“東日本大震災”(3/11、14:46)東京にて

 “東日本大震災”(3/11、14:46)のときは、東京の職場にいました。建物の3階です。長い地震で、だんだんに強くなるような感じ。硬いファイルを入れたキャビネットがガタガタと音を立てだしたので、中身が飛び出して当たると痛そうだ、と、机の下にもぐりました。
 余震が続くなか、電車が止まっているという情報が入り、
「歩いて帰れる者のみ帰宅するように」
と、勤務先の通達が出て、歩きとおせる自信がない私は、泊まることにしました。

 コートを着て、机につっぷして眠ったのが、せいぜい2時間。同じ部屋に数人が泊まっていました。余震が来ると、複数が体を起こして、音を忍ばせながらマウスを繰り、ネットの地震情報を確認するのが、異様といえば異様でした。


 午前7時すぎに電車が動き出すというので、帰宅開始。



 何も崩れなかった勤務先に比べ、自宅は、
・CDプレイヤーが落ちている。棚の上の置時計が落ちている。
・CD立ての下の段のCDは無事。上の段のCDは落ちている
・本棚の中の本は無事だが、上に並べた本は落ちている。
・食器棚の扉は開いていないが、中で積んだ食器が崩れている。
という状況。片付けにちょっと手間はかかりましたが、壊れてしまって処分したのは結局、割れたガラスのコップ二つだけ。
a0024690_902722.jpg

 ただし、同じ市内では電線が切れて地面に垂れ下がっている、食器棚のガラス扉が割れた、という話もあり、地盤などのちょっとした違いで、被害に相当差があったようです。


 いくつもの地震が続き、直接の被害、津波の被害はともに甚大だったようで、胸が痛みます。


※マグネチュードが9.0に修正されたようですね……。
※正式名は「東北地方太平洋沖地震」になったとのこと。

3/30 震度修正
[PR]
by as-o2 | 2011-03-13 09:00 | 日記のようなもの。 | Comments(0)