィットにもなっていない」という趣旨のコメントを書いた記憶があります。相手の手法を逆用しようとする仙人氏の意図は充分に理解できますが、あれは、度を超えていたと僕は思うのです。僕は批判やある程度の中傷は認める立場です。その点で、私企業が決めたガイドラインごときにひっかかってブログ削除されても後悔はしません。ただね、もし、自分が対立している相手から、自分のプライベートな写真を転載されたとしたら、機能やガイドラインの問題ではなく、相手を許しません。置かれた文脈によって写真の意味は別のものになってしまうからです。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:31 x
ハッキリ言って、この問題ってここまでゴチャゴチャと
論議するような問題じゃないと思いますよ。
転載して公開してしまう前に仙人氏が一言私に対して
「OYAJIさんの温かい人柄が偲ばれる、好感の持てる記事だと
思いますので、この記事を転載してもいいですか?」
と私にコメントしてくれていれば、その時点で私はおそらく
「写真を削除しますので、待って下さい」と返事をするか
「今さらこの記事を転載してもらいたくは無い」と断っていたと思います。
また、非公開記事として転載していれば全く気付かなかったので
問題にもなっていないと思います。
それに他にも私の人柄が偲ばれる最近の記事は多数あるにもかかわらずに
なぜ敢えてあの古い記事を引っ張り出してきて公開したのかの
納得の行く説明も受けてはおりません。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:35 x
仙人氏は転載した記事の「2006/12/26(火) 午前 3:05」のコメントで
『あ~~ぁ、せっかくの記事が台無しですね。。
私は最近のOYAJIさんしか知りませんでしたから、
貴重なコレクションだったのに。。』
とコメントしています。
それに対して私は
『「貴重なコレクション」というのは、つまりは自分のためだけにコレクションしたいだけであって、
決して私の「温かい人柄が偲ばれる、好感の持てる記事」であると思って、
それを他者に見せようと断り無く転載したというわけじゃないのですね?
っていうか、そもそもこちらの訪問者さんに見せて欲しいなどとは
毛頭思ってはいない記事だったのですが。』
とコメントしております。
この件についての納得のいく説明も受けてはおりません。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 18:37 x
もう一つ。対立する相手に対する戦術として考えても、対立する問題ではないことを使うのは卑怯であり、それこそ禁じ手です。たとえば「アバターがうざい」とか「あいつは女だから」など。OYAJI氏があのような愚かな反撃をしてしまったので、僕はその後黙っていましたが、改めて阿檀さんが記事で取り上げたのであれば、戦術ミスは認めるべきではないでしょうか。そうでなければ、同じ穴のムジナであり、批判の根拠を失ってしまうように思います。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 18:41 x
「せっかくの記事を台無しにするような行為」を
したのは一体誰なのでしょうか?
私の「元記事」に付いた常連様の皆さんの
コメントでは「せっかくの記事を台無しにするようなコメント」
は全く無いように私には感じます。
「貴重なコレクション」にしたかったのなら
自分だけで「非公開書庫」に非公開で転載すれば良いだけの話です。
それならば私は何も抗議行為などはしませんよ。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 19:00 x
質問に答えるのを忘れてました。
「仙人さんだけが責をとられるのが不当」について。僕が非難したのは、「画像すり替え」以前の記事に対してです。その後の経緯については、僕が知っているだけで二度記事が代わりました。改変後については、仙人氏のみに責を求める気持は全くありません。こういう言い方は正確ではなく、責任を追及して謝罪を求めたいわけではなく、あのような手法は本人にとってプラスにならず効果的でもないという自覚を持っていただけるといいなと思いました。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 19:04 x
OYAJIさん:納得しないのはあなたの勝手ですが、既に回答はしてあります。

『私がこの記事を転載した最大の理由は、そこにあなたの「写真」があったからです。「百聞は一見に如かず」という言葉が示すとおり、そこあった「生身の人間」であるOYAJIさんの姿は、多くのことを語りかけてくれます。多くの批判記事を目にする中で、OYAJIさんの「言動」ではなく「人間性」自体を否定するような内容が目立ち、違和感を覚えていました。機械と違って、人間には様々な面があります。それを提示する事は、決してあなたが考えているような「悪影響」があるとは思えません。 』

