私の気持ちは変わっていない。

「Yahoo転載機能」関連
2006/11/14時点、私は、『転載機能』論争に加わるつもりはなく。ブログ初心者に「W3Cを語る是非」について、某氏の胸を借りて、「楽しい議論」に興じていた。そのころに書いたもの。

ところで、こんな「コピペ」があるらしい。「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」 死にまで追いつめられた子供の心の氷を溶かすとしたら、それは大人の「ガンバレ」よりも、同じイジメられた子供の「(いっしょに)ガンバロウ」なんじゃないかと思う。だから、……誰かと繋がろうとする子供の目の前で、そのドアを閉めないでいたいんだ。

雑多箱(自己引用)

ブログの力を信じないのではなくて、大人の力を信じないのでもなくて。子供たちの力を、子供たち自身が紡ぐ言葉の力を、より、強く、信じたい。

あら。数行www 親でも教師でもないワタシが、いま、責任もって言えることは、これで、全部ですww



↓ちょっとは関係??
『子供たちを責めないで』
『フェーズが3つある気がするんだ』
[PR]
Commented by OYAJI at 2006-12-06 03:19 x
私はあの記事にリンクしてある
「善意呼びかけ転載記事の私の心情」という記事で
まさしく同じことを訴えているのですが・・・
Commented by as-o2 at 2006-12-06 04:11
http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/41922580.html ですね。拝読いたしました。私には同じには見えませんでしたが。その理由をご説明するとhttp://aso2.exblog.jp/4772862
『「今回の「あなたの善意の転載で」…を転載推奨にしたOYAJI氏の責任」は私はあまり触れない』
という私の今回の参戦ポリシーに抵触しますので、控えさせていただきます。