たとえばそれは、入り組んだ作りの、ホテルのようであるかもしれない。

たとえばそれは、入り組んだ作りの、ホテルのようであるかもしれない。

けれど、入り口には、身ぎれいなコンシェルジュがいて、客を出迎える。



「以前いらしていただいたお客様ですか?」
「同じお部屋をご所望ですか? それとも、似た雰囲気の、別のお部屋にご案内しましょうか?」
「当ホテル自慢のシェフが取りしきります、メインダイニングは、あちらに」
「パティシエが腕を振るったスイーツを用意したティールームでしたら、そちらに」

客の腕を取り引きずりまわすのではなく。指先へ指先を軽く預かるように、さりげなく。


凛としたコンシェルジュもいい。
朴訥なコンシェルジュもいい。
「あのホテルには、イケ面のコンシェルジュがいるよ」そういうことだって、それでいい。



ブログというホテル、テンプレートというコンシェルジュ。
私にとっては、そういうものでした。



Adan Kadan Blog
「サイトはWEBスペースを飛ぶための翼」と某所で切ったタンカをメタファしてくれるものとして、惚れこんだClipArtを左上に。たまたまClipArtがぴったり嵌め込める公式テンプレがあったので、流用。eXiteの公式テンプレートは読みやすさ優先のものがおおいので、他はほとんど変更していなかったはず。

『ブログで小説!』
自作テンプレートを共有化登録したので、しばらくは自作を使ってはみたのだが。
もともと“odin”試用ブログとして開始した初心を貫くことにし、“odin”をわずかに改造したものを使用。
いまだFireFox対応ができていないのは、申し訳なく m(_ _)m

AmebaBlog
半停止状態ww 
テンプレートは、白背景が眩しくてツライというAiさん、黒背景が読みづらいというMfさんDsさんに愛wをこめて、閲覧者が背景色を選択できる、“StyleChanger”。システムボロボロのAmebaBlogだけど、字の大きさや背景が変更可能(でもってCookieに保存してくれる)テンプレートを公式に採用したことは、バリアフリーの観点からも評価したい。



大変遅まきながら、sugarさんの『【私設トラックバックテーマ】なぜ、そのテンプレートなのか?』へトラバ。
ひそかに、某所「(ミは勿論ですが)ガワも大切だ ってことでしょうか」へのレスだったりも^^
[PR]
Commented at 2006-06-05 17:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by as-o2 at 2006-06-05 18:04
鍵さま。はっはっはっ。ぐぐったらかかったので、疑いなく使ってました。
……こちらだけ直します。