140cc水耕栽培:LED東芝「キレイ色」でハーブは育つか→育った。

 いろいろテストをするので、植物の本数を増やした結果。
 これまで使っていた植物育生ライトGENTOS「IK-S72GWH」では、光が行き渡らなくなってきました。で、「こいつが補助ライトにならないかな?」と思ったのが、撮影用に買ったLED、東芝「キレイ色」(全光束550lm、高演色タイプRa90、昼白色)。



「キレイ色」に関しては、「効果あり」という情報と、(計算の結果)「弱いんじゃないか」という意見がありまして。
 うちはミントでやってみた。
a0024690_22551199.png

 10/10ほぼ同じサイズの水挿し1週間のものの、水を液肥*に入れ替えて、左を「キレイ色」右を「IK-S72GWH」下に置きました。10/18、10/24とも、どちらもすくすく育っています。結論としては、ミント2週間程度なら、「キレイ色」でも問題なく生育。ただ、わがやのレイアウトの都合で、かなり近距離にしか置けず、最後は電球に芽先がつきそうになったので仕方なくテスト中止、という条件なのと。ミントは基本、おそろしいほど丈夫なので。ライトの距離が違ったり、植物種が違ったりすると、違う結果になるかもしれません。
*エコゲリラ製、水耕栽培用液体肥料 1000倍希釈液(A液1.5cc、B液1.5cc、水道水1.5L)
[PR]
by as-o2 | 2015-10-24 22:58 | Comments(0)