メモ:食事と体温

 実家では、「風邪の時には熱々のものを」と言われて、おじややおかゆを与えられて育ってきた。
 だが、どうも微熱のときに、「熱々のもの」を食べると、後がツラい気がして。今日は、食前食後に体温を測ってみた。



 食前、37.6度。食後、38度。(舌下) ホテリ・汗・ふらつき感など、だいぶ違う。

 食前食後で体温が変わるのは普通だが、風邪のときは、体温を元に戻すチカラ(ホメオスタシス)が弱るのか、それとも、普段もこれくらい変わるのか。今度、元気なときに計ってみる、ための、備忘メモ。
[PR]
by as-o2 | 2013-09-29 17:17 | 日記のようなもの。 | Comments(3)
Commented by きむろみ at 2013-09-29 21:14 x
食前、高いですよ^^; 
冷や冷やのものがいいのか熱々が効くのか、試すぐらいは元気ってことで。体力落ちてるときに、あまり自力をお試しになりませんように。(あどばいす)お大事に。
Commented by jemini-web at 2013-09-30 00:38
おやおや、お大事に。

明治だか大正だかの時代、大阪ではうどん屋さんで風邪薬を売っていたそうでして。
温かくて消化の良いうどんと薬を一緒に飲む事で、胃に負担をかけずに薬が良く効かせられるって事を、経験的に知っていたのかもしれません。
でもまあ、風邪をひいているってのは、体力が落ちているってことなので、あまり熱々でも胃には負担がありそうな。
適度な温さ、で良いんじゃないでしょうかね?
Commented by as-o2 at 2013-09-30 01:07
きむろみさん、いらっしゃいませ。
冷や冷やはコワイので試していません^^; なんかこう、ずーんと胃が重くなりそうで。

jeminiさん、いらっしゃいませ。
>適度な温さ、で良いんじゃないでしょうかね?
うむ、、、おコメ炊いた鍋に、鳥の煮汁を突っ込んでふつふつしたんを、鍋かかえて食ったりしてはいけませんな。。。(でもちっちゃなカワイイ鍋です)