何年ぶりwかにT-Timeを更新

MAC時代にある方からいただいて、愛用していた、テキスト閲覧専用ソフト「T-Time」。

WINDOWSに移ってからも自分で買っていたのですが、新しいノートになってからあまり使わず、更新がとぎれていました。



最近、また、「長文を途中まで読んで、しおりをはさんでおく」という機能が欲しくてですね。

聞いた話ではフリーソフトもあるようなのですが……。T-Timeの美しさが忘れられず(自分で閲覧用画面が作りこめたりもする^^)、価格を調べてみました。

そうしたら。限定版無料。フル機能解除キー、1050円。

なンか、ねぃ。使いなれたモノがこの程度の金で使い続けられるなら、、って、ついこないだもそんな発想でコトを運んだようなwww


そうまでして読みたかった文章というのが、今月中に閉鎖されるという某小説サイトさんのフルテキスト(つまり全作オトしました*)だなんてことは、絶対にヒミツ。

*個人使用であれば著作権上の問題はないが……。読まれたくない理由があるからサイトをお閉めになるのだろう、というところまで考えると、道義上の問題はあるト思ワレル。
[PR]
Commented by rinasamori at 2006-03-07 15:04
今はMacなので、T-timeを使っています。
ただし、限定版なので読み専用です。
書くのは別のソフトを使っていて、読むのはこちら。
win時代は『窓の中の物語』という読み専用のソフトを使っていたので、書くのと読むのが違っても、あまり自分の中では違和感がありません。
それにおそらく私には多機能ソフトが使いこなせないらしく。(笑)

>閉鎖予定のサイトさん
そのサイトさんを知りませんし、作者さんの意向はわかりません。
だから、私の勝手な推測ですけれど。
本当に読まれたくないならば、今月中と言わず、すぐに下げるはず。
時間的ゆとりを設けて告知したのは
「理由があって作品を下げるけれど、読みたい人は早めに読みにきてください」
ってことだと思うので、心おきなく作品を楽しまれるといいと思います。
Commented by 麻生 at 2006-03-07 18:33 x
麻森さん、いらっしゃいませ。T-Timeユーザー、ほかにもいらしたんですね(嬉) 書くのと読むのはモード切りかえてますので、ソフトが違うのは、私も気になりません。。というか。。。たまに遊びでT-Timeに自作をつっこむと、照れます←へん

>「理由があって作品を下げるけれど、読みたい人は早めに読みにきてください」
>ってことだと思う
そうなんですよ! 時間の余裕をいただいたのだから、サイトにあるうちに読みたかったのです、で、最後の最後でもいいから、感想ひとこと書きたかったのです。でも、どうも間に合いそうにない(T-T)