あなたは私を信頼できないのかもしれませんが、私は、自分のブログの読者を信頼しています。そして、あの写真を見て、記事を読んで、何かを感じて欲しかったから転載した。
願わくば、事態が好転することも期待して。。。

それをぶち壊しにしたのは、あなたの「赤文字」に他ならない。
Commented by as-o2 at 2007-01-07 19:08
あ、コメントいれかけて、訂正しようと消したら、牛男さんと仙人さんのコメが^^;

牛男さん
>もし、自分が対立している相手から、
>対立する相手に対する戦術
仙人さんは、(チェーンとか転載機能とかはお嫌いみたいだけどw)、OYAJI氏個人のことは評価していらしたんですよね。あんまり簡単に「対立」の一語でくくると、見えなくなることもあるのではないでしょうか。

>自分のプライベートな写真を転載されたとしたら、
たとえ友達であろうと、ネットに出したことのない写真を、ネットに出されたら、私もそれは削除を求めます。……プライベートな写真ってそういうものだと思います。
でもあの写真はそもそもOYAJI氏が、ご自分でネットに出せる程度に加工して、自ブログに出されたものでしょう? 加工処理をしてなければ、私ももうちょっと抵抗を感じたかもしれませんが。

OYAJIさん
>コレクション
の一語の妥当性はさておき。写真の力、は、あったと思います。この記事の前半でお伝えしたかったのはそういうことなのですが、私の力不足だったようです。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 19:12 x
「対立」という言葉の使用については、仙人氏がヤフーブログを開設された経緯を知っていたので、使いました。語感が強すぎますか? 煽った感じがあったならごめんなさい。「プライベート」に対する感覚は阿檀さんと少し違うみたいです。ブログというのは「世界に公開された」という面と「疑似環境で出会った人たちと交流する」という側面があると思います。僕の場合、後者に重点を置いているので、阿檀さんが指摘されていることは正しくて反論できないのですけど、それでは、あまりにも殺伐としている。これはあくまでも感情論です。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 19:42 x
児島の仙人さんへ。
あなたは全く相手の感情に対しての配慮をしていません。
「それを提示」???あなた側にどういう理由があろうとも、
「一言の断りもなく世界中に公開している事は認識はしてはいるが、
目的としては、まずは私のブログの当時の読者に見てもらう事を
想定して投稿していた昔の記事をわざわざ緊張関係にあるあなたの
ブログに私が知らない間にこそっと転載した事実」は変わりません。
あなたが「自分のブログ読者を信頼」しようがしまいが勝手ですが、
その結果として http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blogs.yahoo.co.jp/kanakana_ceo/1330763.html
こういう風にブックマークサイトに登録されてしまったという事実があり
私があの記事を投稿した当時にはそういう事は無かったという事実があります。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 19:43 x
(続き)
あなたの行なった公開転載行為により、あの記事が「ぶち壊しにされた」
その原因は間違い無く仙人氏にあるという事をしっかり認識して下さいね。
あなたが一言私に許諾を求めるなり、リンクだけにしていたり、紹介の意図を
ちゃんと伝えていれば私は画像をすり替える必要性は「全く無かった」
という事を理解するべきです。
「赤文字」にせざるを得なかったのは「あなたの行為に原因がある」のですよ。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 19:50 x
牛男さん:「対立」と評されることには、いささか抵抗があります。是は是、非は非として、きちんと評価することが重要だと思います。

確かにY!ブログの最初のエントリは批判ばかりですが、OYAJIさんが自らの誤りを認め、多くの貴重なコメントが付けられた件の転載記事を、自らの判断で断腸の思いで削除されたことは、評価に値すると思っております。

