ヤフブロの常識は、日本の非常識

「Yahoo転載機能」関連

包丁は腕の立つ料理人が使えば、素晴らしい道具になるが
人を殺そうとする殺人犯が使えば、極悪な凶器となる。

OYAJI氏『楽しむYahoo!ブログの作り方♪』
「もう一度、転載について(6)Adan Kadan氏への返信【1】」より

では、私もOYAJI氏にならって例え話で。
母が、幼い私に始めて使わせてくれた包丁は、小ぶりのペティナイフでした。手が小さくて力の弱い子供に、足の上に落としただけでざくりと切れてしまう出刃包丁をいきなり渡すのは危険だから、だと思います。初心者さん/入門段階の人が使う道具は、違っていいし、違うべきではないでしょうか。

転載は危ない

上で私は、「転載機能」を「危険な出刃包丁」に例えました。「初心者に転載を奨めること」がなぜ「危険」かというと、(sugar氏もさらっと触れていらしたことですが)著作権法の「引用」の範囲に関係します。

OYAJI氏ご自身、「ヤフーは法律を上回る!?」で、著作権法の「引用」概念と、「転載機能」について、どこまで同じでどこから違うか、ずいぶんお悩みになった模様。法律で許されている「無断でできる引用」の条件を、wikipediaから引用^^
  • 文章の中で著作物を引用する必然性があり、引用先が自分の作成した文章であること。つまり、引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
  • 質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係にあること。
  • 本文と引用部分が明らかに区別できること。例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』
  • 引用元が公表された著作物であること。
  • 出所を明示すること。(著作権法第四十八条)

wikipedia、引用

どうみても「全文転載」「コメントなし」は、この条件に合致しません。ところが、Yahooブログの場合、「転載不可」という選択肢があります。このため、無断で転載機能を使用しても、
「転載されたくなかったら、転載不可に指定しておけばよかったじゃないか」
ヘルプに書いてあるんだし。ヤフブロの常識でしょ」
と主張することができてしまう。「転載してもいい」と「明示」的に書いてなくても、転載不可に指定していないことが、転載OKの意志表示と解釈されうる。法律っぽくいうと「黙示の許諾」ってヤツですね。この点においては、ヤフブロの常識は、日本の非常識。初心者さんが、「Yahooブログで転載ができるんだから……」と他ブログの文章を全文無断引用すると、テキメン、著作権法違反。他のブログサービスでは「黙示の許諾」は通用しないのですから。

えっけんさんちに数日お邪魔してなかった間に、こんなコメントが。(えっけんさんへの私信:コメント欄で啼いておった無礼者です、本日は《eXcite》から失礼いたします)

OYAJIさんはYahoo内では影響力をお持ちのようだし、転載機能の危険性を訴えるのであれば、Yahooサイドで機能の改善が見られるまで「転載機能は使わないようにしましょう」と主張する方が筋が通ると思います。

『ekken♂』「Yahoo!ブログの転載元を追ってみた」コメント欄より

はい、これは判りやすいですね。私も、OYAJI氏にはご自分のブログの読者である初心者さんに、
「キーボードの使えない子供etcならともかく、うちの記事をきちんと読んでくれるくらいの大人のユーザーは、“正しい引用”とリンクで、日本の常識に通用するブログを作ってほしい」
と言っていただきたい。手の小さい子供に、「出刃包丁は使わないほうがいい、ペティナイフから始めよう」と言うのと同じことで。

ここまでは、「他人の記事を転載する」話。

もう一つは、「自記事転載の推奨」。そもそも最初に問題となったのは、OYAJI氏が
「私の記事を転載してほしい」
とお書きになり、数百の「デッドコピー」がYahooブログに出回ったこと。でしたよね?

