とわ氏への私信、OYAJI氏への私信

「Yahoo転載機能」関連
ごちゃごちゃになりそうだったので、記事を分けました。なお、阿檀めの呼び方は、麻生でも阿檀でもAdanKadanでもas-o2でも、あーさんでも全然かまいません。ただ、コヤツは(精神年齢は不足していますが)リアル年齢はわりあいに長く生きているため、「あーさん」を採用なさる方は(ブログユーザーの中では)比較的実年齢が高い方であることが多いようですww

OYAJI氏への私信


再度トラックバックいただきましたことを感謝いたします。
他のエントリー記事や、トラックバック先での議論されているご様子などをある程度、拝見
ありがとうございます orz ←微妙にめげているらしい。

実はですね……、私は、いくつかのサイトとブログを平行して運営しています。ここが一応メインブログではありますが、内容的には「雑題ブログ」でして。私の「WEBでの本性」は、「アマチュア小説書き」です。
ここの記事は、日記や雑談、WEB技術関係などですが、自分が書いたもののなかで一番大切にしているのは「小説」で(これはブログではなくサイトに置いています)、だからこそ、「転載」や、それにともなって起きやすい「作者詐称」(盗作)に過敏にもなりがちです。
……つまり、このブログを読んでいただいても、阿檀の「想いのコア」は、あまり解りません(ごめんなさい)

転載機能の持つスピードと宣伝性はしっかりとご認識されていることと思います。
OYAJI氏がその観点から転載という手段を選択なさったことは理解しています。
ただし、私自身がそれを認めるかどうかは、微妙です。

私は、自分をモノカキという生き物に分類しています。小説も書くし、ソフト紹介やテンプレート紹介も書きます。
転載の宣伝性を認めるということは、自分の言葉をつけくわえず、他人の記事をそっくりそのまま移植したほうが、宣伝性が上、「読み手の心に届く」と認めること。
モノカキというチッポケな生き物の存在意義raison d'etreが、ずきずきと痛むおっしゃりよう(爆笑)

しかも。どうも、いただいたトラバが、「もっと大きなところが書いてないのにボクが書いてどうなるの?」と読めてしかたないのですが。わたくしの読み間違えですよね?きっと。だって、もし万一それがOYAJI氏からのご回答なのであれば、私がお返しできるレスは、
「そんならブロガーやめちまえ」
にしかならn……(ry(大笑))

どんな小さな力でも「無(ゼロ)」とはいわないのがブロガー魂。
あんまり、はじゅかしいから、小さく言ってみた。


スピード、については。。。。転載がリンクに比べて「とても手軽」だから、転載のほうが広がりやすい、ということですよね。
じつは、この数日、OYAJI氏のYahooブログ記事をあちこち拝見するのに、表示の遅さにはイライラしっぱなしで。「今日だけかな」「今だけかな」と漠然と思っておったのですね。ところが。
「おそおそランキング」(ここ数ヶ月更新されてませんが)を見てみたら、《Y!ブログ》は首位(最遅)、《eXcite》は最速。

今だけ遅いんじゃない。《Y!ブログ》は、ずっと遅いんだ。《eXcite》とは全然違うんだ。
それじゃあ、たしかに、リンクと言及は、他ブログでやるよりずっと不便です。

だからといって、「《Y!ブログ》がノロマブログだから転載でシカタナイ」、とは思いません。

「《Y!ブログ》の転載機能の使用がどうの」ではなく、「《Y!ブログ》やめて、まっとうに動くブログサーバーを使ってごらんなさいまし」が私の結論
 :
 :
 :
にしようかと思ったのですがww

それもあまりにムナシイので。(《eXcite》にも「なりすまし防止コメント」が存在するため、《Y!ブログ》の「なりすまし防止コメント」の価値…それがブロガーの交流を支える作用を果たすんだ、とか…もわかっているつもりです)

稿を別にたてて「サブサイトをもつ」(OYAJI氏が有料サイトを選択なさったことは存じておりますが、操作が簡単な無料サイトもあります)ことを提案させていただくつもりです。少々お時間くださいませ。

