トラックバックについて

※「リンクがないトラックバックを受け付けない」設定になっております。→2006/9/14より制限をはずしました。2006/11/16日本語アダルトスパムが入るようになったため、再制限しています。
(言及文化圏というより、スパムTB引力圏とでも(涙))

当ブログの記事に無関係なトラックバックは削除させていただく方針ですので、ご承知おきのほど、お願いします。[2006/12/5追記]うちは「貰ったものはうちのもの」という主義ですので、記事へのトラバのみでなく、コメントへのトラバも歓迎いたします。[/追記ここまで]

うちの記事/コメントを明らかに引用しているような記事でしたら、トラックバックとコメントをダブルで入れていただく必要はありませんが、コメントをいただくことは歓迎いたします。(一部のブログにはスパイウェアを置くとができる=TBをいただいた先に飛んでスパイウェアを仕込まれる可能性がゼロではないという情報に伴い、「コメントはなくてよい」から「あったほうがよい」に方針に変更)

また、当方から発信しましたTBにつきましては、受信先さまに処分をお任せいたします。
ブログは、ブログ主様の小さな王国。当方からみて不当とは思えないTBであっても、受信先さまのポリシーに合わなかったり、ご迷惑であったりした場合は、削除いただいても、(感情として悲しいことはあるにせよ)不服を申し上げることはいたしません。


[PR]
by as-o2 | 2005-10-22 20:08 | 日記のようなもの。 | Comments(0)