スピードを重んじた、スピードが子供の命を救う可能性に賭けたから、簡便な転載という手段を選んだ、とOYAJI氏はあちこちで書いていらっしゃいます。私個人は、別稿に書いたとおり、コピーの大群に子供の命を救う力があるかどうかは大いに疑問に思ってはおりますが、OYAJI氏の意図は理解しました。

理解したうえで、前稿に続きもう1度書かせていただきます。転載を依頼し、その結果生まれた数百の転載記事を追うことに、どれだけの時間をお使いになったのか、わかっていらっしゃるのは、OYAJI氏なのです。
「これだけのケアができないのであれば、自記事の転載推奨はしてはいけない」
と今こそおっしゃるべきじゃないでしょうか?

転載は恥ずかしい

私自身は、転載機能そのものに対して全否定はしません。Yahooにはどうも非公開書庫というのがあるようですから、そこに他ブログ記事をコピーしておく需要はあるでしょう。役に立つ情報を満載したブログが、突然閉鎖になる、あるいは非公開になる、そんな経験は私もしてきましたから。
また、キーボードでの発信が難しい方のための、WEB参加のツールとしても用途があるだろうと思ったことは、前稿に書きました。
けれど、自分の言葉を自分で発信できる人が、転載という安直な機能に頼ることは、私から見れば「恥ずかしいこと」であるように思います。車椅子の方がエスカレータのない駅の階段を駅員数人がかりで車椅子ごと運んでもらうのは仕方ないですが、大の大人が抱いて運ばれるのは「恥ずかしい」のではありませんか? そんな例えを持ち出してみたくなります。

転載はややこしい

OYAJI氏の文章からの引用になりますが。

この機能を使う時には十二分に注意して利用 しないと、皆様自身が予期せぬトラブルに巻き込まれたり、ユーザー間摩擦につながる紛争に巻き込まれる可能性がある

だったら、最初から「リンク」をはり、「引用」をし、自分の言葉を書き添えたほうが、かえって楽ではないですか?

転載はつまらない

関連記事数点を拝読し、Yahooブロガー、とわ氏の記事に出会いました。この方ご自身は、転載機能には肯定的なのですが、別の記事でこんなことも書いていらっしゃいます。

「ブログは言葉の発信基地」
私がよく口にすることですが。
楽しい記事でのおしゃべりもしかり、真面目な意見交換の記事でのやりとりしかり。
記事は、「書き手」からの「発信」。
コメントは、その記事を「発信」している人との言葉のキャッチボール。
そこにコミニュケーションが生まれていく。
そう思います。

『とわ日記』「「言葉」を読むということ、「言葉」を発するということ。」

私も「言葉遣い師」などという単語を玩びたがる者として、とわ氏のこの記事には、すんなりと共感できます。けれど、「転載機能」は(すくなくとも今のところ)他人の記事が、自分の記事とかなり区別のつきにくい形で、自ブログの上に並ぶ機能なのでしょう? ご自分のブログスペースは、「ご自分がいま何を考えているか」(あるいは絵や写真など「何を作っているか」)のために用意なさったものではないでしょうか。他人の文章(あるいは画像)の陳列台に使うなんて、ずいぶんツマラナイ気がします。このあたりが、「Yahooブログの外の人間」には、わからないことなのかもしれません。

いただいたトラックバックへのお詫び等

ここから、いただいたTBへの直接のお返事。とにもかくにもTBいただいたことに感謝を。うちのコメント欄にOYAJI氏のご意見をいくらいただいてもYahooの読者の方の目には触れないですからね。

私は批判嫌いではありません。

これは、失礼をしました。限られた時間のなかで、大量の記事をすべて読むことはできておりません。
「批判の効用は何?」の文字面だけを捉えすぎて行動そのものからの判断が抜けていたことは、認めます。お詫びをいたします。
私の「批判」が「批判とは」で引用された「批判は理性的に行うもの」の範疇に収まっているとよいのですが。

その引用部分の文章を「なぜ書く必要があったか?」との意図も知らないまま、周辺調査もせずに、その引用文の下に 『私がもっと主張したい事』 が、太字で書いてあったにも関わらずに、その部分を切り取って引用されてしまうのは、実は2度目であり、非常に遺憾に思いました。