さらに、初心者に対する親切な対応についても、私などには到底真似できない、立派な行為だと思います。

それだけに、このような場での、すべてをぶち壊しにするかのような発言や態度には、非常に残念なものを感じる次第です。

決して「OYAJI憎けりゃ袈裟まで憎い」というのではないということだけは、ご理解頂ければ幸いです。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 19:52 x
児島の仙人さんへ。
あなたが本気で他の人達に私の人柄について
『何かを感じて欲しくて事態が好転することを期待』
しているのであれば、何もあの写真の記事だけではなくても
最近の記事であっても、その記事についた第三者からの
感謝のコメントであっても、ゲストブックへの数々の投稿であっても
いくらでもそこら中に私の人柄を示すコメントは転がっていますよ。
結局なぜ「私の知らせないで、悪影響も考えないで、
感情を害する可能性も考えないであの記事を転載したのか?」
という点についての具体的な答えを「避けている」のではないですか?
Commented by OYAJI at 2007-01-07 19:57 x
児島の仙人さんへ。
「このような場での、すべてをぶち壊しにするかのような発言や態度」
をさせてしまう原因を作ったのは「あなた自身の行為」にあった事を
絶対に認めようとはしないのですね。何をどう言いつくろうとも、
この記事の件は「あなたが原因を作った事実」には変わりは無いですよ。
私は「ぶち壊し」を「された側の被害者」なのです。
あなたは「原因を作った加害者」なのです。
Commented by 牛男 at 2007-01-07 20:09 x
児島の仙人さん。「対立」という表現については、僕の認識不足でした。訂正させていただきます。ごめんなさい。最後の一文については、理解しているつもりでいます。
Commented by RhapsodyEnBleu at 2007-01-07 20:57 x
阿檀さん、こんにちわ。
非常に興味深い内容でした。
このことについては転載機能をさらにシリアスに考えるきっかけになりました。
状況については著作権と転載機能の視点で解決しそうな気もするんですが、感情的な議論になる部分もあるのでなかなか解決しないものですね。

ところで、この転載についてもテオドール転載についても、その結果によって批判が発生する事を想定していなかったのかという部分が非常に気になるところです。どうもこの表明がないと話が進まないままフェードアウトする気がします。

それと思うのは、認識と事実のずれです。
ここのところ大丈夫だと思って、問題になるという主張が非常に多い感じがします。

まあ現在アウトサイドに立つスタンスですが、どうもアイデンティティの必要以上な防衛をはかろうとする議論が多く見える気がします。
もちろん方法論を考える意味のある議論だと思うんですが、僕はとりあえずそれはほっておこうという気分になったりします。
他のROM者達はどう考えているのか知りたいところです。
Commented by トンコ at 2007-01-07 21:23 x
トラバしたのですが受け付けてもらえません。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/1528789/26328080.html
アドレス入れておきます。
Commented at 2007-01-07 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 22:41 x
まぁ、見方を変えて表現すれば
時々問題になるような一部のTVメディアなどでの
「偏向報道」を見るような感じですね。
「メリットを感じない人達ばかり」がデメリットばかりを追っかけて
危険性ばかりを考えているのなら批判ばかりが噴出するのは
ある意味で当然ですよ。
こういった問題を「転載させて下さい」と発言しているユーザーや
転載記事用の書庫を作成しているブログ管理人に
積極的に意見具申していっているというのなら別ですけどね。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-07 22:50 x
さすがに「成りすまし」はまずいと認めて、赤文字を書き換えられましたね。でも、あなたが、「成りすまし」をしたという「事実」は消えませんよ。画像も当然保管してあります。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 23:05 x
児島の仙人さんへ。
同じ返信を何度もさせないで下さいよ。15:26にも書きましたが
ガイドライン説明のページにも「なりすまし」は禁止行為とされています。
私がいつ仙人氏に「なりすまし」て、あなたのYahooIDを騙り
あなたのブログアドレスを騙って悪行を行なったと言うのでしょうか?
最初に「有害な嫌がらせ行為である転載」をしたのは
仙人氏であることをお忘れなく。「なりすまし」とは思っていませんよ。
あなたが「なりすまし」と主張する根拠を示して下さいね。
画像の文章を書き換えた理由は、削除願いコメントをしたにも関わらず
あなたが一向に記事を削除しないので、そこから他にも転載されている
危険性を感じているので書き換えただけです。
もう一度言いますが私は「なりすまし」などは「一切行なっていません」
あなたの発言は事実無根の名誉毀損行為ですよ。
Commented by OYAJI at 2007-01-07 23:10 x
児島の仙人さんへ。
あなたが行なった行為と、そのあなたの行為によって
怒りに打ち震えて悔しい思いと憤りを覚えた人間が
多数存在するという事実も消えませんよ。
あなたが画像を保管せずともあちこちのキャッシュに
ちゃんと保存されていますのでご心配なく。
ちなみに「成りすましをしたという事実」は存在しません。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-08 02:32 x
あなたの人間性を「肯定」すべき記事が、あなたの人間性を「否定」するものになってしまったことは、非常に残念ですが、自業自得でしょう。自らの非を認めようとせず、他人に責任転嫁をするのは、あなたの悪い癖ですよ。
問題解決をはかりたいなら、「やり方」というものがあるでしょう?
少なくともあなたのやり方は、私の感情を逆撫でさせ、素直な感情を奪い去ってしまった。もはや、手遅れです。
ネットの向こう側にいるのが「感情を持った生身の人間だ」ということを、全く理解できない人とは、コミュニケーションは不可能です。
これ以上「子供の喧嘩」につきあうつもりはありませんので、失礼。
Commented by blackghost at 2007-01-08 02:45 x
OYAJIさんの私にたいする質問に答えるべくTB飛ばしました。
Commented by blackghost at 2007-01-08 02:58 x
む。飛んでないのか?
http://d.hatena.ne.jp/ghostbass/20070107/1168191474
こっちです。
Commented by OYAJI at 2007-01-08 03:21 x
児島の仙人さんへ。
間違いなくあなたの安易な転載が引き起こした事件の責任を棚上げして
私自身の「自業自得」と『責任転嫁』出来る神経が理解不能です。
第三者の記事を転載したいなら「やり方」というものがあるでしょう?
少なくともあなたのやり方は、私の感情を逆撫でさせ、素直な感情を奪い去ってしまった。
もはや、手遅れです。
ネットの向こう側にいるのが「感情を持った生身の人間だ」ということを、
全く理解できない人とは、コミュニケーションは不可能です。
Commented at 2007-01-08 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2007-01-08 12:41
すみません、すっかりレスを怠ったようになっておりますが。

