我が家の水耕栽培

(中間報告的まとめ)



目標:食卓に置ける水耕栽培

a0024690_15573924.png

■インテリア性
・緑の色を楽しみたい。
  ・Ra95のLEDライトを採用  (GENTOS植物育生ライトIK-S72GWH)
・エアレーションの泡と、植物の根を鑑賞したい。
  ・容器を「ガラス」に。
  ※明るくても根が伸びる必要あり。
  →植物種が限られるかもしれない?
・ただし、全体デザインは……(後述)

■清潔感
・週に1度、料理の皿を洗う程度の手間で、清潔感を維持。
  ・食卓の上に、土は置きたくない。
  ・スポンジも、藻やカビが生えそうで、避けたい。
  ・当初、白い石砂利やガラスカレットを試用。
  →緑泥状の藻がひどくて、撤去。
・優先順位は、清潔感>収量最大化。
  ・毎週全液交換=根を傷める。
  →多少収量が落ちるのは、妥協する。
・全体をワイヤーバスケットに収めて、運びやすく。

■栽培種:
・「繰り返し」「ちょっとずつ」使いたい。
  ※数か月に1度、葉物野菜が何株もできる、というセレクトはしていない。
a0024690_16284976.png


■ここはプロの手が借りたかった!という点
・見栄えのいい蓋が自作できず、妥協点になった。
(ここにセンスと加工スキルがあれば、きっともっといいものができたのでは?)
・蓋が必要な理由。
  ・植物を支える支柱を兼ねる。
  ・エアレーションの水はねで葉が濡れ、弱る。
  ・藻が大幅に抑制される。
  (LEDを使う場合、光が真上からしか来ないせいか?)

■後から考えたこと
・エアレーションの泡を鑑賞したいとか、泡のぶくぶく音で気が休まるというのは、私の特殊嗜好なので、本来、エアレーションはいらないのでは?

■おまけ:以前の問題:シソの葉ちぢれ
・報告怠っておりましたが、葉ちぢれの原因はアザミウマだったかもしれないです。
・実は見かけていたんですが、ちっちゃくて、仔細に観察できず、ハアリかと思ってましたw。
・見かけたときは、夜間、白熱灯をつける、という陰険手段をとっているうちにいなくなりました。
(LEDは光源カバーに触れても熱くないのですが、白熱灯は……略)
・虫嫌いな方、検索禁止。
・上の写真右上は、元気になったシソ。左がエアレーションあり、右がなし。ただし、光の量が違うので、エアの効果で発育が違うのかどうかは、不明。

■おまけ2:シソを洗わないw
・どうせ自室だし、部屋にある皿で食事してるんだから、清潔度は大して変わらないよね……という理由で、シソは洗わず。ハサミで切って、食べています。
→参考:葉(特に裏)は触らないハサミで切る
[PR]
by as-o2 | 2015-09-23 16:16 | 水耕栽培 | Comments(0)