こちらの引用の件については、お詫びいたしません。インターネットは言葉の世界。まして議論の最中であれば、「引用されて遺憾に思」うようなことはお書きにならぬが吉というもの。

なお、「そんなに言うなら阿檀めがYahooブログに来て活動するように」というお誘いはご無用に願います^^ このTBが「外」から届いて、Yahooブログのユーザーのお目に触れることこそが、この稿の目的なのですから。

議論の本題とまったく関係ない件

2006/11/30(木) 午前 3:48
何時に起きる生活をなさってる方かまったくわかりませんが。
万一無理を押して書いていただいているなら、返信を急いでいただく必要は皆無ですので^^


お読みいただいたYahooブログユーザー諸氏へ

長文を最後までお読みいただいたYahooユーザーの方、もしいらっしゃいましたら、お礼を申し上げます。
ご自分のブログで転載機能をお使いになるかどうかは、ご自身がお決めになること。
拙稿がその決定に少しでも影響することができたなら、嬉しく存じます。
ご感想ありましたら、ここへのコメント(半角1024文字まで)でも、TBでもいただけたら、幸い。ただ、現在《eXcite》ブログは大変にトラバスパムが多いため、当ブログでは文中にリンクがないとTBを受けつけない設定になっております。「wiki文法」
[http://aso2.exblog.jp/4770887/ AdanKadanBlog]
と記事中どこかに入れていただければ、TBが通るのではないかと。

tag:井戸端指定

追記12/3
こにさんがブログでおっしゃっていることが一脈通じるので追加TB
ヤフブロ初心者が転載したってかまわないんだ!という価値観のまま、ヤフブロの外の世界に飛び出したときに、「俺のサイトをパクルな!直リンするな!著作権違反だ!バカヤロー!!!」というトラブルであちこちに叩かれる可能性がある

[PR]
by as-o2 | 2006-11-30 12:59 | ひとサマのブログ | Comments(12)
Commented at 2006-12-01 02:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-12-01 02:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2006-12-01 03:45
鍵さま
はい、あいかわらず派手好きでして。。。
そちらさまも、あいかわらず大変そう。今後の進展によっては引用させていただくこともあるかもしれません^^
Commented by とわ at 2006-12-01 20:05 x
コメントとトラックバックをありがとうございました。
記事拝見させていただいた感想として、ひとつ記事を綴りましたのでトラックバックいたします。
Commented by as-o2 at 2006-12-02 18:24
ありがとうございます。昨夜のうちにレスをお返ししたかったのですが、けっこう長文になりまして、いまなお(非公開で)準備中です。もうちょっとしたら、再度トラバさしあげる予定です。
Commented by こに at 2006-12-03 21:39 x
トラックバックありがとうございます。私の拙い文章がまさかこちらで引用いただけるとは思ってもみませんでした。嬉しかったです。こちらの記事は以前読んだことがありまして、その時非常に納得しました。

転載することが必ずしも一般的ではない以上、ヤフブロ内とはいえ、利用することを推奨するのはヤフブロ外での無用なトラブルを誘引しやすくなりますからやめた方が良いと私は思います。
とはいえ、機能がついていれば使ってしまう人がいるのは仕方のないこと。何故ヤフブロがあんな機能をつけたのか非常に疑問に思います。
Commented by as-o2 at 2006-12-03 22:07
こにさんいらっしゃいませ。こにさんのブログは今回初めて拝見したんですが、切れ味鋭いですね^^実は「はてな」がイマイチ苦手なのですが(あの文中リンクに慣れなくて)、それも気にならないくらい興味深く読ませていただきました。
Commented by OYAJI at 2006-12-08 03:46 x
「引用方法の正しい手法」を広めていく事については
私も積極的に取り組んで行くつもりなのですが、
その上で「転載は使わない」という事をも
勧めて欲しいという事ですよね?
で、それだけで「満足」なのでしょうか?
今現在でも(違法・合法含めて)多数の素材系記事の転載が
量産されている事には目をつぶり、たとえば合法的な素材を
「転載して下さい」と勧めている、かなり影響度の高い
ランキングブログの存在はそのままにして、一部のごくわずかな
人達だけが、転載を不可にする運動をやっていて
果たしてどれだけの効果があるのでしょうか?
そこが最大の疑問であり、「焼け石に水」だと私は思うのです。
だからこそ、転載機能を使いつつ問題の起こらない転載方法や
記事への配慮の仕方を薦めた方が効果が上がるという
考え方から脱却出来ないでいるのですが、間違ってますか?
Commented by as-o2 at 2006-12-08 12:11
ランカーさんにはTB(済)、「サブサイトを作る」提案ブログを作成(済)、Yahooには投書の予定です。OYAJIさんに"も"「私が希望する」内容をお伝えしました。上記4つの行動に、矛盾はないと自分では思っています。