牛男さん(01-07 20:09)
>「対立」という表現については
牛男さんからその一行をいただけただけで、私にとっては、今回、記事を立てた価値がありました。

Rhapさん(01-07 20:57)
>感情的な議論になる部分
あのコメント欄があまりに感情論にのみ流れている印象があったので、ずっと気になっていたのです。牛男さん(01-07 16:55)は技術論とおっしゃったけれど、むしろ法律/契約的な側面から見てみるとこうなる、というのを書き残しておきたかったのですね。

トンコさん(01-07 21:23)
>トラバ
別に記事をたててレスします。

鍵さん(01-07 21:58)とは別途連絡をとりましたので略。
Commented by as-o2 at 2007-01-08 12:42
OYAJIさん/児島の仙人さん(01-07 22:50以下数本)
画像が変わってますね。
「なりすまし」の語の定義はどうも統一できないようですが(苦笑)
>なりすます 【成(り)済ます】(動サ五[四])
>(1)あるものになりきる。なりおおせる。
>(2)その人であるようなふりをする。
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/

blackghostさん(01-08 02:58)
ghostbassさんでしたか^^; そちらのお名前は見覚えがありました。

鍵さん(01-08 08:39)
はい。仕様かと。
Commented by 児島の仙人 at 2007-01-08 15:16 x
トンコさんのところにもコメントさせていただきましたが、私の当初の転載意図と、現在当該記事を掲載したままにしている理由は、全く別のものです。これを混同されてしまうと、正しい判断ができなくなってしまうおそれがありますので、ご注意下さい。

私の当初の転載意図については、やむを得ず何度か書かせていただいたことがあります。ただ、それは、本来、記事を読んだ読者が、その記事の「内容」から判断すれば良いことで、あえて私がその「意図」について説明する必要はないとの考えでした。
たとえ私の意図がどうであれ、読者はその記事の「内容」によって判断してくれる。そう信じています。
逆に、私が意図を表明することによって発生する「先入観」が、かえってこの記事に対する「意図的な解釈」を生み出し、誤解を招いてしまう危険性の方が大きいという考えは、今でも変わりません。

基本的に「転載記事」というものは、「ありのまま」を読者に見てもらうものだと思います。意図的に一方的な解釈を押し付けようとするなら、そこには「悪意」が発生します。
Commented by えっけん at 2007-01-08 19:55 x
この記事とコメント欄から得られる結論:
転載機能はキケンだから使わないようにしましょう。
Commented by as-o2 at 2007-01-08 20:08
児島の仙人さん
トンコさんのところも拝読しました。。

