トラックバック……

…イコンについて、書けなかったこと』だけ、トラックバックの打ち方が“いつも”と違うことを、内心気にしているのは、もちろん、ワタシだけなのですが。
 (トラックバックをどこに打っているかは、読んでくださってる方はわからないはず)


 “いつも”ですと。文中にリンクを張った他ブログ記事には、トラックバックを打ちます。『イコン~』の場合、『エキブロ新聞』さん、『うつくしいものさがします』さん、『世界キリスト教情報』さん、と、3本打つことになります。
 それは、「こちらの記事のおかげで、こういう文章を書くことができました。ありがとうございました」という“感謝の気持ち”をこめて打つわけで、とりもなおさず、自分がそういうトラックバックをいただいたら嬉しい、という気持ちの裏返しでもあります。
 つまり、私にとって、自分の文章が読んでいただけることは嬉しいし、それが他の方の文章の「種」になったら嬉しい。そういう相互作用こそ、WEBで文章を書く醍醐味だと思っている、ということです。
 個人的には、「トラックバックを打つ」こと自体に感謝の気持ちをこめているつもりだったので、同時にコメントを書きにいくということはあまりしません。なんか……、“しつこい感じ”がするんですね。

 ところが。

 今回の『エキブロ新聞』記事は、宗教に関するものです。

 日本では、戦後のある時点から、特定宗教の話題がナナメに見られる傾向があったと思います。神道で結婚して神社に初詣に行き、仏教のお坊さんに葬式の読経を依頼し、クリスマスにはクリスマスケーキを食べる。でも、ある宗教にきちんと入信する人に対しては、少なくとも、特定の政治党派にお金を払って援助会員になる人に対するのと同程度の、ある種の冷笑を向ける。それが「ごく一般的」なセンスであったように感じます。それがオウム真理教による地下鉄サリン事件や0911アメリカ同時多発テロを経て、現在は、冷笑が、もっとはっきりした反発になっている方も多い気がするのです。

 そんな気持ちがあるだけに。『エキブロ新聞』で、『キリスト教…』を紹介するに当たっては、ある程度、気を使いました。行数が増えすぎないように、とか。私はもともと長文傾向があるだけに…(苦笑) 行数が多いと、不思議に、「注力」しているように見えてしまうので。

 でも、紹介しない、っていう選択は、取らなかったんですね……。正直、持ちネタが少ないので(笑)
(面白いexblogご存知の方は教えてくださーーい!……できれば今月中にw)


 そんなこんなで、『エキブロ新聞』記事の行数を切り詰めた分、溢れに溢れた分が、『イコン~』になっちゃったわけです。
 上記のように、“いつも”どおりのトラバをすると、すぐ、『イコン~』にジャンプできてしまう。
 そしたら。『イコンの部屋』とかの紹介を、『エキブロ新聞』記事中で避けた意味がなくなっちゃうじゃないですか?


 だから。『イコン~』は、『うつくしいものさがします』さんではなく、同じ書き手さんの別ブログ『やきものをつくる』へトラックバックをさせていただいています。“感謝の気持ち”は伝えたい。でも、記事と宗教的な内容とは、かなり回り道をしないと繋がらない。……これでも、少ない脳みそでいっしょけんめ考えた苦肉の策なんです。(まあ、記事のところにある「記者名」をクリックされたらすぐ繋がっちゃうんですけどねww)

 それでもって、おそろしいことに。
 ここまでが前ふりで、こっから『トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか』の話に入る



 :
 :
 :
はずだったんですけども。さすがにくたびれたので、日を改めますww

 この長文癖。いい加減、すこし、なんとかしような>自分
[PR]
by as-o2 | 2006-01-12 18:37 | 日記のようなもの。 | Comments(7)
Commented by HarryBlog at 2006-01-12 21:02
期待してます。
Commented by 麻生(阿檀) at 2006-01-13 00:15 x
はりぃさん、いらっしゃいまし。
……でも、いつになるかわかりません^^>続き
Commented at 2006-01-13 01:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2006-01-13 01:27 x
全然関係ありませんが、4つの文化圏の記事を読む前に思い立ったことが……「イスラム文化圏」「ヒンズー文化圏」「キリスト教文化圏」「仏教文化圏」だと思い込んだ私って……。
けっこうそそっかしいかも知れません。(^ー^;
Commented by as-o2 at 2006-01-13 02:14
鍵さま。ありがとうございました^^

姫サマ、いらっしゃいませ。そそっかしいというよりも^^; 4つの文化圏って、たぶん、そのあたりに「かけ言葉」になっている気がします。「オリエント、ギリシア・ローマ、イスラーム、キリスト教世界」かな?とも思ったんですが^^
Commented by hanakari at 2006-01-18 18:47
こんにちは、トラックバックを頂いているのを今見付けました。
エキブロ新聞でご紹介頂いてこちらからお礼を書かねばならなかったはずなのに、なんだかいろいろとお心遣い頂きましてどうもありがとうございました。
そのうえ過分なお褒めの言葉まで!
教えて下さったリンクを見ながらイコンのことを少しづつ学んでいます。
ただ好きだというばかりで何も知らないままだったのでなんとも面白く興味深いことばかりです。
お書きになっているいろんな問題は民主主義と特定宗教との摩擦故でしょうか。でも信仰心の個人の内側においての意味を考えれば、簡単に宗教的なるものを排除するのはなんかもったいないなぁって気がしてしまいます。
ところで話は変わりますが、実はエキブロ新聞の記事よりも先にオイルサーディン丼を真似させて頂きました。ここに初めて来させて頂いた明くる日にさっそくです。(笑)
ネギが無かったのでエシャロットで代用。美味しかったですよ。
ごちそうさまです!
ああ、自分も長文傾向があるので今日はこの辺で。。。

Commented by as-o2 at 2006-01-19 10:44
hanakariさま
ご来訪ありがとうございます。

このブログ、(私とちがって)美しいものをきちんと評価できる友人が数人、読んでくれているので。
こちらでもhanakari様の2ブログ、紹介をさせていただきました。

宗教の問題はかなり難しいです。現在の日本は無宗教、と、漠然と思っていた頃もあったのですが、
学生時代の宗教学の授業で、
「じゃ、どうして初詣にいくんだろう」
「どうして葬式に坊さんを呼ぶんだろう」
と言われて、「これは無宗教ではないな」と思うようになりました。
“民主主義”というより、“ヤオロズの神々平等主義”……いえ、冗談ですが。

オイルサーディン丼、なさったのですか^^
ネットやっていて、自分が見つけた「なにか」が、ほかの方に繋がっていくのは、ほんとうに嬉しいです。