私の希望に沿った記事をお書きになるかはOYAJIさんのご自由です。
ただ、注目をお集めになった以上、あまり無茶を書かれれば、再度の批判はあるでしょう。


話題が変わりますが、お願いを一つ。
sugarさんの『格差を許さぬブログというもの…』を読んでみていただけませんか?
http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/blog-entry-208.html

「他ブログに晒された」という受け止め方をなさりがちらしいOYAJIさんへの回答……ネットに書く以上、それなりの"覚悟"をする必要がある……にもなりましょうし、一人のブロガーさんの呼びかけが他の方の記事の書き方を変えていく「手ごたえ」を描いたものでもあります。

ただ、sugarさんは(たぶんいまはPC不調)コメントをいれてもレスはないと思います。
これについて議論をなさりたくなったら、自ブログにお上げになるなり、ここへ来ていただければ不肖お相手をいたします。
Commented by OYAJI at 2006-12-09 00:08 x
ありがとうございます
私も上記4つの行動そのものについては
『矛盾は無い』と思っています
ただ、先日投稿した http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/42755486.html
の記事のような『現状認識観』がちょっと違うかな?
という気はしていますが
sugarさんの記事は読ませて頂きました。どうもです。
とてもよく「解る」のですけど、立ち位置が違うというか
「防御」は大事なのですが
私の求めているのは言ってみれば「風紀」です。
「悪用してしまう側へのアプローチ」です。
批判や争いごとの少ないネット社会
批判思考じゃなく肯定思考による相手を思って重んじて
行動する規範をこれからも益々増える
初心者の増大を考えてもっと考えていかなければ、
従来の「批判は当然(必要悪)」のような考え方を
ちょっと方向転換しないとという考え方は
無謀すぎる試みなのでしょうかね。
Commented by OYAJI at 2006-12-09 00:08 x
未だに「受け止め方をなさりがちらしい」と『私に』向けて
書かれてしまう事がとても残念なのですが
私はどう思われてもいいのですが、あくまでも私の目線は、
これから増えていく初心者さん達に向けられています。
ネットリテラシーの向上を目指すのは
大変素晴らしい事だとは思いますが
5年後・10年後の対初心者比率って
今とは比較にならない程に大きいと思うがゆえに、
これまでのネットの在り方を見直す必要を感じているのですが。。
Commented by as-o2 at 2006-12-09 01:08
マナー、風紀という言葉は、ある意味で耳に快いのですが、その背景には「同じ価値観」があります。
たしかに、今後、初心者は増えるでしょう。それと同時に、残念ながら価値観の落差も、大きくなることはあっても、小さくなることはないでしょう。

違う価値観の人と上手くやること……が、キレイすぎるとおっしゃるようなら、違う価値観の人々から身を守るという意味での「防御」も、(時間的に)先に走り出した者が考え、編み出し、伝えなければならないのではないではないかと思っております。

ただ、これに対するお答えは、今は求めません。この論争に加わった者がこんなことを考えているというメモとして書き記させていただきました。