ローズマリー 水挿し → 水耕栽培(1)

 数週間前に、スーパーで、生ハーブのローズマリーを見かけまして。
 ローズマリーも(水耕栽培に)いいなぁ、と思って、水挿ししてみたんですが、……全滅w





 おのれ。このままで置くものか。

 ……ぐぐりまくりました。

・土栽培の場合、乾燥ぎみを好む。水挿しでの発根は、難しい。(参:kateisaien01)
・暗くすると成功率が上がる。(参:bloom-s.co.jp)
・節からしか根が出ない。(参:bukitbintang)
・水耕栽培システム「ため太郎PRO」では、水耕栽培の実績あり。
 >エアーレーションによる気泡を根に直接放射し、強制的に養液と酸素を供給
・水耕栽培システム「アイティプランター」では、水耕栽培の実績あり。
 >薄膜水耕と呼ばれる方式に近い栽培方法
・水耕栽培システム「水畑」でも、水耕栽培の実績あり。(2015/11/03追加)
 水耕栽培に成功している例がある以上、「水に弱い」わけではなさそう。水挿しでの発根が難しいのは、空気不足に弱いのではないか?

a0024690_17365791.png

 失敗した前回は、発根してからエアレーションをつけようと思って、普通の容器にアルミホイルの遮光をしていたのですが。
 今回は、最初からエアレーションありのものと、エアレーションなしでスポンジに挿したものの2パターン。(両方遮光)
 前回は、スーパーマーケットの生ハーブ売り場出身w、親木からカットされて時間たってますし、冷蔵も経ていました。
 今回は、苗を買いました。ダンシングウォーターという匍匐性の品種。エアレーションの瓶から垂れて、瓶の足元あたりを彩ってくれたら、と思うんですが。何年かかるんだろうw (「草じゃなくて木」だそうなので、無事発根したとしても、伸びるのは遅いようです……)

 この記事のタイトルが(1)なのは、発根したら(2)を書くつもりだから。……書けますように。
 あと……、また種買ったんですけど……、(←これ以上増やさないって、いつか書いたよね?>自分)
 それについては、また、今度。

[PR]
by as-o2 | 2015-10-11 17:44 | 水耕栽培 | Comments(0)