しないことも勇気だろうし。

 とりあえず今日は、自宅待機になった。

 ネット上、あちこちで引用されていた「提案:関東在住の人の12日、13日の過ごし方」に続編が出ている。「提案:関東在住者向け月曜日からの過ごし方」

 デマメールが来て、思った。「しない」と決めたことは、しない。それもけっこう重要なんじゃないか。

 デマを伝達しない。
 (必要以上に)買わない。食料を食えないほど買わない。あるものを買い足さない。



 ◆

 輪番停電の対応もあって、台所の整理を、した。恥ずかしながら賞味期限切れのレトルトが出てきた。切れてないものも、いくつかある。
 とりあえず、賞味期限切れのものからレトルト食品を消費しよう。食物繊維のサプリメントと、ビタミン剤を足しながら。新しいレトルトは買い足さない。生鮮食品も買うのをためらっている。冷蔵庫が止まるかもしれないから。

 スパゲティソースがいくつかあるのに、スパゲティを切らしていた。牛乳も、もうない。近所のコンビニに買いにいった。節電のために蛍光灯を消した暗い店内で、すべての商品に値札を貼る作業に追われていた。スパゲティのほかに、ケーキを買ってきた。冷蔵庫が止まった後には売れなくなると思ったから。牛乳はなかった。代わりに豆乳を買った。レトルトには、ろくに肉が入っていない(苦笑)、手軽な蛋白質のストックだ。
「必要以上に、買わない」
 口の中で言葉を転がしながら、最低限と思う買い物をした。
 昼はスパゲティ。
 夕飯の米は小鍋で最小限炊こう。いつもは電気釜で3合炊いて冷凍するけど、冷凍庫も冷蔵庫も止まる。冷凍庫のストックは昨日までに食べきった。

 私の住むマンションでは、電気が止まると水も止まる。風呂には水を張った。トイレを流すのに、要る。
 
 ◆

 大きな余震がくる可能性も、考えたほうがいいだろう。関東沖のプレートはまだ歪エネルギーを放出していないから。だが、パニックに陥るのもまずいぞ、と自分に言い聞かせる。
 飲み終わったジュースのペットボトルを、よく洗って水道水を詰めた。水のペットボトルは、買わないでおく。
 鍋物用のガスコンロは、持っている。ガスボンベの予備は1つしかないけど、これも買わない。レトルト食品なんて、いざとなったら温めなくても食べられる。

 乾電池の予備の数とありかは確認した。手持ちのミニテレビは、電池でも動く。ラジオとアルミ貼りのシートは、緊急用のリュックに入れっぱなしだ。

 備えが不足しているのは、灯りだ。数時間利用可の充電式のしかない。でもいまは買わない。なくても、なんとかなる。店の在庫が限られるなら、子供のいる家庭が入手してほしいと思う。

 ◆

 二転三転する輪番停電情報に関して、電力会社が「手際がいい」とは言わない。だが、戦争直後以来の輪番停電。経験者は電力会社にも残っていないだろう。電力会社の担当者たちだって、「生まれて初めて」の事態に取り組んでいる。そのことを考える余裕を、自分の脳みそに残しておきたいと思う。
[PR]
by as-o2 | 2011-03-14 13:13 | 日記のようなもの。 | Comments(0)