えっけんさん
簡にして要を得た結論をどうも。
Commented by OYAJI at 2007-01-08 20:45 x
この記事とコメント欄から得られる結論:
「転載機能はキケンだから使わないようにしましょう。」と主張するだけでは
現在進行形のガイドライン違反などの危険性のある「転載の実態」を解決するための
有効な意見提案には全くなっておらす、今ある問題解決には何の寄与もしない。
「転載機能不使用や撤廃」を訴えるのは全く構わないが、
現状の問題解決のための議論も行なわなければ意味はない。
Commented by えっけん at 2007-01-08 21:09 x
少なくとも「自分は使わない」ことで自分に関しては全て解決するね。自分が関わらないトラブルに付いて心配してもしょうがないし。
むしろ、「転載機能不使用や撤廃」を訴える人がその機能を使い続けているのが大問題。
Commented by as-o2 at 2007-01-08 21:20
OYAJIさん
ガイドライン違反…著作権や肖像権からみてもともと問題がある記事は、転載しようがしまいが問題であるわけで。厳密には、転載問題とは切り分けて考えるべきかと思います。

えっけんさん
耳の痛いご指摘です^^;
Commented by OYAJI at 2007-01-08 21:46 x
えっけんさんへ。
私は「自分だけ良けりゃいい」なんて考え方は
とても出来ませんし、トラブルにならないように
自分の判る範囲の事を他の方に伝える事は
有意義なことだと思っています。私は転載機能は
使っても良い機能だと思っていますし、改善の必要が
あると思えば要望を出せばよいと思います。


阿檀さんへ。
厳密には、転載問題とは切り分けて考えるべき時
もあるでしょうし切り離せない場合も多いと思います。
なぜなら、これまでも著作権侵害記事などが多数転載されたからこそ
発生する悪影響が少なからず存在するからです。

Commented by 可笑しき日本 at 2007-01-08 21:58 x
児島さんの所が静まり返っていると思ったらこちらでやって裸子タンですか(失笑

まあ、この問題にはもう興味はないんですが、この記事の本文中に、OYAJIのアバターについて触れている箇所があるので、一言言わせていただきますね。

要は、自分で物を考えられなさそうな若い女の子にウケそうなキティちゃんやのだめカンタービレのアイテムを纏って、訪問者数&ファン数を増やそうという腹なんでしょう?

あと、キティちゃんのアイテムはヤフーが「ピンクリボンキャンペーン」に協賛している証でもあるので、アバターのアイテムや、ブログの背景にピンクリボンのアイテムを使ったIDの数×いくらかわからないが…の金額を、ヤフーが慈善事業に寄付するシステムになっています。

それを利用して、自分が慈善事業家である旨アピールしようってことでしょ。

阿檀さん、あれを見てOYAJIは女性かもと思ったって(爆笑)んなわけないでしょうに…
Commented by えっけん at 2007-01-08 22:11 x
「自分の判る事を」伝える為に、他人のブログのコメント欄で長々と演説するのはいかがなものか、と言うことをいっているんですよ、OYAJIさん。ありゃあただの荒らしと変わらないって。
Commented by 可笑しき日本 at 2007-01-08 22:12 x
ちなみに私もアバターのピンクリボンのアイテムは全部入手しました。しかも男女両方です。アバターは性別も切り替える事ができます。

先程、自分のアバターを男性に切り替え、OYAJIと同じピンクリボンの背景にしておいたので見ておいてください(クリスマス仕様のアイテムなので、水曜日に新着アイテムが入ったらすぐ外します)
Commented by as-o2 at 2007-01-09 01:08
OYAJIさん
OYAJIさんのご主張は理解していますが、私はとても頑固者でして、同じことを繰り返していただいても、たぶん意見は変わらないと思います。

えっけんさん
連コメへの抵抗感は、“文化”もある気がしてきました。
私は《eXcite》育ちなので、《Y!》でも2本以上コメントを入れるのが抵抗があって、文字数をツメてしまいます……。
長さ制限のない《FC2》でも、《eXcite》の1コメ(半角換算1024文字)を越えるくらいの長さになると、「コメントとしては長すぎるかなぁ」と迷いが出始めます^^;

