ウソをつくためには、事実を知っている必要があるよね?

http://aso2.exblog.jp/12442341/で、斉藤和義「ずっとウソだった」
について、書こうかと思って書かなかったことがある。

 書かなかったのは、ほぼ日P「東電の歌」の“ネタばれ”だから、というのもあるんだけども。



 斉藤和義は、「ずっとウソだったんだぜ」「俺たちを騙して、言い訳は想定外」と歌う。だが、「ウソ」「騙す」という言葉には、「事実を知っていて、故意に違うことを言う」というニュアンスがある。
 私には、東京電力の技術スタッフや経営陣がこの現状が起こること=事実を知っていたとは、どうしても思えない。彼らは彼らなりのコストと想定リスクのバランスのなかで、必要だと信じることをしていたのではなかろうか。ただ、彼らの想定は間違っていた。間違っていたことは、今となっては、確かだ。
 ただ、「ウソ」と「間違いを信じていた」ことは、違う。差は故意の有無。いわば、殺人と過失致死の違い。過失致死もまた、「無罪」とは別のものだ。東電の間違いが許されないことなのか、それとも神ならざる人間としていたしかたのないことだったのか、そこは、私は、判断がつかない。
 もしも斉藤和義に、「彼らは0311の津波がくることを知っていたと思いますか?」と尋ねたら、「それは知らなかったでしょうね」という答えが戻るだろう。「では彼らが“故意に”ウソをついていた、という、貴方の歌詞もまた、“ウソ”なのでは?」そう問いかけたら、どういう答えが戻るのだろう?

 前回の記事に「ずっとウソだった」と並べて出した、ほぼ日Pの「東電の歌」。この歌詞がそのまま、ほぼ日Pの主張かというと、そうじゃないと思う。この方の歌をある期間追ってきて思うが、そこまで単純な人とは思えないw。「東電なんて、きっとこんなことを思っているんじゃね?」という歌詞じゃないかな? そういう意味では、たしかに「東電を全力でdisって」るのだろ、と思う。でも、その半面で、この歌に「ずっとウソだった」へのイラだちも、また、篭められているんじゃないかと感じる。

『人生の諸々のリスク』(ほぼ日P)



追記:この記事を書いたあとで、こんな動画を見つけた。
「忌野清志郎 斉藤和義 空がまた暗くなる」
この動画を見て、ほぼ日P「東電の歌」中、なぜ忌野清志郎の「サマータイムブルース」(1988年にリリースされた反原発ソング)が持ち出されているのか、やっと判った^^; 共演してたってだけじゃなく、歌い方の似せ方とか見ても、斉藤和義は、忌野清志郎がほんとに好きなのだろうなぁと感じてしまう。
[PR]
by as-o2 | 2011-04-23 17:46 | 日記のようなもの。 | Comments(7)
Commented by きる at 2011-05-05 05:54 x
トラバ、させていただきたく記事を書いたはいいのですが
うまくゆかず(涙)
こちらに事後報告かねたコメントしております。(拙ブログURL貼ってます。)
いえ…今回はコメントしたら長くなるってわかりきっていたもんで(苦笑)
Commented by as-o2 at 2011-05-05 18:47
きるさん、ども、そちらうかがいます。
Commented by 著作権侵害! at 2011-05-09 01:20 x
ウソを「つく」ためには、事実を知っている必要があるかもしれないが、ウソを「つかれた」(事実に反することを信じさせられてきた)側にしてみれば、それが事実でなければ「ウソ」であることに変わりはないわけで、相手が事実を知っていたかどうかなんて関係ないと思います。

斉藤和義の歌は、ウソを「つかれた」側の立場だと思うので、「全部ウソだった」「俺たちを騙して」と歌うことに、私は何の違和感も感じません。

それに、重要なのは、ウソをつく意図があったかどうかより「程度問題」だと思いますよ。
人の生死にかかわるような重大な問題が「知らなかった」「想定外」で済まされるはずないでしょ?


あと、「東電の歌」は、歌詞を「文字通りの意味」で受け取っちゃ駄目でしょ。(笑)
歌をきちんと聴けばその意図はわかりますし、本人も動画の説明で書いてますよね。

まぁ、「悪者」を作らないと、「お金がもらえない」のが、日本の法律の仕組みですからねぇ。。
Commented by as-o2 at 2011-05-09 20:03
うーん、
ウソを「つく」⇒ウソを「つかれる」
↓(相手が信じた場合)
騙す⇒騙される

という関係があって、

間違える(ウソに「なる」なら許容範囲)
は別物だと思っていたので、斉藤和義の言葉の選び方にかなり嫌悪感があったんですが。
違和感ない方もあるんですね。

>「程度問題」
>「知らなかった」「想定外」で済まされるはずないでしょ?
はい。
そのあたりは私も「過失致死もまた、「無罪」とは別のものだ」と表現したつもりだったんですが、伝わってなかったでしょうか。
Commented by 著作権侵害! at 2011-05-17 23:13 x
> 過失致死もまた、「無罪」とは別のものだ

被害者(遺族)から見れば、相手に殺人の意思があろうが無かろうが、愛する人を「殺された」ことに変わりはないはず。
「無罪とは別」どころか「殺人と同義」であると思いますよ。

騙された側にしてみれば、「結果的にウソ」だったら、相手が何を言っても「言い訳」にしか聞こえない。
「知らなかった」「想定外だった」という言葉自体も含めて、「全部ウソだった」と思われても仕方ないでしょ。

「違和感ない」どころか、「全部ウソだった」というのは、至極当然な表現のように思います。
Commented by きむろみ at 2011-05-19 02:18 x
著作権侵害!さんの5/17コメントは、5/9コメントと同意見を繰り返しているように見えるのですが。
わたしから見ると、阿檀さん、著作権侵害!さんのお二方とも「過失致死」だの「殺人」だの、物騒な言葉をお遣いなってらっしゃるところに違和感を感じます。

個人的に、斉藤和義氏のこの歌には原発への怒り以外、批判の歌としてのメッセージ性を感じません。怒りがメッセージだと言う見解もあるでしょうが。
救いの無い言葉を連ねた歌を、至極当然な表現と受け取るのも自由。わたしのように横道に外れ、オリジナル曲への愛情が無いと嘆くのも自由。

ただ、批判歌の態を取るなら「ウソだ」「クソだ」と名指した先に傷ついた人がいるのを忘れないで欲しいです。歌詞すべてを読み通す限り、「至極当然な表現」という感想はわたしにはありません。
Commented by as-o2 at 2011-05-19 02:52
ワタシは故意ということを非常に重く見るし、著作権侵害!さんは結果を重く見る。価値観の差ですからしょうがないですよね。

きむろみさん
実はオリジナルを知らなかったんですね。聞いたことがないわけではないけど、タイトルも歌手の名も結びついてなかった。だからあまり「オリジナル曲への愛情」については皮膚感覚がないんですが。原曲が好きだった、という方にとっては、あまりいいもんでもなかったろうとは思います。