『たてがき君』!

わやさんのブログ、『◆ 若干廃墟 ◆』で、「たてがき君」というスクリプトの紹介を拝読。

 正直、そう期待しないで見にいく(こら)

 最初に見たのは、『変身の術』と名づけられたページ。
 ソースを見て溜息。「やっぱりか」






 少々例文を書いて見よう。
 「変身の術」では、用意されたテキストエリアに文章を横書きに入力し、変換ボタンを押すと、「みかけは」縦書きに表示されるHTMLを出力してくれる。
 だが、ソースを見て、そして考えてみてほしい。視覚障碍者向けの読み上げブラウザでこれを読んだら何が起こるかを。

(以下変換後)



  だ の え   H ┐ 入 テ    
  ら 読 て だ T み 力 キ ┐ 少
  何 み み が M か し ス 変 々
  が 上 て ` L け ` ト 身 例
  起 げ ほ ソ を は 変 エ の 文
  こ ブ し | 出 └ 換 リ 術 を
  る ラ い ス 力 縦 ボ ア └ 書
  か ウ ゜ を し 書 タ に で い
  を ザ 視 見 て き ン 文 は て
  ゜ で 覚 て く に を 章 ` 見
    こ 障 ` れ 表 押 を 用 よ
    れ 碍 そ る 示 す 横 意 う
    を 者 し ゜ さ と 書 さ ゜
    読 向 て   れ ` き れ  
    ん け 考   る   に た  
                     



  ところが、である。
 「分身の術」と名づけられた別タイプ(javascriptを設置するタイプのようだ)は多少表示に時間がかかるとはいえ、ソースに乱れはない。しかも先日来、小説仲間と議論している「スクロールバーで表示画面を動かすと、字が動いていくから目が疲れるよね」という問題をきれいにクリアしている。これは、面白い!

 今日はこんな時間か。。。とりあえず来週末は『AdanKadan』に紹介ページを作って……。て。ブログはどうしたよw>自分
[PR]
Commented by わや at 2006-06-05 02:41 x
今日使ってみるまで勘違いしてたのですが、ソフトそのものがスクリプトだったんですね~。

ソフトそのものに関しては、検索の途中でソフト利用者の紹介記事を読み、やっとたどり着いた次第です。
新潮社の携帯向けサービスで名前を見るまでは、正直、あまり期待はしてませんでしたが…。(苦笑

実際に使う場合の問題点などは、やはり利用者の方でないとわからない部分が多いですね。
(門外漢の私がソフトの解説を見ても、チンプンカンプンの用語アリで…^^;)

Web小説の書き手の方々の、何か助けになれてたら幸いです。
Commented by 麻生(阿檀) at 2006-06-05 12:19 x
わやさん、感謝です。とても興味深いスクリプトです。

あそこからリンクしてあった、
http://www.hirax.net/dekirukana2/barcode2/index.html
も面白かった。漢字は横線が多いから縦に読む。アルファベットは縦線が多いから横に読む。なんか納得できました。

という私は、学名まじりの論文に慣れているので、横書きほとんど抵抗ないんですけど(汗