この冬のお気に入り「牡蠣とマッシュルーム 焦がし醤油風味」

 もともと牡蠣は好きでして。毎冬、何度かは買って、シチューにしたり鍋にしたり炒めたり。自分ではフライは揚げないのですが、牡蠣フライを外食で食べたり買うことはあります。……という具合にいろいろにして食べるのですが。今年、あんまり美味しくて2度も作ってしまったのが、「薬膳のチカラ」さんの「牡蠣とマッシュルームの陶板焼き 焦がし醤油風味」




a0024690_23282839.jpg

 もっとも、我が家には陶板がないのでフライパンで炒めました^^、手抜きついでにマッシュルームは電子レンジであらかた熱を通してから炒めてしまいましたが、それでも十分美味しいです。「原作」ページには、
予想に反して、牡蠣よりもマッシュルームのほうが断然旨いです。
とあるのですが、さすがにそれはどうかなぁ。たしかに、マッシュルームは素敵な味で、牡蠣の旨味を吸い込んで、「どこの海からいらっしゃったどなたでしょう」と言ってしまいそうな、海の味の珍味になっています。けれど、牡蠣とマッシュルームから滲み出たスープをパン粉に染ませ、おまけにこんがり炒められたチップ状のニンニクまでのっけて「パクリ」と食べた牡蠣は、さすがに本家。マッシュルームには負けないと思われます。
 要するにどちらも美味い!

 原作は陶板で、となっていますが、これは陶器の宣伝だけというわけでもなく、フライパンに大変美味しい「おこげ」がつきます。私は行儀にうるさい人のいない一人暮らしですので、フライパンにお湯を少量入れて「おこげ」を煮とかし、ご飯を一口分放り込んで、「焦がし醤油風味・一口リゾット」などとふざけておりましたが、これが陶板なら食卓の上でマッシュルームにおこげをすりつけて食べたりというのも格別な楽しみなんじゃないかと思いました。


※《eXcite》に「500KBを越えた画像を自動縮小する」機能がついたそうなので。サイズ1600x1200px、1.81MBのjpgファイルをそのままアップロードしてみました。……他の方も書いてらっしゃるけど、ちょっとサイズが小さすぎる感がありますねぃ。スキンの「部分別横幅」(このスキンでは、「本文 540」)か、ポップアップの制限幅である700pxにしてくれたら、かなり使いでのある機能だったと思うのに。残念です。
[PR]
by as-o2 | 2010-02-25 23:39 | 日記のようなもの。 | Comments(0)