可笑しき日本さん
寄付システムのことは存じませんでした、ありがとうございます。
>性別も切り替える事ができます
アバター拝見しました。男性アバターも使えたりするのですね。
Commented by 滝川クリスタル at 2007-01-09 21:19 x
こんばんは。やはり仙人さんの行為につきましては「気持ちはわかるが、ちょっとやり方が・・」なんです。今でも。そしてそれを凌駕する出来事が起きてしまった。
それはいつも暴力をふるう大人に子供が勇気を持ってパンチをしたら、逆上して本気で思い切り殴ったような卑怯さを感じました。「原因」があるのなら何をしても許されるのであれば、それはフセインの処刑にも通じるナショナリズムではと。
話が脱線しましたのでこれにて失礼いたします。
Commented by jemini-web at 2007-01-10 00:11
すみません、外野から野次を飛ばさせて頂きます。

一閲覧者の視点から見て、やっぱりコレ(ショットバーの写真の転載)は良くありません。
写真というモノは「自分の姿の投影」であって、見る人にも強いインパクトを与えます。いくら自らが過去に掲載した写真であっても、人様に勝手に使われるのは抵抗があると考えるのが当然ですし、法的、規約的に問題が無くとも配慮すべきものだと思います。
今回の転載は「挑発行為とみなされる」事を意識してしたものと私なら判断しますし、仮にそう取られると思わなかったのなら、思慮不足ではないでしょうか。
確かに、それに対する転載元さんの差し替えた画像も品位を欠き思慮のあるものとは思えませんが(冷静な判断をするなら一旦元の画像を取り下げ、抗議のコメントを入れるべきだった)、2006年のワールドカップでも、マテラッツィが品のない挑発をしなければジダンも頭突きなんて乱暴な行為には出なかったはずです。

私は、共に反省を促されるべきだと思います。
Commented by jemini-web at 2007-01-10 00:25
一方で、感情の問題を表面に出すなら、大元となった転載問題にも眉をひそめざるを得ません。
いくつかこちらで論争の的となっている方の転載例を見せて頂きましたが、これは非常に良くない。

例えばいくら歴史上の有名人が書いたラブレターが心を打つ物だったとして、自分の恋人にその丸写しを渡す人はいるでしょうか?
知りたいのは、書き手の心です。
他人の文章の丸写しに何が見えるのでしょうか?
ただ他人の言葉を写すだけなんて、写経と同じ。
写経は自分の心を高めるためにあるものであって、他人に見せてどうこうするものではありません。
そんな物をブログに載せて、さも善意であるように自己満足するのは読み手に対して失礼極まりない事だと思います。

> ネットの向こう側にいるのが「感情を持った生身の人間だ」と
> いうことを、全く理解できない人とは、コミュニケーションは
> 不可能です。
という言葉は、こういう「丸ごと転載」という行為にも言えると私には思えてなりません。

(まあ、「これはメタブログだ!」と主張されるのであれば、メタブログに感情なんて要りませんから私は構わないと思いますが)
Commented by as-o2 at 2007-01-10 13:23
滝川さんいらっしゃいませ
>「原因」があるのなら何をしても許されるのであれば
比喩であることは判るのですが、過剰な比喩は理解を促進するより歪めてしまう気がいたします。

私はモノカキですので。自分が記した言葉には責任を持ちたいと思いますが、その分、他の方がお書きになった言葉にも責任を問う癖があるようです。初心者ヘルプもやる人間として、初心者ヘルプをなさる方には他の人より一回り上の「設定の責任」も、感じるのかもしれません。

「気持ち」だけでは「それは感情論といいませんか」と返してしまう。たぶん、とても冷酷な人間なのです。


ぢぇみにさん
>他人の文章の丸写しに何が見えるのでしょうか?
《Y!》ブログは《eXcite》ブログに比べてかなぁり重いンで。「リンクで記事作成元を開き直させると遅いから」が回答かな?と思っていたんですが>転載ばやり 自分で《Y!》ブログを開設してみると、けっこうちゃんと開きまして^^; やっぱり転載機能はいらんのでないかと思いました^^;

こんなの書きました↓Yahoo!Japan法務部へのメール
http://blogs.yahoo.co.jp/adankadan/2251490.html
>『《Yahoo!ブログ》転送機能』撤廃
Commented at 2007-01-10 13:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-01-10 13:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2007-01-10 18:29
鍵さま、どうもです。……私自身が同類項だという自覚はあるのですが^^;