過則勿憚改

(あやまちてはすなはちあらたむるにはばかることなかれ)→関連記事

 ここ1月半ほど、《FC2》で作成したブログ、『ブログで小説!』と、《FC2》用小説テンプレートにかなりの時間をつっこんできまして。ほんの数日前、《FC2》よりも、《マイぷれす》のほうが、小説に向いていることを知った。





  ::

 《マイぷれす》で、ユーザーによって、小説専用テンプレが開発されていることは、知ってはいたし、ちらとは見ていた。けれど「評価しきれていなかった」。

 言い訳、というより、ヒドすぎる理由を、自ら晒している気がしてならないのだが。

 理由の一つは、ごくごく個人的なものだ。《マイぷれす》は、勤務先のウェブフィルターにひかかって、昼休みや仕事の合間に覗くとができなかったンである。

 ウェブフィルターにひっかかるということは、アダルト系コンテンツということだ。それも、「アトマワシな気分」に拍車をかけた。

 もう一つは、失礼な言い方になるが、規模的にマイナーなブログであるということ。
 《FC2》ほどの規模になれば、これまた失礼だが、母体企業に何かあっても、どこか引き取り手が現れるだろう。だが、《マイぷれす》だと、どうだろう?という気持ちがあった。
 私自身、とあるサーバー上にサイトを構築し、母体企業に「撤退」されたことがある。期限日から自分が構築したサイトにアクセスできなくなる、と、言い渡されたのだ。HTMLサイトだったから、ファイルのダウンロードは苦もなかったが、こまごまと指定していたリンクの貼りなおしから、URLの再出発まで、かなりウラ悲しい作業だった。その気分を思い返すと、つい、寄らば大樹の影という発想になった。

 そして、私自身の「評価能力」の問題。
 《FC2》で、ささやかながらテンプレを組んでみて、
「あ、こんなことが"できない"んだ」
という実感を得た。そのあと、マイプレスを再度みて初めて、
「え!こっちでは、できるの?」
と、「驚くことができた」のである。

  ::

 関係情報の検索をかけまくって知ったのは、《マイぷれす》ではブログ管理者サイドが「小説ブログ」というコンセプトに興味をもち、新しい変数を追加するような協力体制を敷いていること。上にあげた「個別記事の紹介文」をいう変数がそれらしい。これを目次に表示することで、ずいぶん「小説サイトらしい」雰囲気を出すことができていると思う(ただし、この変数は「小説ブログ」以外でも歓迎だろう)

 それから、懸念材料の一つだったアダルトの問題。
 たしかに、一時期はアダルトカテゴリがあったらしい。それを「削除」という荒療治を経て、現在は無くしている。アダルトコンテンツを消去した場合はカテゴリ変更可能という猶予期間を設けたようではあるが、それにしても、思い切った手段をおとりになったものである。

  ::

 『ブログで小説!』の影響で、FC2で小説を始めた方がいらしたとしたら、まず、まっさきにそういう方にお詫びをしたい。(でも1ケ月の蓄積なら、まだ、移そうと思えば移せるはず^^)
 それから、小説テンプレに興味をもってくださった、FC2のテンプレート作者さん方。
 もし《マイぷれす》の方に「《マイぷれす》のほうがいいのに」というイラだちをお感じになった方がいらっしゃったら、その方たちにも。

ユーザーの選択肢を増すことは、決して悪いことではないから、自分が時間を費やしたことについては、後悔はすまいと思うけれど。やっぱり、自分が「ベストの場」だと思って時間かけたコトについて、前提が間違ってたと悟ったダメージは、微妙にキてます。さすがに、ユーザーフォーラムに顔だす気力はない…。 orz
[PR]