とわ氏への私信


トラックバックありがとうございます。また前稿で「【転載機能】との正しい付き合い方~あなたの記事も立派な著作です~」へリンクしたつもりだった部分がタグミスで繋がっておりませんでした。お詫びしたします。
私の小さい頃、わが家にはペティナイフなんてハイソなものはありませんでした。
母親は小さい私に、大人が使う普通の包丁を持たせて料理を習わせました。(中略)手元から落として足を切ったこともあります。
しかし私の母親は怪我をしたからといって「持たせることを止めて」しまったわけではありません。
「こんな持ち方じゃなくて、こうだよ」と、きつく注意をされましたが。
怪我をしてこそ痛みがわかり、その危険度を実感することができたと私は思っています。
現在、OYAJI氏があちこちのブログで叩かれ、勢い余って《Y!ブロガー》全体までノノシリ芸の対象に巻き込まれている状況(とても全部リンクしきる根性も勇気もwありませんが)こそが、「危ないナイフを扱いそびれた怪我」にも見えてしまっています(汗) 誰かが怪我をした今だからこそ、“もっと安全で扱いやすい道具”を持っている人間は、「こっちのほうがいいよ」と宣伝しますし、危ない道具を作ってWEB上に放置している《Y!ブログ》スタッフに対して「もっと真っ当に設計しろ、管理しろ」というわけです(笑)
どういった意図で私の記事から「あの部分」を引用されたのか、
が少し判らなかったので質問させてください。
私が引用されたような考え方を記事に記しているのに、転載機能に肯定的だということが「解せない」と仰りたいのでしょか。もしくは矛盾を感じていると訴えたいのでしょうか。
『深層心理』という別項目を立てたとおり、この問題の根本にはとても原初的な感覚(こわい/ぶきみ)が横たわっているのではないかと疑っています。『「言葉」を読むということ、「言葉」を発するということ。 』で、「この方は自分と“感覚”が近いな」と感じた方が、『【転載機能】との正しい付き合い方~あなたの記事も立派な著作です~ 』で「転載」の危険性を十分に承知なさりながら、なお「(少なくとも《Y!ブログ》側のシステム改訂がなされるまでは)危ないから使うな」という論調にはなっていないことが不思議だったからです。

── ということにさせておいてください。

OYAJI氏への論争に、かなり遅れて加わるにあたって、えっけん氏sugar氏のような名だたる論客ブロガーのいる側へ、「尻馬に乗った」格好になっていることに、内心忸怩たるものがあって、一番理論的にシャープな展開をしてくださりそうな方に敵方増援を要請してみた、なんてことは、口が裂けても言えるわけがありません。ミ`。´彡キッパリ
[PR]
by as-o2 | 2006-12-02 17:55 | ひとサマのブログ | Comments(5)
Commented at 2006-12-03 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2006-12-03 23:57
鍵さま
じゃあ、そのころまで、ひっぱっておk(ry
冗談です。終わったらとにかく、のんびりなさいませ^^
Commented by とわ at 2006-12-04 18:57 x
返信記事ありがとうございました。伺うのが大変遅くなってしまって申し訳ありません。
それから転載問題の記事へのトラックバックしていただいた記事も拝読させていただきました。
私の記事が用いられた意図、阿檀さんが仰りたいことは判ったように思います。
私は『危険だから使うな』と思うこともないわけではありません。ですが、存在している機能ですから。何とか有効利用はできないものか、生かせる道はないだろうかと考えているわけです。メリットを期待してせっかくY!ブログ側が開発して設置したものだから何らかの存在価値を見出そうとしているのかもしれません。未だにベータ版だからと逃げ腰ではありますが、少しずつではありますがユーザーの声を取り入れてくれている部分もあります。
『もっと真っ当に設計しろ、管理しろ』と仰る気持ちは非常に理解できますが、それをユーザーに言ったところで・・・。(と言ってしまっては元も子もないでしょうか)
Commented by とわ at 2006-12-04 18:59 x
別に私は自分が『理論的にシャープな展開』をするとも思えませんが、OYAJIさんが今回の転載記事であちらこちらから批判を受けたのは「転載機能が危険だから」といった理由だけだとは思えませんし、もし他の方が同じような記事を同じように呼びかけていたら。
同じように多方面から非難されることがあっただろうかと、私は疑問に思いながら見ていました。なんていうことは単なる呟きです。
Commented by as-o2 at 2006-12-04 19:55
とわさん、ご来訪ありがとうございます。
>それをユーザーに言ったところで・・・。
http://aso2.exblog.jp/4772862/
にも書いたとおり、私自身が「それ」が書ける段階に達しましたら、《Y!ブログ》宛にメールを打つつもりですので、ユーザーにそれを申し上げる意図ではないのです。

>「転載機能が危険だから」といった理由だけだとは思えません
「深層心理」に書いたとおり、「転載が危険」より先に、あのコピーの大群に「ぞくりとした」というのが私個人の「第一印象」でした。その後から転載機能についていろいろ調べたり、他の方がお書きになったものを読んだりしているうちに、
http://aso2.exblog.jp/4768724/
にも書いたとおり、「一番問うべきは《Y!ブログ》の(システム)センス」という切り口を別所で読んで初めて、“参戦”(笑)してきたわけです。

この件まで、私はOYAJI氏を全く存知あげませんでした。私自身も現在《eXcite》初心者掲示板で回答したりする身として、別の出会い方をしたかったという気持ちはあります。

とわさんを無理やりお呼び立てする意図はありませんので、お手すきのときに、まったり見守っていただければと思います^^